スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【東京駅】リニューアル後の駅舎を見に行ってきたよ〈丸の内〉

訪問日:2012年10月
満足度:ico_grade6_3.gif 3.0

東京駅

東京駅丸の内駅舎の保存・復原工事が終了し、
創建当時の姿で10月1日にグランドオープンしました。
今日は新しい駅舎のお昼の姿をご紹介したいと思います。


東京駅
東京駅前のロータリーにまっすぐのびる、広い歩道。


東京駅 
100年前にはなかったであろう高層ビルを従えた東京駅。
白とグレーの世界に、あたたかみのあるブラウン。


東京駅 
繊細で美しい窓の細工。どんなドールハウスよりもすてき。


東京駅 
東京駅の姿を写真におさめようと、道路も人がいっぱい。
ほとんどの方が立ち止まって、写真の左側にある東京駅のほうを向いています。


JPタワー 
東京駅の斜め前に、ガラス細工のようなビルがあったのでパチリ。

帰ってから調べたら、これはJPタワーという複合ビルで、2013年の春にオープン予定とのこと。丸ビル(2002)・丸の内オアゾ(2004)・新丸ビル(2007)ぐらいまでは把握していましたが、いつのまにか丸の内ブリックスクエア(2009)なんてのもできてました。駅前の進化がすごくて、まったく変化についていけてません


円形ドーム

全景写真を撮ったあと、いよいよ東京駅の中に入ってみます。
テレビで見た、美しいドームを見に行きます~。

外から見るドーム屋根。
1945年の東京大空襲でこの南北のドームは焼失してしまいましたが、
今回の工事で復元されました。
 東京駅 
駅前にどーんとそびえる白い円柱には、東京オリンピックの招致広告が。
「2020年 オリンピック・パラリンピックを日本で!」とあります。


ドームの下にある駅舎に入ってみます。
改札を出たところにあるので、切符を買わなくても見に行くことができます。



わあ、という景色が広がります。


東京駅ドーム 

東京に旅行に来たとして、こんな景色がお出迎えしてくれたら嬉しいだろうな~と思います。中はそれほど広くないですが、人でいっぱいでした。カメラや携帯片手に、上を見上げています。駅舎完成のお祝いの気持ちをみんなで共有している気がして、嬉しくなります。


東京駅ドーム 

ちょっと残念だったのは、上の空間一帯に網が張られていたこと。
地上から、網ごしにドーム天井を見上げるような形になります。


東京駅ドーム

上の写真のドームの中心の丸付近に、小さくて白い格子模様が見えると思いますが、それはドームの模様ではなくて網が映り込んだものです。
現地にいたときには「網なしで見られたらいいのにな~」と思っていましたが、帰ってから写真を見たときに小さい驚きが。網が光のように見えませんか~? ドームが光り輝いているように見えてちょっと嬉しい。意外な効果があるものだなあと思いました。


東京駅
今度は夜のライトアップに来てみたいです。


東京駅へのアクセス方法  (最新の情報は必ずご自身でご確認ください)

JR東京駅構内から向かう場合:】

JR東京駅構内図
JR東京駅には八重洲側と丸の内側があります。丸の内側へ向かってください。
丸の内側には北口・中央口・南口の3つがあります。
北口もしくは南口の改札を出ればすぐにドームが見られます。

もし反対の八重洲側に出てしまった場合も、自由連絡通路を通れば丸の内側に出られます。入場券を買う必要はありません。自由連絡通路の場所は上記の構内図をご覧ください。

改札外から行く場合:


大きな地図で見る
Aとあるあたりが、ちょうど正面です。
ドームを見る場合は、外から見える丸い屋根を目指していけば大丈夫です。

北口と南口のドームを両方見てみましたが、素人目には違いがわかりませんでした。
同じデザインかな?
なお、丸の内北口側のドームには、東京ステーションギャラリーの入り口があります。現在は、東京駅復原工事完成記念展「始発電車を待ちながら」が開催されています。(入場料500円)詳細はこちらをご確認ください。



web拍手 by FC2



プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。