スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【大雨の箱根旅03】箱根ホテル小涌園の日帰りプラン(ランチ+温泉)を利用した感想

訪問日:2014年6月
満足度:ico_grade6_4.gif 4.0

DSC00915.jpg

箱根には日帰り温泉が楽しめる施設がいろいろありますが、今回は箱根ホテル小涌園(こわきえん)さんの日帰りプランを利用しました。

ランチと温泉がついて3,600円。ランチも充実していて、バイキングかフレンチのランチコース、どちらかを選べます(料金は一緒)。どちらにするか悩みましたが、私たちはフレンチの方にしました。

実際に利用した感想としては……「露天風呂は小さめだったけど、ランチコースは絶品!」
ランチと組み合わせて日帰りプランとして利用するのがおすすめです~。


日帰りプランの利用方法

DSC00907.jpg
ホテル小涌園入り口

日帰りプランの手続きはフロントで。受付時に、バイキングとフレンチのランチコースのどちらにするかを選択します。手続きが終わったら入浴券と食事券をもらえるので、それを持ってお風呂かレストランへ向かうことになります。

私たちは朝10時過ぎに到着したので、先にお風呂に行くことに。


お風呂はこちら。

DSC00910.jpg

道を進んだ先に係の方がいるので、入浴券と引き換えに、バスタオル&フェイスタオル(入浴料に込)をお借りします。脱衣所のロッカーは無料で、ゴムバンド式の鍵がかかるタイプ。

お風呂は内湯と露天が一つずつ。サウナもありました。施設はとても綺麗で、清潔感がありました。


私が一番気になるのは、露天風呂の雰囲気です。あったかいお風呂につかって体を伸ばし、景色を見ながら、開放感にひたるのが好きです。

小涌園さんの露天風呂は、ホテルの庭園内にありました。庭園自体はとても広いのですが、お風呂から見える範囲は少しです(向こうから見えたら困りますしね)。あまり奥行がないというか……少し物足りない感じです。

ホテルの規模から考えて、露天風呂も大きいものだと思っていましたが、小さめで残念でした。お風呂だけで言えば、箱根湯本の天成園さんの「屋上天空大露天風呂」の方が好みです。

小涌園さんの日帰り入浴料は1,650円ですが、これだと価格相応の満足感は得られなかったかなあと思います(ごめんなさい)。でも、ランチとセットの日帰りプランとしての利用で考えた場合は十分! 来る途中で雨に降られて体が冷えていたので、お風呂で芯から温まることができて嬉しかったです。お肌もつるつるになりました♪


無料の休憩所もありました。待ち合わせに便利です。

DSC00912.jpg

給茶器があったので、水分補給。食事予定のレストラン「フォンテンブロー」が開くのが12時なので、それまでのんびりしました。


フォンテンブローのランチコース

12時になったので、いよいよお食事! お店は、片側が一面窓になっています。

DSC00918.jpg

窓から見える庭園が素敵。雨が降っていたので、緑がしっとりとしていました。


ドリンクは別料金です。オレンジジュースは絞りたて! 夫は大好きなビール。

DSC00914.jpg DSC00913_20151107221232a9d.jpg
オレンジジュース(626円、税サ込)& ビール(1,026円、税サ込)

日帰りプラン利用者は、箱根散策コース(税込3,239円相当)になるとのこと。日帰りプラン自体が3,600円なので、コスパ高し! 

以下、コースで出てきたお食事をご紹介します。

DSC00915.jpg
野菜チップス、カレーソース

写真だと見えないですが、お野菜の下に黄色がかったカレーソースが敷いてあります。ピリッと辛くておいしい。



DSC00923.jpg
サラダ

野菜を囲むように、3種類のソースが点々と。



DSC00926.jpg
本日のスープ(しいたけのポタージュ)

ごぼうのポタージュ、かぼちゃのポタージュ、えんどう豆のポタージュ……ポタージュにもいろいろありますが、しいたけは初めて。夫が一口飲んで「うまっ!」と言ったので、私も期待しながらいただきました。しいたけの旨味がたっぷりでおいしかったです~。



DSC00924.jpg
シャンピニオン、ボーヌロールと発酵バター

固めのパンと柔らかいパン、2種類ありました。あったかくて、ふわふわ。途中でお代わりもできました。夫は嬉しそうに追加をお願いしてました。


メイン

メイン料理は5種類の中から一つ選べます。

(1)パン粉にこだわったエビフライ
(2)本日のお魚料理
(3)牛肉のミートローフ 箱根山風
(4)バルバリー産鴨肉のコンフィ
(5)国産牛のサーロインステーキ60g(+1,500円)

