スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【大雨の箱根旅08】6月の箱根美術館で苔庭散策

訪問日:2014年6月
満足度:ico_grade6_3h.gif 3.5

DSC01250_2015111210552323e.jpg

大雨のため、箱根ケーブルカーも登山電車も箱根バスも始発から運休になった日。強羅(ごうら)エリアの宿から動けない私たちは、徒歩で行ける範囲で観光することにしました。

gora_park.jpg

それぞれのスポットには徒歩1~2分で着けます(ただしアップダウンはきつめ)。


まずは強羅公園へ

最初は強羅公園へ。

宿の方にお伺いしたら、今(6月7日)はちょうどバラが見ごろとのことでした。強羅の標高は600メートルと高いんです。下界ではバラの見頃が過ぎていても、強羅だとまだ見られます。レンズもセットして、わくわくしながら出かけました。でも…

DSC01201.jpg

強羅公園、閉まってました(涙)
こんな日ですからね…。

でも、箱根美術館は開館してました! よかった! 6月上旬に行かれるなら、強羅公園のバラを見て、その後箱根美術館の苔庭を見るというプランもおすすめです。この時期は紫陽花にはまだ早いです(箱根だと6月下旬が見頃)。


箱根美術館

チケット売り場を入ってすぐ、美しい庭園が広がります。この季節の楽しみは苔庭

DSC01256.jpg

写真の向こうに見えているのは、太鼓橋です。八ツ橋の上から撮りました。



緑色の艶やかなじゅうたんです。

DSC01202.jpg

雨でしっとりと水を含んで、ほの暗く輝いています。私は一生懸命シャッターを切っていたのですが、夫は「写真を撮る」ということにあまり興味がないので、どんどん先に行ってしまいます。

私「待って~。あと一枚~」
夫「何枚撮っても一緒じゃないの?(笑)」

う。耳が痛い…。

でも、なんだかんだ言って、最終的には私のペースに合わせてくれるので感謝しています。これは時間がかかるぞと思ったら、「早くしろ」と言うでもなく、私の横でじっと待つでもなく、一人でその辺をぶらぶらしてくれます。写真を撮っているとき、私は楽しそうにしているらしいです。



このあたりは新緑が鮮やかでした。

DSC01241.jpg



葉が日の光に透けています。

DSC01243.jpg

葉の重なり具合によって、緑の色合いが変わってくるのが綺麗です。一枚だけだと黄緑、2枚重なると緑、それ以上重なると深緑。自然が作りだすグラデーションです。



6月なんですけど、赤い葉が苔の上に落ちていました。

DSC01248.jpg


本館(美術館)&茶室

館内にはこの美しい苔庭のほかに、茶室真和亭と、本館(美術館)があります。茶室真和亭から見える紅葉は、2013年秋のロマンスカーの広告になっているぐらい、見事です。

gora_2013_03.png
小田急公式サイトより


私が行った日は悪天候のため茶室が閉まっていたので、同じ構図で苔庭を見ることができませんでした。残念…。茶室利用は入館料とは別で、一服700円です。

美術館では、土器とか甕とか焼きものが展示されていました。私はこれらの展示品よりもお庭のほうに興味があったので、「美術館にはこんなものがあったよー」というくらいのレポしかできずすみませんっ


石楽園

本館(美術館)を出てすぐ右手には、石楽園が広がっています。石楽園というのは、苑内にある巨岩の石組を中心とした庭園で、通常土日祝日のみの公開です。なのでスケジュールが許せば、土日に予定を組むのがいいかも。石楽園は苔庭につながっています。

DSC01229.jpg

ダイナミックで力強い風景が広がります。



何かの若芽。

DSC01227.jpg



雨露が、ネックレスの粒のように葉を彩っています。

DSC01219.jpg

こういう景色が見られるのは雨の日ならではですよね。



こちらはコアジサイ(多分)

DSC01210.jpg

すごく小さい花で、直径はペットボトルのふたより一回り大きいくらい。



DSC01212.jpg

雨のしずくが、立て爪のダイヤモンドみたいです。

* * *

14時になりました。雨の勢いは弱まってきましたが、相変わらず、視界は悪いです(笑)

DSC01232.jpg

空に灰色のペンキを塗ったようです。晴れていれば遠くまで見渡せるはずです。



ただ、苔庭は雨を吸ってとてもいい状態でした。カメラ好きの方におすすめです。

DSC01255_201511121055342d3.jpg

電車の音は聞こえてこないので、まだ運行再開していないようです。一度お宿に戻って、これからどうするか考えることにします


箱根美術館へのアクセス方法

(訪問当時の情報です)
入館料900円
※公式HPのクーポン提示で800円
※箱根フリーパス提示で700円
開館時間9:30~16:30(4~11月)
9:30~16:00(12~3月)
※入館は閉館30分前まで
※茶室真和亭の利用時間も閉館30分前まで
※石楽園の公開は土日祝日のみ
(毎週木曜&年末年始休館)
交通アクセス強羅駅よりケーブルカーで公園上駅下車、徒歩すぐ
施設めぐりバスで箱根美術館前下車
※強羅駅から徒歩で行けないこともないですが、
かなりきつい登り坂なのでおすすめしません。
詳細は公式HP(交通案内)参照
個人的満足度ico_grade6_3h.gif 3.5
(+)初夏は新緑と苔庭、秋は紅葉、冬は雪が美しい
(-)行った日は茶室が開いていなかった…。
(-)美術館の展示作品は(私にとって)うーん、いまいち


web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント




プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。