スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【2013年バリ島旅行記08】難易度が高かった、カクテルパーティ

訪問日:2013年1月
満足度:ico_grade6_2.gif 2.0

DSC03854.jpg

バリコレクションからホテルに帰ってきたところ、机の上に手紙が置いてありました。
開封してみると、中には、カクテルパーティへの招待状が。

このホテルでは毎週水曜日、クラブルーム宿泊者を対象にカクテルパーティを開催しているそうです。
何だか楽しそうだし、おいしいものも食べられそう。
出欠を内線で知らせてくれとのことだったので、電話して出席する旨を伝えました。

困ったのは、何を着ていくか、です。
招待状にはこんなふうに記載がありました。
Dress code: Smart Casual

すまーと かじゅある。
……悩みます。
どういう格好で行けばいいの?
手持ちの服は、スーツケースに入っている数着しかありません。

夫「俺たしか、襟付きのポロシャツ持ってきた」
私「襟付きだったら大丈夫だよ。それ着たら?」
夫「あっ! でも下に履くやつ、ジーンズとハーフパンツとカーゴパンツしかない…」
私「ジーンズはダメだよー。でも、ハーフパンツもカーゴパンツもダメだよね…」
夫「しかも、靴がスニーカーとサンダルしかない」
私「……」

この時点で、「どうして出席するなんて言ってしまったんだろう?」と二人とも後悔

結局、夫はポロシャツに買ったばかりの麻のハーフパンツ、
私は黒のジャージーワンピを着ました。
二人とも足元はサンダルです
サンダルはこういう場にふさわしくないんでしょうが、バリ島に革靴なんて持ってきていません…。
「この格好では入れません」と言われないかドキドキしながら、会場へ向かいました。


いざ、会場へ

会場の入り口で名前と部屋番号を告げると、受付の方が
夫の胸に造花のブローチ(一番上の写真)、私の髪にフランジパニの花を挿してくれました。

会場は広くて、他に5組ほどしかゲストがいませんでした。
DSC03845.jpg 

一番気になっていた他のゲストの服装を見てみると、ピンキリでした。

そのままビーチをお散歩できそうなラフな格好(Tシャツにハーフパンツ、サンダル)の人もいれば、
長袖のボタンダウンシャツにスラックスという人もいました。
女性はリゾートワンピが多かったかな。

そこまでお堅い雰囲気ではなくて、ほっとしました。
ここにTシャツで来た方に親近感を覚えました(笑)

* * *

スタンド式のテーブルがあったので、そこで二人で食事をとろうと思ったところ、
スタッフの方が「滞在を楽しまれていますか」と話しかけてくれました。
当たり障りのない会話をして5分ほど経過。
会話が途切れてちょっと気づまりな沈黙が落ちても、
彼女は私たちの元を去る気配がなく、また新しい話題を振ってきます。

なぜ、こんなに話しかけてくるのだろう…?と思って会場を観察してみると、その理由がわかりました。
ゲストを退屈させないように、一組に一人のスタッフがついて話し相手になってくれるようです!

私と夫はただ、おいしいものが食べられたらいいなあ~ぐらいの感覚で来たのですが、
向こうはサービスのスタッフまで配置して、ゲストをもてなしてくれるようです。

ずっと話相手を務めてくれるんだと悟ってからは、
会話を盛り上げるように努力しました。全力で。

話題は、ジャカルタはバリ島よりも都会だということ、日本の地価が高いこと、緊急地震速報のことなどいろいろ。
日本の政治について尋ねられたので、説明をしようとしたのですが
国会(Diet)」という英語が出てこなくて苦労しました。

そんなこんなで1時間が経過し、彼女が「ちょっと失礼」と席を外したタイミングで、
私たちも会場を出ることにしました。

沈黙を作らないように話題を考え続け、英語を使い続けていたので、
頭が1時間ぶっ通しで自転車をこいだ後みたいに疲弊していました。
二人だけにしておいてくれたほうが気が楽だったな、と考えてしまいました。
こういうパーティに慣れている方ならよかったのかもしれませんが、
私たちには難易度が高すぎました。英語で堅めの話をするのは難しい。
食事の味は、全然覚えていません(涙)

DSC03846.jpg 


web拍手 by FC2

コメント

☆2つ・・・なんですね(笑)
カクテルパーティーだなんて!
食事と物珍しさにつられてろぼたんもうっかり参加するって
言っちゃいそうです!!
でも、絶対行かない~これはムリ~Σ(´Д`;)
バリ島だからそんなに堅苦しいドレスコードはない・・・とは思えても
英語のかたい話で1時間は、リゾートを味わうどころか
全力疾走のフルマラソンではないですかε=(ノ゚Д゚)ノ
絶対忘れられない旅の思い出ですね♪

旅先で洋服買うのってステキですね!旅先でも帰ってきてからもルンルンしちゃう。
ろぼたん夫婦も今度からまねっこすることにします♪
いつもワクワクするアイディアをありがとうございます♪
そうなんですー。
かっこいい響きにつられて参加してみたら、辛かった~。
食事もいろいろあったんですけど、
味を全然覚えてません…。
ちょっと背伸びしすぎたかなという感じです。
失敗談ではあるんですけど、
これも旅の大事な思い出のひとつ( ̄∇ ̄)

旅先で洋服買うのは、おすすめですよe-420
リゾートにいくと、華やかなワンピースとか着たくなります♪
結婚してから長いと、
お互いのワードローブをすべて把握していますよね。
一緒に選んだ新しい服を着て旅を続けるのは、新鮮で楽しいですよー。

コメントの投稿

非公開コメント




プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。