スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【2013年ソウル旅行記09】一瞬で終わってしまった、景福宮の衛兵交代式

訪問日:2013年1月
満足度:ico_grade6_3.gif 3.0

DSC04233.jpg

韓国で観光というと、まず選択肢に上がるのが景福宮(キョンボックン)じゃないかなと思います。
景福宮は1395年に創建された朝鮮王朝の王宮。かなり広いです。

14世紀後半というと、その頃日本は室町時代ですね。
だいたい同じ時期(1397年)に、足利義満が金閣寺を作っています。

日本の神社仏閣とはまた違った色使いの、美しい建物を見学してきました~。


DSC04214.jpgここはソウル中心地からアクセスしやすいのもメリットです。
(明洞地区の乙支路三街からは地下鉄で一回乗り換え、16分)

景福宮の本格的な復元作業が始まったのは1990年~なので、
建物としては新しいと言えるかもしれません。

1月上旬に行ったところ、かなりの雪が残っていて
スキー場にいるみたいな眩しさでした!


屋根部分に注目

DSC042332.jpg  DSC04218.jpg
私が好きなのは、屋根部分の装飾です。
オレンジ色の矢印の部分、下から見上げると素敵なんですよ~。
一本一本に、美しい絵が描かれています。


DSC04219.jpg
こうやって均等に並んでいるのを見ると、鉛筆セットみたいできれい。


写真を撮るなら

一番の写真スポットは、勤政殿をぐるっと取り囲む回廊部分なのではないかと思います。

DSC042353.jpg


DSC04237.jpgえんじ色の柱が、はるか先まで続いています。

柱の色は、日本の鳥居よりも暗め。
緑色とマッチしていて、とても美しかったです。



池に映り込む慶会楼

宮殿はものすごく広く、全部丁寧に回れば午前中いっぱいかかると思います。
敷地内にあるたくさんある建物の中でも「ここは外せないな」と考えていたのが、慶会楼
この建物は大きな池に囲まれています
池の中に立つ、美しい建物です。

現地でもらったパンフレットによると――
王が臣下たちと規模の大きい宴会を慶会楼で開いていたそうです。
池で舟遊びを楽しんで楼に上がり、仁王山と宮廷の景観を鑑賞したとか。

水をたたえた池に慶会楼が映り込み、その姿がゆらゆらと揺れる様子を見るのを
楽しみにしていましたが…。



ばーん。



DSC04239.jpg

池が、カッチカチ~


冬はこんなふうになるんですね。
写真だと雪に覆われた地面にも見えるかもしれませんが、これは凍ってしまった池です。
「慶会楼」で画像検索すると、いつもの姿がたくさん出てくると思います。

思い描いていたのとは違った風景が目の前に広がっていましたが、
これはこれで珍しくていいかも。


一瞬で終わってしまった交代式

景福宮に来た大きな理由の一つに、「守門将交代式」を見たいというのがありました。
これは無料のイベントで、10時~15時の毎時ちょうどに行われています。
バッキンガム宮殿の衛兵交代式のようなものです。

ガイドブックでこの交代式のことを知り、興味を持ったため、
ちょうど式が見られる時間帯に宮にいられるように予定を組みました。

DSC04225.jpg 

冬のソウルの寒さは容赦なくて、
顔にあたる風の冷たさに震えながら、時間になるのを待っていました。

先を急ぎたがる夫を、
「いまから面白いものが見られるから待ってて」と伝えて引きとめ、
かじかむ手でカメラを構えていました。

そして、ついに12時になりました。

「いよいよ式が始まるー!」っと思ったのもつかの間…
交代式は一瞬で終わりました。
前のシフトの人たちが一列になって退場。
次のシフトの人たちが位置につく。
これだけでした。

「え…?」

DSC04231.jpg
写真を一応撮ったのですが、一瞬の出来事だったため、
こんな微妙なシーンしかありません(笑)

式が終わった後――
「これが、見たいって言ってたやつ?」と不思議そうな目をした夫に聞かれましたが、
「そうなんだけど…うーん」としか答えられませんでした。
寒い中付き合わせてごめんね。


本来の交代式は10~15分ほど続く華やかなもののようです。
1月5日(土)の12時に、交代式がなかったのはなぜなのかな。

正月休み中で、衛兵の数が少なかったから? 
広場が雪で覆われていて、交代式に適さなかったから?

うーん 
次回こそは完全な形で見学したいです。

* * *

景福宮の光化門の前は、こんな景色が広がっています。
DSC04230.jpg
広い車道に、コンクリートのビル群。
さっきまで広い王宮の中にいたのに、一歩外に出ると、こんなに近代的な風景。

光化門の前にいる衛兵さんたちは寒い中顔色一つ変えず、
伝統的な衣装を身にまとって警備を続けていました。


web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント




プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。