スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記27】ドバイ・クリークを船で渡ってみよう

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_3h.gif 3.5

DSC05895.jpg

ドバイ・クリークというのは、アラビア湾に通じる入江です。
地図をご覧ください。
無題 
土地を左斜めに分断するように水の流れがあるのが分かりますが、これがドバイクリークです。
Googlemapではドバイ川と表現されています。


DSC05830.jpg
実際に見るとこんな感じ。川ですね~。
一方の岸から向こう岸に渡るには、メトロを使うこともできますが
船を使って行ったほうが景色も楽しめておすすめです~。


DSC05837.jpg

あっついけど、風が気持ちいいです。
エンジン音を響かせながら、船が私たちを追い越していきます。


乗船方法

オールドスークやドバイ博物館がある側から、
スパイススークやゴールドスークがある側に渡るには、Bur Dubaiという乗り場から船に乗ります

乗り場にあった貼り紙。
DSC059192.jpg 
Bur DubaiからDeira Old Souqに赤い線が引かれているのが分かるでしょうか。
この路線に乗りたかったので、この乗り場で間違いないことを貼り紙で確認できました。

乗り場はこんな感じ。
DSC05917.jpg
上の写真はDeira Old Souqで撮りましたが、Bur Dubaiも似たような感じです。
こんなふうに屋根がある乗り場を探してみてください。

いよいよ、船に乗り込みます。

DSC05900.jpg


アブラ

さて、私たちが乗る船ですが。

こんな最新鋭の船ではなく…
DSC05838.jpg 


こんなふうに大きな船でもなく…
DSC058362.jpg



これです(笑)
DSC05835.jpg 
アブラと言う名前です。料金はたったの1AED(約28円)。



出航前のアブラ。
私が乗ったときは、観光客と地元の人が半々ぐらいでした。

DSC05914.jpg 


DSC05903.jpg 
船には日よけの屋根(?)がついています。
救命胴衣が入っていました。

料金の1AEDはコインで払います。
私のときは出航直前に船頭さんが乗ってきて回収していきました。

船がいっぱいになったら出発します。

DSC05906.jpg 

徒歩とは違うスピードで、風を感じながら海上から街を眺めます。
手漕ぎボートではなく、エンジンで走ります。
バババババ…という音がします。

楽しいーー!……と思っていたら、対岸には5分くらいで着いちゃいました(笑) 
もうちょっと乗ってたかった~。

でもいい体験ができました! 
観光客にとっては小さなエンタテイメント、地元の人にとっては重要な交通手段です。
ドバイ滞在中に乗る機会があってよかったです

DSC05916.jpg 

ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)


web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント




プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。