スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記06】エティハド航空・無料シャトルバスの利用方法

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_3.gif 3.0

DSC05391 (2)

アブダビからドバイへは、エティハド航空のシャトルバスで向かいました。
参考にしていただけるよう、シャトルバスの乗り方などについて記しておきます~。


エティハド航空の便はアブダビ空港に到着します。
この航空会社を使った場合、ドバイまで無料のシャトルバスを利用できます!
シャトルバスは行き先によって2便あります。
etihad_bus.jpg 
Aがアブダビ空港です。
①のグレーの線がドバイ・マリーナ・モール行。(ヤシの木の形の島があるあたり)
②の青い線がエティハド・トラベルモール行。(もう少し市内寄り)
二つの停留所を順に回るのではなく、行き先によってバスが違います
正確な停留所の位置については公式サイトをご確認ください。同ページに時刻表もあります。


予約は必須

DSC05390 (2) 
アブダビ空港のターミナル3出口から出ると、目の前にバスが止まっています。

一番早いシャトルが、ドバイマリーナ行き7:30、エティハドトラベルモール行き7:45です。
朝一の便は二つともかなり込み合っていましたので、予約を必ずしていった方がいいと思います。

上の写真だと空いているように見えるかもしれませんが、これは次の便のバスです。
このバスに乗ろうとしたら、「前のバスに乗れ」と言われました。
そちらを見たら、 行列ができていました…。

案内係の人に航空券の半券を見せようとしたところ、「バウチャーを見せて」と言われました。
そこで、Expediaで航空券と一緒に予約したときの予約票を見せたら 、こちらのバスに乗れと言われました。
どのバスがどの行き先なのか記載がないので、案内されたバスに乗れば安心です。 席は自由席です。
車内は満席。人が多かったので、15分ぐらい遅れて発車しました。


DSC05395.jpg 
車内では、航空券の半券のチェックがありました。
その後、一人一本の水が配られました。エティハドのマーク入り。
この水、あとでほんとに役立ちました。
でも帰りのバスの中ではこのサービスがなかったので、けっこう適当なのかも?



DSC05399.jpg 
アブダビからドバイまで、こんなふうに砂漠沿いの道を進みます。
ぜーんぜん景色が変わりません。
たまに、大きな広告が建ってます。



DSC05400.jpg 
ドバイに近づくと、こんなふうにビルが増えてきて、一気に近代的になってきます。 
さっきまで砂漠しかない道を走ってたので、
タイムマシンに乗って人類の繁栄の様子を見ているような気分です。


エティハド・トラベルモール

DSC06177 (2) 
エティハド・トラベルモールの停留所には、9:15頃に到着しました。
所要時間は75分ということでしたが、出発が遅れたため90分かかりました。

トラベルモールは、ノール・イスラミック・バンク駅の出口から100メートルぐらいです。
ただ、歩道橋でシェイクザイードロードを渡って反対側に行かないといけないので、
乗り場までは徒歩数分かかります。地図は公式サイトにあります。
客待ちのタクシーもいたので、ここからタクシーで宿泊ホテルに向かいました。


IMG_1802.jpg 
トラベルモールの中はこんな感じ。
2013年4月下旬にオープンしたばかりなので、ぴっかぴかです。
トラベルモールとありますが、買い物するような場所はありません。
ここでシティチェックインができます(出発時刻の 24 時間から 6 時間前まで)。

帰りのときは、ここでチェックインしてスーツケースを預け、航空券を発券してもらいました
シティチェックイン済みだと、空港でカウンターに寄る必要がないので
そのまま出発ゲートに向かえます。

* * *

このシャトルバス、乗り心地は快適でした~。
エティハド航空の利用者であれば無料で乗れるのも嬉しいです

ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント




プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。