スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【ラリック美術館】レストランLYSのテラス席で、ごちそうモーニング

訪問日:2015年11月
満足度:ico_grade6_4.gif 4.0

DSC06470.jpg

秋晴れの朝、オープンテラスでこんなモーニングを食べてきました!

目の前には、丁寧に手入れされた芝生のお庭、色づき始めた木々、青い空と白い雲。景色も目のごちそうだとはよく言ったものです。

おいしいモーニングを食べて、煌びやかな美術品を見て、優雅な一人時間を過ごしました。


ラリック美術館のレストラン、LYS(リス)でモーニング

DSC06458.jpg

最近の美術館はカフェやレストランを併設しているところが多いですよね。箱根ラリック美術館にも、レストランLYS(リス)があります。美術館のチケットがなくても、レストランの利用は可能です。


レストランの入口。

DSC06459_20151112111707f55.jpg

店内の席とテラス席、どちらにするか希望を聞いてくれました。空いているテラス席に。



下の写真は、レストランを外の庭園側から撮ったところ。
赤いテントがあるあたりがテラス席です。素敵でしょ?

DSC06477.jpg




モーニングメニューはこんな感じ。卵料理と飲み物が選べます。

DSC064592.jpg
(クリックで拡大)



全部揃うとこんなふうに、豪華朝食になります!

DSC06472.jpg



◆サラダ、ヨーグルト(バラジャム添え)、オレンジジュース

DSC06461.jpg

朝日を浴びて輝くサラダ。

ヨーグルトについてくるのがバラのジャムって、素敵すぎてなんだか照れます。ヨーグルトにかけると、あとからバラの香りがふわっと漂って幸せな気分になります。

飲み物は、オレンジ、アップル、トマト、本日のジュースから選べます。この日の本日のジュースはブラッドオレンジでした。私が頼んだオレンジジュース、絞りたてでとてもおいしかったです。



◆スープ

DSC06462_20151112111708b7a.jpg

このスープは別料金(300円)なんですが、「スープはいかがなさいますか?」と聞かれた際、「…おねがいしますっ!」と言ってしまった私。

・旅で財布の紐がゆるくなっていた
・一人で来たからお店の人に気を使った
・単純に食べてみたかった

たぶん全部あてはまるんだと思います。野菜とベーコンがたくさん入った栄養たっぷりのコンソメスープで、おいしくいただきました。



◆卵料理のプレート

DSC06466.jpg

ライ麦パン/オリーブオイル/ハッシュドポテト/厚切りベーコン/スクランブルエッグ



スクランブルエッグ、ふわとろでした。

DSC06468.jpg

ハッシュドポテトも好きな味でしたし、厚切りベーコンの塩気もいい感じでした。



食後のコーヒーはお代わり自由です。

DSC06473.jpg



こんな景色の中で、ゆっくり珈琲を味わう幸せ。

DSC06475.jpg

とても気持ちのよい朝でした。


ラリック美術館

お腹が満たされた後は、美術館へ。

DSC06479_20151110130341d4d.jpg



ちょうど、企画展『ミュシャとラリック」が開催中でした。

ポスターのミュシャとジュエリーのラリック。
アール・ヌーヴォーを代表する二人の芸術家は、大女優サラ・ベルナールに才能を見出され、一躍スターの座に躍り出ました。
1860年に誕生、1900年のパリ万博での活躍、人生の転換期など共通点が少なくないミュシャとラリックの生涯を、これまでになかった切り口で紐解きます。
(公式サイトより)


入口のこの絵のみ、写真撮影OKでした。

DSC06480.jpg

DSC06481.jpg

DSC06482_20151112111657cb9.jpg

ミュシャの絵、華がありますよねー。

ミュシャのポスターや、彼が手がけた雑誌の表紙、記念切手などが展示されていました。ちょっと変わったところでは、ミュシャがデザインしたお菓子の空き箱もありました。美しすぎて、これはお菓子を食べ終わっても捨てられないわ。

ラリックが手掛けたジュエリーや香水瓶は、一つ一つがうっとりするくらい精緻で綺麗でした。これらを見に付けた昔の女性たちも、さぞかし心が躍ったに違いありません。

ガラスの向こうにあるブローチやネックレスはとても綺麗なのに、ショーケースに反射している自分の姿が何だかみすぼらしくて、どきっとしました。歩きやすさ重視の服装で来たのがちょっと恥ずかしくなりました。久しぶりに、お洒落がしたくなりました。


ラリック美術館へのアクセス方法

(訪問当時の情報です)
入館料1,500円
開館時間9:00~16:00
交通アクセス箱根登山鉄道「箱根湯本駅」より、
箱根登山バス「湖尻・桃源台」行きにて 約30分
「仙石案内所前」下車すぐ
詳細は公式サイト(アクセス)参照
個人的満足度ico_grade6_4.gif 4.0
(+)テラス席で食べる朝食は最高
(+)展示は女性向け

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント




プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。