スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【甘味茶屋】大分のご当地グルメ、だんご汁を食べるならここ!〈別府〉

訪問日:2014年2月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC00005 (2)

私の実家は大分県です。2月に友人の結婚式で帰省した際、どうしても食べたくなって、両親と甘味茶屋(あまみぢゃや)さんに行ってきました。

ここは大分のご当地グルメ、だんご汁がおいしいお店です。だんご汁とは写真のとおり、平たい麺と根菜がたっぷり入った、味噌ベースの汁物です。簡単に言うと、山梨県で有名な「ほうとう」の大分県版です。大分県人が大好きな、おふくろの味なんです。


古民家風の店内が素敵な甘味茶屋さん


だんご汁を食べるなら、甘味茶屋さんが一番おすすめです。
雰囲気よし、味よし!で言うことなしです。

DSC09992.jpg

ほっとする内装ですよね~! こたつですよ、こたつ! 

写真には写っていないですが、店内にはもう少し席があります。おひとり様でも大丈夫なカウンター席も3つぐらいあったので、一人旅でも寄りやすそう。

平日の10:00開店とほぼ同時に入店し、11時すぎに出るころには満席になっていました。



壁に掛けられていたメニューの一部。

DSC09991.jpg



だんご汁関連のメニューはこんな感じ。

DSC09990.jpg

定食もあるので、お腹いっぱいになります。

単品のだんご汁には、普通サイズ(650円)と小サイズ(580円)があります。店内の真ん中くらいに、サイズの目安となる器が置いてありますので、どっちを頼もうか悩んだ方は見てみるといいかも。

でもね、小サイズと言ってもかなりの大きさです。

DSC00004.jpg

写真は小サイズのだんご汁です。味噌汁のお椀というよりは、小うどんの丼ぐらい?



冒頭で、「だんご汁は簡単に言えば、ほうとうの大分県版」と言いましたが、味には違いがあります。

DSC00005 (2)

foodpic4368199.jpg

上がだんご汁で、下がほうとう(山梨県の「小作」さんで食べたもの)なんですが、色が全然違うのがお分かりでしょうか~。

甘味茶屋さんはお店オリジナルのお味噌を使っていて、見た目からも分かるとおり、濃くなくて優しい味です。ほうとうの方が、しっかりした味付けです。

麺は、だんご汁の方が太め。うどんの半分ぐらいの厚みがあって、平たいです。

具は根菜メインであるのは変わりません。一口食べてほっとする、大分のおふくろの味です。



大分のご当地グルメというと、関アジ・関サバ、鳥天(=鶏肉の天ぷら)、中津のからあげがベスト3ですが、だんご汁もいいんですよ。地味な料理ですが、機会があればぜひどうぞ~。

大分で使われる味噌って、関東で売られているのよりは薄めの合わせ味噌が多いんです。この味に慣れているので、私は結婚してからも、大分県の味噌を使っています。地元産のフンドーキンさんの合わせ味噌が一番おいしいです♪ 

ちなみに、出汁はいりこで取ってます。いりこって東日本の方はぴんと来ないかも。煮干しのことです~。




甘味もおすすめ


甘味茶屋さんは、だんご汁だけでなく甘味も充実しています。続いて、つきたてすくい餅セットと、やせうま(大分の郷土料理)をご紹介したいと思います。

DSC09988.jpg



まずは、つきたてすくい餅セット!(580円)

DSC09996 (3)



つきたての柔らか~いお餅5個に、小さいお椀が5つついてきます。
お椀を広げてみると…!!

DSC00001.jpg

こんな感じで、薬味が5種類はいっています!

きなこやあずきをつけて甘いお餅を食べたあとは、卓上のお醤油をちょっと垂らした大根おろしと合わせて、しょっぱいお餅が楽しめます。

これだけあると飽きないですよね~。しかも、お餅がやわらかくておいしい! 次はどの味で食べよう?という楽しさがあっていいです~。お餅は一口サイズで、一個70円で追加できます。



そしてこちらが、やせうま(315円)

DSC09993.jpg

手延べだんごに、きなこと砂糖をまぶした食べ物です。不思議な名前ですよね、やせうま。

八瀬(やせ)という乳母が作ったおやつで、若君がこの食べ物がほしいときに「八瀬、うま(=まんま)」と言って催促したことから付いたそうです。



DSC09995.jpg

砂糖が別添えになっているので、好きな甘さに調整できます。素朴な味で、おばあちゃんのおやつという感じです。大分県ではよく食べられてるんですよ~。私が子供のころは、小学校の給食にも出てました。

おふくろの味&おばあちゃんの味の大分県グルメを食べてみたいときは、甘味茶屋さんに行ってみてください♪



甘味茶屋へのアクセス方法


(訪問当時の情報です)
拝観料竹庭拝観料は200円
拝観料+お抹茶で700円
営業時間10:00~21:00(L.O.20:30)
※水曜定休
交通アクセス大分駅から車で25分
別府駅から車で12分
詳細は食べログHP参照
個人的満足度ico_grade6_4h.gif 4.5
(+)古民家風の店内で落ち着く
(+)大分の郷土料理が食べられる(大分県人が納得する味)
(-)混むため早めに行ったほうが良い

DSC00002.jpg

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント




プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。