スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【大雨の箱根旅04】傘をさしながら鑑賞した、彫刻の森美術館

訪問日:2014年6月
満足度:ico_grade6_3h.gif 3.5

DSC00982.jpg

なんで大雨なのおおお…。私のテンションを表現しているかのような作品があったので、TOP画像に持ってきてみました。

箱根にある彫刻の森美術館は、ほとんどの作品が屋外展示です。
野外彫刻作品は、彫刻の森美術館最大の魅力です。エントランスからトンネルを抜けて屋外に出ると、まぶしい光の中から、透明な空と箱根の山々に縁取られた庭園美術館が目に飛び込んできます。(公式HPより)


でも私が行った日は大雨だったので、庭園美術館もこんな感じ。

DSC00968.jpg

大空…。
箱根の山々…。
どこですかー

青い空をバックに、きらきらと輝く作品群を見るのを楽しみにしていたのですが、仕方がありません。

やはり彫刻の森美術館は、晴れた日に行くのが一番いいと思います。晴れていれば、満足度:ico_grade6_4.gif 4.0でした。

ただ、雨の日に回った私の個人的な感想としては「天候が悪くても、行かないより行ったほうが良い」です。

雨の音と匂いを感じながら広い庭園を散歩したのも、雨粒でデコレーションされた作品群を鑑賞したのも、今となってはいい思い出。以下、有名どころ&気に入った作品をご紹介していきたいと思います♪


嘆きの天使

DSC01036.jpg
嘆きの天使(フランソワーザビエ、クロード・ラランヌ)

水を張った泉の中に、「嘆きの天使」が横たわっています。この日は雨だったので、髪の毛である緑も、顔も、しっとりと濡れています。



DSC01042.jpg

下から見ると少し印象が変わります。口角が上がっていて、穏やかな微笑みを浮かべているようです。

私が最初にこの作品のところに行ったときには、係員の方が2人がかりで、泉に落ちた葉っぱをお掃除していました。自然を生かした作品だと、メンテナンスも大変なんですね。ほかのところを回って帰ってきたらメンテが終わっていたので、そのときに写真を撮りました。


ミス・ブラック・パワー

彫刻の森美術館で、よく広告などに使われている作品です。

DSC00976.jpg
ミス・ブラック・パワー(ニキ・ド・サン・ファール)

彼女はすごくたくましくて、鑑賞に雨の影響を感じません(笑) こんな日に傘をさしていなくても、彼女に限ってはあまりかわいそうという気にならない。雨も跳ね飛ばしてずんずん歩いていきそうです。



DSC00983.jpg

横から見ると、胸がすごいですっ

そして意外と、バッグがかわいい(笑) こんな小ぶりなバッグに、お財布とかハンカチとか口紅とかいろんな物をつめて持っているのかなと思うと、いとおしさが湧いてきます~。


密着

DSC00981.jpg
密着(アントニー・ゴームリー)

TOP画像でもご紹介した作品です。実は、最初に私が感じたような、ネガティブな作品ではないんですよね。

近くにあったパネルの解説に、「素材はマグマの成分である鉄。人間も地球の一部なのです」と書いてありました。「大地と密着する」というポジティブな意図があるようです。

ただ、この日は激しい雨が容赦なく裸の背中にもお尻にも降り注いでいたので、解説を読んだ後でもやっぱり切なくなりました。晴れた日だとまた違った印象を受けると思います。


弓を引くヘラクレス

DSC00956.jpg
弓を引くヘラクレス(アントワーヌ・ブールデル)

いまにも弓を射んとしている、躍動感あふれるヘラクレスです。この作品、違う角度から見ると面白いです。

DSC00954.jpg

ね?ヘラクレスが別の作品を狙っているように見えませんか?


