スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記13】砂漠のラクダ

訪問日:2013年5月 
満足度: 3.0

DSC05565.jpg

4WDに乗って砂漠をドライブした後は、キャンプサイトに到着。
ラクダに乗ったり、ヘナペインティングを体験したり、BBQを食べたり…と、
いろんなお楽しみが待ってます!


キャンプサイトの様子

DSC05555.jpg

砂漠に設けられたキャンプサイト。
外にはラクダが4頭いて、順番に乗ることができます。
砂山を利用したサンドボードにも列ができていました。


DSC05567.jpg

キャンプサイトの中です。
中央のステージで、2種類のダンスが披露されます。
ステージの最前列で見たいなら、
ハンカチなどを置いて席の場所取りをしておいたほうがいいかも
(私がいろいろ寄り道してステージに着いた頃には、もうすべての席に荷物が置かれていました)


DSC05628.jpg
(これは翌朝撮った写真です)

水洗トイレもキャンプサイトの中にあります。
男女それぞれ4つぐらいあったかな?
綺麗さは、まあ許容範囲かなっていう感じです。
ホットシャワーはなく、水シャワーのみです。


ラクダに乗ろう

DSC05566.jpg

ラクダさん。鞍がついています。
私と夫は、ラクダ待ちの列が少なくなってきた頃に行って、乗らせてもらいました。

写真のように座った状態のラクダにまたがります。
ラクダが立つときが、一番怖いです!
一気に2mぐらい高さがアップします~!

ラクダの上から見た景色はこんな感じ。

DSC05560.jpg

ラクダの綱を引く男性の頭がはるか下に見えます。

ただ、ラクダに乗れたのは30秒くらいしかなくて、そのへんを一周回って終わりでした。
あっという間でしたが、いつもと違う目線のお散歩を楽しむことができました。

元の場所に戻ってきたら、ラクダが座るのを待って降りるのですが…
なかなか、ラクダが座ってくれません。
立った状態のラクダはかなりの高さがあるので、ここから飛び降りるのは無謀です。

どうしようと思っていたら……
ラクダ使いの人が、ラクダの首をピシィッと棒で叩きました
(ひぃ~!)

最後の方だったから、ラクダはご機嫌ななめだったみたいです。
ラクダをあんなふうに叩くんだ、とショックを受けました。
ラクダは膝を曲げてしゃがんだので、無事に地面に下りることができましたが、
楽しかった気持ちはしぼんでいきました。

私の後にも別のグループが乗っていましたが、
例のラクダは、人を乗せたあと中々立ち上がろうとしなくて、
またラクダ使いの人にピシィッとやられてました。

もっと多くのラクダがいたら、無理のない範囲で触れ合えたのかな。
ラクダとの和やかな交流を楽しめる時間であったらよかったな。

何だかほろ苦い気持ちになったラクダ試乗でした


ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント




プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。