私は(1)エビフライ、夫は(3)ミートローフにしました。



運ばれてきましたよ~。

DSC00932.jpg
パン粉にこだわったエビフライ

エビフライが大きい! 衣がサックサクです~。


DSC00929.jpg
エビフライのソース

ついてきたソースは2種類。左はおなじみ、タルタルソースです。右は、さいの目に切ったトマト。エビフライにトマトをつけて食べるって初めての体験で、おそるおそるやってみたのですが――これが、合う!! 

タルタルソースをつけて食べたときと、全然違います。さっぱりします。タルタルをつけて食べ、トマトをつけて食べ……とすると、永遠にエビフライが食べ続けられそうです(笑)

つわりのときにエビフライを食べて一口でギブアップしたことがありましたが、今ではペロリですよ! エビフライ、最高~!!



こちらは、夫が頼んだミートローフ。

DSC00931_20151107221224590.jpg
牛肉のミートローフ 箱根山風

ご覧になって分かるとおり、エビフライと比べると大分上品な盛り付けというか……ボリュームは少なめです。もちろんおいしかったそうですが、がっつり食べたい人はエビフライの方がいいかも。夫と私のオーダーが逆だったら、ちょうど良かったのかな。

斜め横から「いいな~」という視線を感じつつ、エビフライを食べました(笑)


デザート

「デザートの一品目です」とサーブされたのがこちら。

DSC00936.jpg
手作りプリン、ルバーブソース

プリンはとろっとしてました。ソースは、カシスみたいな甘酸っぱい味。

さっきのが一品目ということは、もう一つデザートがあるのかな? と思っていたら、デザートのワゴンを引きながら、スタッフの方が登場。テーブルの隣で仕上げをしてくれました。

DSC00941.jpg

かわいい!! しかも、夫と私でデコレーションのデザインを変えてくれたんです。



DSC00937.jpg
私のはハート

DSC00939.jpg
夫のは音符

デコレーションの待ち時間はほとんどなかったです。ハート型のデコレーションに見惚れている間に、音符型が出てきました。サササッと美しい模様をお皿に描いてくれて、嬉しかったです。

心地よいサービスを受けて、お腹もいっぱいに。「雨だけど、来てよかったね」と言いながらお店をあとにしました。

* * *

箱根のレストランってどこも強気の価格設定で、いつも食事場所に悩むのですが、これだけおいしいものが食べられて温泉入浴もついてくるなら、とってもお得感があると思います♪

箱根ホテル小涌園へのアクセス方法


(訪問当時の情報です)
利用料日帰りプラン:3,600円(ランチ+温泉)
営業時間温泉:9:00~18:00(入場は30分前まで)
《ランチはどちらかを選択》
ランチバイキング:11:30~14:30
フレンチのランチコース:12:00~14:30(L.O. 14:00)
交通アクセス箱根湯本駅からバスで約20分
個人的満足度ico_grade6_3h.gif 4.0
(+)温泉とランチが一つの場所で楽しめる
(+)ランチコースはサービスも味も良くておすすめ
(-)お風呂自体は可もなく不可もなく

【箱根湯本駅から小涌園への行き方】
湯本のバス2番乗り場から、箱根町行きのバスに乗ります。下の画像は、停留所一覧です。

DSC00904.jpg

写真が斜めで見づらいですが、一番下が箱根湯本の停留所です。小涌谷駅バス停ではなく、小涌園のバス停で下車します(所要時間約20分)。箱根フリーパスが使えます。

上記のバスに乗ると、下の図のバス停「元箱根、湖尻、大涌谷方面乗り場」に着きます。バス停から小涌園はすぐそこです。系列のユネッサンとは別の建物であることにご注意ください。
kowakien_bus.jpg


【小涌園から彫刻の森美術館への行き方】

私たちは小涌園を出た後、彫刻の森美術館へ移動したので、その方法を参考までに。

乗るバス停は、上のバス停案内図の強羅・千石原方面乗り場です。ここから施設めぐりバスに乗ります。箱根フリーパスが使えます。

DSC00944.jpg

路線図のアップ。

DSC00945.jpg

降りるバス停は、彫刻の森です。所要時間はたったの4分。バスを利用して行くと楽ですよ~。

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント




プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。