スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【修善寺】竹林の道を通って、「独鈷の湯」で一休み〈静岡〉

訪問日:2013年9月
満足度:ico_grade6_4.gif 4.0

DSC08545.jpg

伊豆半島をぐるっと回ってきた旅ですが、そろそろ終わりが近づいてきました。
最後に立ち寄った観光地は、風情ある温泉街、修善寺です。

DSC08543.jpg

修善寺は「伊豆の小京都」と呼ばれていますが、「小嵐山」と言った方がしっくりくるかも?
規模は小さいですが竹林の道があるし、温泉街を流れる川には朱塗りの橋がかかっています。
「渡月橋」と名のつく橋まであるんですよ。

ここでは修善寺にお参りして、竹林の道をお散歩し、独鈷の湯で足湯を楽しんできました。
なんと、すべて無料で楽しめるスポットです! 順にご紹介していきたいと思います~。


修善寺

DSC08566.jpg

修善寺と言えばここ。平安時代に弘法大師が開いたお寺です。
緑に囲まれたお寺なので、紅葉の時期は特におすすめです。

開祖の弘法大師は書の名人としても知られています。
弘法大師も字を書き誤ることがあることから、「弘法も筆の誤り」ということわざが生まれました。

このことわざ、手書きよりパソコンが主流になった今の時代に合わせて言うなら、
「村上春樹も変換ミス」とか? 1Q84のふかえりの話し方が好きです。


竹林の道

DSC08549.jpg 

修善寺の竹林の道にやってきました。
規模が小さいので、嵐山の竹林の道と比べると見劣りするかもしれません。
でもこちらの方が、丁寧に整備されているように思います。

道の曲がり具合とか、歩道の石畳とか、歩道の両側にある囲いとか、
すべて竹が美しく見えるように計算してつくられたような感じがします。


ちなみに、嵐山の写真はこちら。
竹林の道 
嵐山の竹林の道は人力車が通れるくらいの道幅ですが、
修善寺は二人並んで歩けばいっぱいの狭さです。
竹の多さ、道の長さは嵐山の勝ちです。 (歩道は修善寺の方がきれいだと思います)


空を見上げて、好きなアングルを探してみました。

DSC08546.jpg

カメラが好きになってからは、「見る」楽しみに加えて「撮る」楽しみも増えました。
旅行とカメラって、親和性が高い趣味だと思います。

DSC08558.jpg


独鈷の湯

修善寺温泉街を流れる桂川の真ん中に、どーんと足湯施設があります。

DSC08537.jpg 

独鈷の湯は「とっこのゆ」と読みます。独鈷とは棒状の法具のことです。
弘法大師が川で病の父を洗う少年に心を打たれ、独鈷で岩を打ったところ
温泉が湧き出したそうです。

最初に訪れたときには人がたくさんいましたが、修善寺をぐるっと回って戻ってきたら貸切状態でした。
温泉街ってどこもそうかもしれませんが、18時ごろになると街に人がいなくなります。

DSC08563.jpg

足湯にしては深めで、足のすねぐらいまで温泉があります。
川の真ん中で、ワイルドな足湯体験です~。


百笑の湯

足湯に入ったら、その心地よさにぼーっとしてきて、首元まで温泉につかりたくてたまらなくなりました。
そこで修善寺を出た後、スーパー銭湯「百笑の湯(ひゃくわらいのゆ)」に行くことに。

DSC08572.jpg 

修善寺から車で5分と近いところにあります。
ここで5時間以上のんびりしちゃいました。

スーパー銭湯といえども、中には源泉かけ流しのお風呂もあります。
内湯もサウナも露天風呂も広い! 女性用お風呂には、汗蒸幕(追加料金なし)もありました。
サウナの入り口にサウナ着が置いてあったのが嬉しかったです。

休憩スペースも充実しているので、
東名高速に乗る前に仮眠をとる場としても使えると思いますっ

ちなみに私はここで、半沢直樹の最終回を見ました(笑)
ドラマ、おもしろかったですよね~。

リクライニング型の休憩室では一人に一台テレビがついているのですが、
ほとんどの人が半沢直樹を見ていました。
トイレに立った夫の証言だと、畳敷きの大部屋休憩室では
テレビの前に半円を描くように人が集まっていて、同じく半沢を見ていたそうです。
視聴率40%越えを、目で見て感じた瞬間でした。


修善寺エリアへのアクセス方法  (訪問当時の情報です)

交通アクセス沼津インターから車で50分
浄蓮の滝から車で25分
駐車場の場所については、観光協会HPをご参照ください。

実際に利用したのは筥湯周辺の有料駐車場でした。
一日単位で計算するところもあれば、一時間単位で計算するところもあったので、
ニーズに合わせて利用されるのがいいと思います。

駐車場には一日500円と看板が出ていましたが、
私たちが利用したときは400円でした(看板の上に貼り紙が貼ってあり、一時的に安くなっていた)
修善寺に到着したのが17時で、もう観光のピークが過ぎていたからでしょうか。
平日か休日か、そして時間帯によっても駐車料金が変動するのかもしれません。

修善寺の開門時間は8:30~16:30(秋冬は~16:00)です。
竹林の道・独鈷の湯は見学自由です。いつでも無料で利用できます。

DSC08568.jpg

【百笑の湯】
入浴料一日券:平日1,500円、休日2,000円
夜間券:平日1,300円、休日1,500円(18時以降入場)
立ち寄り券:平日800円、休日1,000円(60分以内)
営業時間10:00~24:00 (最終受付 : 23:00)
交通アクセス修善寺から車で5分
詳細は公式HP(交通案内)参照

一泊二日、伊豆半島ぐるり旅の目次はこちら

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント




プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。