スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【仙石原】金色に輝く、一面のススキ〈箱根〉

訪問日:2012年10月
満足度:ico_grade6_3h.gif 4.0

仙石原のススキ

今が見ごろの、箱根仙石原・ススキ草原です。
夕陽を受けて、金色に輝くススキ。
こんなに美しい風景を、夫の隣で見ることができてよかった。

仙石原のススキ

夕陽を浴びて、一本一本が黄金に煌めいています。

DSC03254.jpg


DSC032562.jpg
金のススキと銀のススキ。夫婦みたい。


仙石原のススキ

ススキはこんなふうに野にあって、陽の光を受けてきらめき、
風にそよいでいる姿が一番美しいと感じます。
毎年秋を迎えるたびに、ここで見た風景のことを思い出すでしょう。

仙石原のススキ


仙石原ススキ草原へのアクセス方法  (最新の情報は必ずご自身でご確認ください)

入園料無料
交通
アクセス
箱根湯本駅から箱根登山バス桃源台線(T路線)
約30分 「仙石高原」バス停下車すぐ
箱根ナビ「箱根のススキ」ページに詳しい情報が
載っています。
私たちは箱根湯本駅から桃源台線のバスに乗って行きました。
箱根登山バス 箱根湯本駅時刻表
(上記のページの上から3つめの時刻表が「桃源台」行きです)
箱根湯本から仙石高原までは大人片道840円、箱根フリーパス利用可です。

ススキ野原の見頃の時期は、ちょっと覚悟して出かけられたほうがいいかもしれません。
私たちは土曜日14時台のバスに乗りました。
バスが定刻通り来なかったためバス停にはたくさんの人が待っていて、
箱根湯本駅(始発)から乗っても1/3の人は席がありませんでした。

さらに途中のバス停に到着するたびにたくさんの人が乗ってきて、
「少しでも多くの方を乗せたいので中までおくりあわせください」というアナウンスが何度も流れました。
通常だと30分で仙石高原バス停に着くのですが、この日は45分かかりました。

そんなぎゅうぎゅうのバスでしたが、
「まもなく右手にススキが見えてまいります」という車掌さんのアナウンスとともにススキ草原が見えてくると、
わあっという歓声が。みんなで感動をわかちあえます。そして仙石高原で8割の人が降りました(笑)

上に掲載したススキの写真は、10月28日(土)の、15時30分~16時ごろの様子です。
夕陽を受けて輝くススキがほんとうに美しかったです。
いい天気でしたがけっこう寒かったので(仙石原は12度)、あたたかい服装がおすすめです。
ススキの時期は仮設トイレもあります。バス停付近に案内が出ていました。

16時ごろの帰りのバスに乗ったところ、車内にそれほど混雑はありませんでした。
ただ、道が混んでいて駅に戻るまでに45分かかりました。
箱根湯本の駅では、こういう道路事情のためロマンスカーに乗り遅れたと思われる方たちが、
手続きの長い列
を作っていました。1時間以上余裕をもって、帰りのバスに乗ったほうがいいかもしれません。

私たちも、駅に戻ってきたのはロマンスカー発車12分前。
バスに乗っている間、ひやひやしました…。急いで駅弁を買って、電車に乗りました~。

hakoneekiben.jpg


web拍手 by FC2



プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。