スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【黒川温泉】入湯手形を使って、日帰りで3湯めぐり〈熊本〉

訪問日:2012年8月
満足度:ico_grade6_5.gif 5.0

DSC01193.jpg 

昨年の夏、夫と一緒に熊本県の黒川温泉を訪れました。
上の写真のような「入湯手形」(1,200円)が販売されていて、
これを使うと、好きな3か所の温泉に入ることができます! 湯めぐりにぴったり

入湯手形は首から下げられるように、長めのひもがついています。
紙のチケットじゃないので、ぬくもりを感じます。
木を使って作っているからか、形も一つ一つ、微妙に違います。
かわいい入湯手形をぶらさげて、湯めぐりを楽しんできました~♪


黒川までのドライブ

大分県の実家を出て、きれいな景色を眺めながら黒川までドライブ。

DSC01167.jpg 

緑のグラデーションが美しいです。
グラスグリーン、オリーブグリーン、モスグリーン。

きれいだね、と言いながら窓の外にカメラを向けていたら、なんだか景色が見えづらくなってきて。
おかしいなと思ったら、でした。 
どんどん視界が悪くなっていき、下の写真のような状態に…。

DSC01172.jpg 
夫も気をつけながら運転していました。


霧の道を抜けて、黒川温泉に到着!
DSC01174.jpg  DSC01180.jpg

ここは昔ながらの温泉郷という感じで、とーっても雰囲気がいいです。
3か所の湯めぐりをしている間、銀行やパチンコ屋(温泉街でよく見る)など
生活感を感じさせるものに出会いませんでした。

一つの温泉から別の温泉に向かう道も、いい感じです。
木々がつくる影の下を歩いたり、細い坂道を下ったり、川のせせらぎを聞きながら歩いたり。
宿泊客は浴衣に入湯手形をぶらさげて道を歩いています。
浴衣姿が違和感のない街です。


一湯目 旅館 美里

DSC01175.jpg 

最初に立ち寄った温泉は「旅館 美里」さん。

お風呂は小さめでした。洗い場はなかったような。
いつも夫とは「何分後に待ち合わせ」と決めてからお風呂に向かうのですが、
ここの浴室に時計は置いてありませんでした。
美郷の湯の時計は、湯の成分の影響で三日で狂うそうです(!)
適当に時間を見計らって出ましたが、時間を気にせずお風呂に入るのもいいものですね

硫黄のにおいが強くて、温泉に来たぞーって感じでした。お湯はぬるめです。


おやつタイム

二湯目に向かう途中、かわいいお店を発見。
阿蘇黒川温泉「どらどら」さんにて、名物の「どらどらバーガー」を購入!

DSC01185.jpg 

阿蘇小国ジャージー味&デコポン味です。一個200円
  
DSC01182.jpg 

風情ある街並みを眺めながら、いただきまーす。

DSC01183.jpg 

どらやきの皮の中に、あんことクリーム大福が入っています。
食べ比べは、阿蘇小国ジャージーの勝ち。
濃厚なバニラアイスのようなコクがあっておいしかったよ!


二湯目 ふもと旅館

湯けむりに誘われて、二湯目はふもと旅館さんへ。

DSC01187.jpg 

ここのお風呂は、女湯のほうが高い位置にあります。
古いけどきちんと磨かれた階段を、ぎしぎし言わせながら上ります(楽しかった)

階段を上っただけあって、お風呂の眺めはとてもよかったです。
お風呂場のまわりの竹の葉が、空からお風呂を覆い隠すように
幾重にも重なって天井を作っていました。
暑い夏でも竹が日射しを遮ってくれました。
山の中のお風呂という感じで、心がほぐれました~♪

男湯には寝湯があって、川がよく見えたそうです。(夫談)
お湯は、美郷の湯よりは熱めでした。洗い場は二つ。


三湯目 黒川荘

最後は、黒川荘さんにやってきました。

DSC01200.jpg 

ここには、内湯が1つ、水風呂が1つ、露天風呂が2つありました。
露天風呂は岩風呂と観音風呂です。

岩風呂のほうは、対岸の大きな屏風岩を眺めながらお風呂に入れます。
灰色の、大きな大きな岩崖という感じ。
ここに入ると、視界いっぱい、岩になります!

お風呂につかり、首を上に伸ばして、屏風岩を観察します。
ただ……岩風呂は熱い熱い!(笑) 
もっと屏風岩を眺めていたいのですが、ゆでダコになる前に退散。

観音風呂のほうは、熱すぎるということもなく、ゆったりつかれました。
内風呂には洗い場が7つくらいあって、シャンプーなども用意されていました。
すべてのお風呂がゆったり作ってあって、居心地がよかったです。

休憩室のようなところがあり、夫との待ち合わせがしやすかったのもポイントです。
DSC01197.jpg 

* * *

一日で3つの温泉に入り、お肌もつやっつやになったところで黒川を後にしました。
それぞれ趣向の違う3湯を、一枚の入湯手形で楽しめる。何て太っ腹なの黒川温泉!

私たちは日帰りで一気に使いましたが、この手形は半年間有効なようなので
ちょこっとずつ湯めぐりを楽しむのもいいかもしれません。

お風呂の雰囲気の良さ・きれいさ・設備の良さで言うと、
(あくまで個人的な感想ですが)黒川荘>ふもと旅館>旅館 美里 の順です。
温泉のお湯で言うと、旅館 美里さんのお湯が一番なめらかで気持ちよかったです。
入湯手形が使える温泉は全部で24軒もあるので、次回行ったときはまた別の温泉に入ってみたいです♪


黒川温泉へのアクセス方法  (最新の情報は必ずご自身でご確認ください)

料金入湯手形(1,200円)で3湯入浴可能
入湯手形に関する詳細は公式HP
入湯手形の
利用時間
8:30~21:00
交通アクセス公共交通機関で行きづらいため、
車・レンタカーの利用が推奨されています。
詳細は公式HPの交通案内をご参照ください。
黒川温泉の湯めぐりマップはこちら(PDF)

私たちが行ったときは大きな駐車場がいっぱいで、第三駐車場に止めました。
第三駐車場からでも、上記の3つの温泉は徒歩で回れました。

DSC01196.jpg


web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント




プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。