スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【旧天城トンネル】伊豆の踊子に登場した、風情あるトンネル〈静岡〉

訪問日:2013年9月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC08255.jpg 

――暗いトンネルに入ると、冷たい雫がぽたぽた落ちていた。南伊豆への出口が前方に小さく明るんでいた。
(川端康成著、伊豆の踊子より)

伊豆の踊子に記された「暗いトンネル」とは、ここのこと。
中伊豆にある旧天城トンネルです。


このトンネルが開通したのは1905年、伊豆の踊子が発表されたのは1926年です。
当時はピカピカのトンネルだったかもしれませんが、
長い年月を経た今では、緑色の苔に優しく保護された、風情あるトンネルになっています。

DSC08241.jpg 

トンネルの入り口に、木漏れ日が降り注いでいます。


DSC08244.jpg

天城観光協会のHPによると、アーチや側面など、すべて切り石で建造しているとのこと。
石造道路トンネルとしては、日本に現存する最長のものなのだそうです。


DSC08248.jpg 

トンネル内は車も人も通行できます。
トンネルの長さが455.5メートルもあるので、歩いて往復するのはちょっと大変かもしれません。


この記事を書くにあたり、「旧天城トンネル」で地図を検索しようとしたところ、
googleの予測変換に「旧天城トンネル 心霊」と出てびっくりしました。
どうやら、有名な心霊スポットらしいです…。

ガイドブックにそんなこと書いているわけはなく、私たちはそれを知らずに行きましたが、
純粋に、綺麗なトンネルだと思いました。

トンネルの形は整った馬蹄型です。
三方ぐるっと、美しく組まれた石が続いています。

内部はひんやりとしており、約450メートル先の出口は見えません。
小さい灯りが点々と、向こう側に道が続いていることを示しています。

トンネル内部では、声や音が反響します。
音は、わんわん…とトンネルの中をただよったあと、石の間に吸い込まれていくようにも思えました。


トンネルの北側と南側の違い

旧天城トンネルに行くには、北側の道と南側の道があります。

amagit.jpg 

浄蓮の滝方面から旧天城トンネルに行こうとすると、北側の道を通ることになります
この道が無舗装で、対向車が来たらバックしなければいけないくらい細い道でした。
一方、南側の道は舗装されていて通りやすかったです。

トンネル内は車通行可能なので、北側の道→旧天城トンネル→南側の道と抜けることもできますが、
運転に自信がない人は南側の道→旧天城トンネル→南側の道と戻ってもいいかも。
どちらのトンネル入り口前にも、数台分の駐車スペースがあります。


トンネルの入り口は、北側と南側で趣が少し変わります

amagi.jpg 

苔の付き方が微妙に異なるのがおわかりでしょうか。
おすすめは北側の入り口(写真左側)です。


トンネルから見える景色も、北側と南側とで少し違います。

こちらは北側。
DSC08250.jpg 
駐車スペースがすぐ近くにあるので、トンネルの中から写真を撮った際に車が入ってしまいます。


こちらは南側。
DSC08257.jpg 

駐車スペースが少し奥まったところにあり、車が写り込まないので、
写真を撮るならこちらの方がいいと思います。

伊豆の踊子に思いを馳せながら、石造りのトンネル探検。
霊感体質でない方にはおすすめですっ


旧天城トンネルへのアクセス方法  (最新の情報はご自身でご確認ください)

営業時間見学自由
交通アクセス浄蓮の滝から車で11分

DSC08262.jpg

一泊二日、伊豆半島ぐるり旅の目次はこちら

web拍手 by FC2

コメント

読み返したくなりました♪
左写真側の北側トンネルには入ってみたいけれど、
右側はちょっと入りたくないようなオーラが・・・。
な~んて(笑)

天城~ご~え~♪の天城が
伊豆の踊子の舞台だっただなんて、全然一致していなかった
無知の自分が恥ずかしい。゚+.(*ノェノ)゚+

伊豆もいいところですね~。
1泊2日なのに、たっぷりスポット目白押しですね!
さすがlilyさん♪

完全復活したら是非
ろぼたんも行ってみたいと思うところばかりです。
復活ですね♪
ろぼたんさん、こんばんは。
文章からお元気そうな様子が伝わってきて、安心しました(´- `*)
でもまだご無理なさらず、
好きなことをしてゆっくりお過ごしくださいね。

今は一泊二日で行った伊豆の旅行記を書いています。
ろぼたんさんは以前、視える体質だとおっしゃっていらしたので
ここはちょっと危険なトンネルかもしれません~e-1

伊豆はなかなか楽しいエリアです♪
今回の旅行で行かなかった伊豆高原は、プチ軽井沢みたいなところです。
女性に人気のカフェやミュージアムがあります。
熱海も近いので、温泉もたくさんあります~。


いつも更新を楽しみにしています。
ブログを通じて、完全復活まで応援させていただきますねe-53

コメントの投稿

非公開コメント




プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。