スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【青春18きっぷ女一人旅05】女一人でお好み焼き店に入るのは難しい〈1日目〉



広島には20時前に到着。

予約しておいたホテルにチェックインすると、ウェルカムドリンクのサービスがありました。
冷たいオレンジジュースを飲みながら、
「あ~、広島にたどり着くという今日の目標は達成できた!」とほっとしました。

今日は朝5時半ごろ大分駅を出て、門司港~巌流島~下関を巡り、
湯田温泉でさっぱりし、広島でゴールという流れでした。
大分→福岡→山口→広島と4県をまたいで移動してきたわけです。我ながらすごい(笑)


カウンター席でお好み焼き

広島の夜の締めくくりはやっぱりお好み焼き!

ということで、お好み焼きの屋台がたくさん集まる場所に行ってみました。
ちょうどお店には誰もお客さんがいない時間でしたが、
気にせずに鉄板の前のカウンター席に座りました。
(屋台スタイルなのでテーブル席は1〜2つしかなく、あとは全部カウンター形式のお店です)

カウンター席に座ったのを後悔したのはそのあと。
女一人がお好み焼き店のカウンターに座った場合、どういう感じでいるのが良い作法なのでしょう。

お寿司屋さんのカウンターだと、
板前さんがいるスペースとカウンターの間にちょっとした高さの仕切りがありますが、
お好み焼きだと、鉄板を挟んで直に向かい合う形です。
き、気まずい…。しかもお店にお客さんは私ひとり…。

お店のお兄さんは、鉄板の上で一生懸命お好み焼きを作ってくれています。
お邪魔にならない程度にお兄さんと世間話を楽しみながら、
お好み焼きの出来上がりを待てばよかったのかもしれませんが、
話しかけようか、どうしようかと逡巡している間に時間だけが過ぎ…。

そうこうしているうちに、お好み焼きができあがりました。
「どうぞ」「ありがとうございます」で会話が終わりました(笑)

ーー話のネタがないわけではないんです。
「私、18きっぷで旅してるんですよ~。広島のお好み焼きを食べるのも楽しみにしてました」と言えば、話は膨らんでいくでしょう。
頭では分かっているのですが、どうも気まずくて、勇気が出ず。

だれかー!

他のお客さん、来てー!

…と願ったのですが、結局私が食べ終わるまで、私一人しかいませんでした。



もちろんお好み焼きはおいしくいただきましたが、
もっともっと上手に食べられたはずなのにと、ちょっとだけ苦い思い出。
女一人旅を満喫するには、まだまだレベルが足りないようです。
がんばるぞ!


一日目の支出

【交通費】
青春18きっぷ一日分:2,300円
門司港ー巌流島ー下関のフェリー代:500円
小計 2,800円

【食費】
ふぐバーガー:350円
垢田トマトアイス:300円
お好み焼きとコーラ:1,250円
ペットボトルのお茶:600円
小計 2,500円
※今日は暑くて暑くて、ペットボトルのお茶を4本も飲みました。
明日からはもっと大きい容量のお茶を買おうかなあ…。
部活に向かう男子中学生みたい(笑)

【観光費】
海峡ゆめタワー入場料:600円
湯田温泉の日帰り入浴:800円
小計:1400円

【宿泊費】
ホテルフレックス:6,825円

合計:13,525円(宿泊費を除くと6,700円)


今回の旅程を旅行パンフ風にまとめたものはこちら。
【青春18きっぷ女一人旅21】6日間の全電車スケジュールのまとめ

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント




プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。