スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記12】4WDに乗って砂漠サファリツアー!

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_5.gif 5.0

DSC05540.jpg

ドバイに来たらやりたかったことの一つに、デザートサファリがあります!

そこで、Alan1.netさんの「ドバイ近郊 砂漠サファリ一泊ツアー」に参加しました。
あらかじめ日本からツアーを申し込んでおきました。

砂漠をドライブしてキャンプサイトに向かい、そこで水タバコやヘナペイントを体験。
バーベキューを食べ、ベリーダンスを見学。
そして砂漠に設営されたテントに一泊するという、盛り沢山のツアーです。

価格は一泊ツアーで一人あたり415AED(11,620円)
半日ツアーであれば290AED(8,120円)と安くなります。
でも砂漠に泊まればホテル代が浮くので、一泊ツアーの方が結果的に得になります

今回の旅行ではドバイに4泊しましたが、ホテルは3泊押さえるだけで済みました。
ツアー送迎場所は翌日泊まる予定のホテルロビーにしましたが、問題ありませんでした。
(ただし、最初から全行程のホテルが付いている場合は、半日ツアーの方がいいと思います)

* * *

さてさて。ぼったくりタクシーから解放されてホテルロビーに戻り、身体を休めていると、
ツアーの迎えが来ました。16:00、時間ぴったりでした。
ほかに2つのホテルを回り、3組6名で出発!
日本人男性2名、デンマーク人夫婦2名、そして我々です。

途中でガソリンスタンドに寄ってトイレ休憩。(女子トイレは混むので注意)

DSC05481 (2)

ここに止まっている車、全部同じツアー会社の車です!
人気があるんですね。

この日のツアー参加人数を聞いてみると、180人ぐらいとのことでした。
でもほとんどが半日ツアーの参加者で、夜になると市内へ戻っていくそうです。

では、本日砂漠に泊まるのは何名かと聞いてみたら、たった8名でした。
そんなに少ないんだと驚いていると、「8名は多いほうだよ」とドライバーさんが言いました。
「昨日砂漠に泊まったのは、日本人の女の子一人だけだったよ~」

えー! 女の子一人?! 
他の参加者がいるならいいのですが、広~い砂漠に、
女の子一人だけで泊まるのは心細かったのでは?

ガイド「スタッフもいるから大丈夫だよ~」

砂漠を独り占めできるから、かえっていい思い出ができたかも?


砂漠に到着

17:20頃、砂漠に到着しました!

DSC05483 (2)

砂漠を走るので、ここでタイヤの空気を抜きます
上の写真には車が数台しか映っていませんが、あとからあとから車がやってきました。
ツアー客は自由に砂漠を歩いて、写真撮影会。

車を離れる際、ナンバーを覚えておくと後で役に立ちます。
……実は、ドライバーさんたちがね、みんな同じ顔に見えるの(すいません)
日焼けした肌、黒髪、サングラス、同じユニフォームなので。
車もみんな同じだから、どれに乗ってきたか分からなくなりますっ


DSC05511 (2)
砂漠に咲く花。どうやって栄養を得ているんだろう。


サファリライドスタート

車の準備も出来、エキサイティングな砂漠ドライブの始まりです~。
ドライバーさんが、陽気な音楽をかけました。一気に盛り上がる車内!

DSC05498 (2)


こんな感じで、列になって進んでいきます。

DSC05493 (2)


車内は上下左右に揺れる揺れる!
ドライバーさんのテクニックが光ります。

DSC05497 (2)
バックミラーにつけてある飾りが、横に振れているのがおわかりでしょうか。

「わはははは!」
「ひゃあー!」
「うわっ!」

車内のテンションもアップ! 楽しい!
車が揺れるたびに、みんな同じ方向にぐいーんと傾きます。

動画も撮りましたが、車内が揺れるものだから、ろくな映像が撮れていませんでした(笑)
ぶれっぶれの映像の中に笑い声がたくさん入ってましたー。


DSC05507 (2)

オレンジ色の矢印で示した車にご注目。
あんなふうに、砂漠の山のてっぺんでわざと止まったりするんです。

ジェットコースターの急降下時と同じ角度になっているのに、
そこで15秒ほどストップするものだから、車内は楽しい悲鳴でいっぱいに。

いやー、スリリングでわくわくするドライブでした!
私も夫も酔わない方ですが、念のため酔い止め薬は飲んでおきました。
おかげで純粋に楽しむことができました


DSC05517 (2)
これは、砂にはまってしまった車を、牽引して救出しているところ。
こういうこともあるんですね。


砂漠で遊ぶ

ドライブの途中で、休憩の時間もあります。

DSC05523 (2)

夫が砂山の上から、手を振ってます。
「こっちおいでよー」

でも、砂山の上に上るのはけっこう大変なんです。
砂漠の砂はサラサラで、歩くと埋まってしまいます。
川の中を歩くような感じで、一歩一歩がきつい。

夫「裸足のほうが歩きやすいよ~」
私「裸足?!」
夫を見ると、手にサンダルを持ってました。

しばらく足元を見つめていましたが、私もえいやっと靴を脱ぎ、裸足になって砂山を登りました。
砂が気持ちいい~!

砂漠の砂って、ザラザラじゃないんです。サラサラ。
ルーセントパウダーみたいな感じ。

写真を撮っていると、たまにレンズに砂がつきます。
小さい小さい粒みたいなのが、点々と。
砂漠でのレンズ交換は避けたほうがいいかもしれません。



DSC05527 (2)

夕日がダイヤモンド~。


DSC05520 (2)

初めての砂漠を満喫中。



こちらは、途中で寄った、ラクダ牧場。

DSC05532.jpg

オスのラクダは8頭ぐらいで、
メスのラクダと子供ラクダが合わせて100頭ぐらいとのことです。
繁殖させるには、こういうハーレム状態の方が都合がいいからかな。



DSC05544.jpg

夕焼けが濃くなってきました。
キャンプサイトに向かいます。(続く)

ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント




プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。