2つの彫像の位置関係はこんな感じ。

DSC00959.jpg

左の作品は、「人とペガサス」(カール・ミレス)です。この配置にはおそらく、美術館側の意図が働いているのでしょう。

「弓を引くヘラクレス」はパリのブールデル美術館にもあるようです。そこで鑑賞したとしたら、こういう楽しみ方はできなかったでしょうね。



DSC00955.jpg

「弓を引くヘラクレス」というタイトルですが、作品の中に弓矢や弦はありません。でも、弓をひきしぼるキリキリという音や、両腕の筋肉の震えがこちらまで伝わってくるようです。


交差する空間構造

DSC00962.jpg
交差する空間構造(後藤良二)


遠くから見ると赤と黒のジャングルジムみたいに見えるのですが、近づくと人であることにぎょっとします。


DSC00965.jpg

手と足で隣の人とつながっているのですが、つながるたびに、向きが変わっていきます。


お気に入りたち

これは、夫が気に入ったもの。

DSC01034.jpg
女(朝倉響子)

「この人、しゅっとして美人だね」と言っていました。たしかに!



以下は私が気に入ったものです。まずは小悪魔風の女性。

DSC01013.jpg
踊り子(ペリクレ・ファッツィーニ)

妖精みたい。「夏の夜の夢」に出てきそうだなと思いました。



DSC01031.jpg
マント(佐藤忠良)

「マント」を着た作品なので、野外にあるほうがしっくりくるような気がします。彼女の後ろの背景がとてもきれい。秋だと紅葉をバックに鑑賞できるかも。



そしてこれが、一番のお気に入り。

DSC01028.jpg

これねー、作品名がいいんですよ!

DSC01029.jpg

ね!!


ネットの森

茶色い木組みでできた建物が、ネットの森です。入ってみましょう。

DSC01027.jpg



中は非常にカラフル。

DSC01022.jpg

鮮やかな色のネットがぶら下がっています。いつもは子供たちで混雑しているネットの森ですが、今日は人が入らない形で写真が撮れました。

誰でもこの建物内に入ることができますが、ネットで遊べるのは小学生まで。子供たちは、ネットの中に入ってハンモックのように楽しんだり、ボールにぶら下がったりすることができます。



写真に写っている夫と比べると、この遊具がどれだけ大きいかお分かりいただけると思います。

DSC01021.jpg


幸せを呼ぶ《シンフォニー彫刻》

圧巻だったのがここ。庭園の中にそびえたつ、灰色の塔です。

DSC01009.jpg



中はこのようになっています。

DSC01004.jpg



塔の壁一面に、美しいステンドグラス。

DSC01007.jpg

中央の螺旋階段を登っていくと、屋上の展望台に出ます。ということで、階段を登ってみましょう。



階段の踊り場から下を見たところ。うわ、高さがあって思ったより怖い!

DSC00994.jpg

エレベーターなどはないので、ひたすら足を動かし、階段を登ります。一番上に着くころには、息が上がってました。



展望台の階段を一生懸命登るのって、最上階に待つ絶景というご褒美を得るためですよね。大きなお腹を抱えて、ふうふう言いながら一番上まで登った後、視界に入ってきた景色はこれ。

DSC00997.jpg

私「……」
夫「……」

つくづく、雨が残念です。

「どうして今日は雨なんだろうねえ…」と夫に愚痴を言ってみたら、「梅雨だからね」という返答が返ってきました。思わず吹き出しちゃいました。納得せざるを得ません。

気持ちも元気になったところで、階段を降りましょう。

DSC01000.jpg

屋内なので、傘をささずに写真が撮れます。雨で人がいないため、階段も自分たちのペースで下りられました。



下まで下りて、改めて上を見上げたところ。

DSC00991.jpg



こんな景色を独り占めできるなら、雨の日も悪くないかなと思えました。

DSC00990.jpg


彫刻の森美術館へのアクセス方法


(訪問当時の情報です)
入館料1,600円
※公式HPのクーポン提示で1,500円
※箱根フリーパス提示で1,400円
開館時間9:00~17:00
交通アクセス箱根登山鉄道「彫刻の森」駅下車、徒歩2分
※バスでも行けます。
詳細は公式HP(交通のご案内)参照

※私は箱根ホテル小涌園からバスで行きました。
行き方は小涌園の記事の「アクセス方法」で詳しく書きましたので参考までに。
個人的満足度ico_grade6_3h.gif 3.5
(+)庭園を回りながら鑑賞するのはとても楽しい
(+)美術館には珍しく、写真撮影自由(屋外展示のみ)
(-)雨だと傘をさしながらになって大変

DSC00950.jpg

写真中央のエスカレーターで下に降りていきます。向かって左にチケット売り場とコインロッカーがあります。

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント




プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。