スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記16】デザインが美しいドバイメトロ

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_3h.gif 3.5

DSC05665.jpg

今日は、ドバイメトロをご紹介したいと思います!
2009年10月に開通したばかりなので、すべてがピカピカです


DSC05666.jpg

入り口はこんな感じ。
capsuleの曲が似合いそうな外観です。
ハイヒールをカツカツ言わせながら、颯爽と入りたくなります。


DSC05432.jpg

中もきれい。
レッドラインは地上を走るため、構内に太陽光が入って明るい雰囲気です。
自動改札のバーが、扇型です!


DSC05512.jpg

乗車券です。Suicaみたいに改札にタッチして使います。
上の赤いのが表面で、下が裏面です。

素材は紙です
パスネットやクオカードみたいな素材でもなく、Suicaみたいなカードでもなく、
搭乗券ぐらいの厚さの紙です。手でびりっと破れます。


ではホームに行ってみます!

DSC056692.jpg 

端の車両がGold classになっています。
(どこの車両がゴールドクラスかは、ホームに書いてあります)
この車両に乗るには、ゴールドクラス専用の乗車チケットが必要になります。
普通のより割高になるので、私たちは普通のチケットを買って移動していました。
あと女性&子供専用車両もあったので、男性の方はご注意ください~。


DSC056702.jpg 

電車が来ました!


DSC05413.jpg

車内は、日本よりも綺麗に感じるほどです。
ただ、自分がメトロの車両に乗り込んだとき、空気が毛羽立つような感覚を覚えました。

UAEの女性はアバヤでがっちり肌を隠しています。外から見えるのは目だけという人もいます。
それだけに異国の女性が珍しく、ジロジロ見られてしまうみたいです。
(メトロを使うのは、主に他国から来た出稼ぎ労働者だそうです)

私はふわっとしたマキシ丈スカートに8分袖の薄手カーデを羽織っており、
肌を露出していたわけではありません。
それでも、「髪や顔を隠していない外国人女性が来た」と意識を向けられるような感じです。
しばらく経つと、私がいることに車内が慣れていきます。

真っ黒いアバヤを着て身体のラインを隠すのが普通の世界で、日本の夏の格好で歩くのは、
水着を着て新宿を歩くのと同じような感覚なのでしょうか。
アジア系の女性は、肌を露出しているとコールガールと間違われることもあるそうで
服装には注意したほうがよさそうです…。


DSC05673.jpg

メトロから見えるドバイの街。
砂漠に生えた芽のように、ビルがにょきにょきと建っています。

ドバイのビルはどれも、すごくお洒落なデザインなんです。
ビルの写真をたくさん撮ったので、いずれ記事にまとめたいと思います!


DSC05490.jpg

これはホームにあった注意書き。
非常停止ボタンを間違って押すと、2000Dhsの罰金とあります。
日本円にして、56000円ですっ!

なお、メトロ内の飲食も禁止されています。


メトロの駅とドバイモールを結ぶ歩道橋

こんなふうに近代的なドバイメトロですが、
ドバイの観光スポットはメトロの駅から離れていることも多く、
最初からタクシーで行ったほうが早い場所もあります。
ドバイモールがその一つ。

ドバイモールはメトロの駅から徒歩25分くらいかかります。
真夏になると気温50度にもなるドバイで、30分弱歩くのは辛い…というか無理ですよね。

なのでドバイメトロが開通しても、タクシーで行く人がほとんどだったようですが、
近年、駅からドバイモールへの直通歩道橋(エアコン完備)ができました。

DSC05655.jpg

囲んだところ、くっついてるのが分かるでしょうか。
写真だとちょっとしか歩道橋が映ってませんが、全長820メートルもあります。


DSC05767.jpg
歩道橋の中には、動く歩道があります。
途中で歩道橋に出入りすることはできません。駅とドバイモールを結ぶ橋です。
この歩道橋を使うと、10分くらいでドバイモールに到着します。


これは歩道橋を外から見たところ。

DSC05656.jpg

ただの歩道橋も、ドバイではこんなに美しくなります。

そして、大きい!
写真右下にいる夫と比べると、どんなに大きい道か分かっていただけると思いますっ


DSC05661.jpg

道路に、網目のように影が映っています。

駅からドバイモールまで歩くと25分くらいかかるのですが、
体力と時間と気候が許せば、歩道橋を眺めながら駅まで歩いてみるのも楽しいと思います。


ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント




プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。