スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【水木しげるロード01】ねこ娘列車に乗ってみよう〈鳥取〉

訪問日:2013年8月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC07616.jpg

電車に大きく描かれているのは、ねこ娘
ゲゲゲの鬼太郎でおなじみ、ねこ娘をモチーフにした列車です。
ピンクの車体がかわいい~。

この列車が走っているのは、鳥取県にあるJR境線です。

DSC07461.jpg
(米子駅にあった看板です)
境線は、米子と境港を結ぶ路線です。
終着駅の境港駅には、水木しげるロードと呼ばれるスポットがあります。
「ゲゲゲの鬼太郎」作者の水木しげる先生が境港市出身だそうで、
それにちなみ、境港市は妖怪タウンになっているんです。

水木しげるロード関連の記事は、全4回を予定しています。
【水木しげるロード01】ねこ娘列車に乗ってみよう〈鳥取〉 ←本記事
【水木しげるロード02】個人的に気に入った妖怪ブロンズ像20選〈鳥取〉
【水木しげるロード03】自分で色塗りできる♪鬼太郎絵はがきを出そう〈鳥取〉
【水木しげるロード04】私が買ったおみやげ――目玉おやじの箸置き、鬼太郎ちゃんちゃんこ柄のうちわ、ねずみ男のパン〈鳥取〉

いざ、出発~!


JR境線で、境港へGO!

境線を走る鬼太郎列車には、4種類あります。

DSC07491.jpg

目玉おやじ列車、ねこ娘列車、ねずみ男列車、そして鬼太郎列車。
でも、境線を走る列車すべてがキャラクター列車ではありません。
普通の電車も走っています~。

DSC07484.jpg


ねこ娘トレイン♪

DSC07617.jpg

私が乗る機会があったのは、ねこ娘トレインでした。

猫娘、ネコ娘、ねこ娘。
どれが正しいのかな―と思いましたが、妖怪ガイドブックに書いてあった表記が「ねこ娘」だったので
それに揃えることにしますっ

車内はこんな感じ。

DSC07619.jpg

ピンク一色! 男性は落ち着かないかも?


DSC07620.jpg

天井にもねこ娘。


DSC07622.jpg

シャー!


妖怪の愛称

JR境線では、ふつうの駅名のほかに、妖怪の愛称がついています。
たとえば中浜駅のホームには、「中浜駅」と書かれた看板に加え、下のような看板もあります。

DSC07486.jpg

牛鬼駅。おどろおどろしい名前です~。
こんな感じで、境線の16駅分、妖怪名がついています。

米子駅から境港駅へ向かう場合は、進行方向右側に乗ったほうが、
この看板がたくさん見れると思います。 帰りは逆側に乗ればコンプリートできそう。

有名どころの看板としては…
米子駅=ねずみ男駅、大篠津町駅=砂かけばばあ駅、余子駅=こなきじじい駅、境港駅=鬼太郎駅 です。
お見逃しなく~。

DSC07489.jpg
境港駅ホームにあったベンチ。 鬼太郎が寝そべっています。


境港市へのアクセス方法  (訪問当時の情報です)

交通
アクセス
JR米子駅から境線に乗って45分、境港駅下車
東海道新幹線を使う場合は、岡山乗り換え
例)大阪→岡山→(伯備線)→米子→(境線)
 →境港(約3時間半)
詳細は境港市公式HP(アクセス)参照

DSC07500.jpg

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント




プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。