スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【2013年バリ島旅行記01】大韓航空の機内食とエアポートタクシーの混雑

訪問日:2013年1月
満足度:ico_grade6_2h.gif 2.5

DSC03752.jpg

1月1日の17時5分、乗り継ぎ地のソウルからバリ島へ向けて出発しました。
バリ島までのフライト時間は7時間35分
その間 私に許されたスペースは、上の写真のような小さい空間です。
耐えるぞ~。


窮屈な椅子におとなしく収まって、しばらくたった頃。
機内食が運ばれてきました! やったー。

foodpic3136457.jpg 

これはチキン。お味はふつうでした。
左上の白いもの、ミルクプリンに見えるかもしれませんが、お豆腐です。
ゆずぽんみたいなソース(黄緑の袋)をかけて食べます。

食後には、アイスクリームが配られました。
アイスがたくさん入ったカゴを手に持ったCAさんが回ってきたので、
どの味にしようかとカゴの中を見まわしていたら、
CAさんに笑顔で「全部同じです」と言われました。

恥ずかしー! 
時間をもどしてー!

* * *

…機内ではあと一回、夜食のサービスがあります。

アイスの時と同様にカゴを手に持ったCAさんがやってきました。
ピザとおにぎりが入っていて、お好きな方をどうぞ、ということでした。
今回はさっとスマートに(笑)、ピザを取りました。

DSC03755.jpgピザは紙箱に入っていました。

このピザがおいしかった!!
機内なのに、あつあつです!
大きさはブリトーぐらい。

夜のフライトで明かりが落とされた中で配られたので、
夫はおにぎりを取ってしまったそうです。

ここはピザがおすすめです~。


機内で済ませておくことの一つに、入国カードや税関申告書の記入があります。
夫婦で何度も旅をしていると、少しずつ役割分担が決まってきますよね。
私は「めんどくさい書類を書く係」です。

夫は細かいことが嫌いで、こういう作業には向いていません。
だから夫の分も書いてあげて、署名欄だけ空欄にして渡します。

ちなみに夫は「知らない人と世間話をする係」を担っています。
タクシーの運転手さんが話好きだったときなど、夫が上手に話をつなげてくれて助かります。


デンパサール空港に到着

23:40、常夏のバリ島に到着しました。
飛行機を降りたとたん、肌にまとわりつくような湿気。夏だー!
一刻も早くヒートテックを脱ぎたいのですが、空港ではいろいろな手続きが待っています。


・ビザの購入 

まずはビザの購入から。バリ島はビザが必要なのですが、到着してから空港で買えます。
VISA ON ARRIVALの列に並び、二人分のビザを購入。
到着した人たちがみんな列に並ぶので、場所はすぐわかると思います。
(なお、ガルーダ航空だと機内でビザを買えるそうです。便利!)

飛行機が前方の席だったので、ビザ購入の列に並んだ時間は5分ぐらいでした。
ここでは日本円が使えます。ただし硬貨は使えません。紙幣のみです。
おつりはバリの通貨であるルピアでもらいます。


・入国審査通過 

そのビザを持って、入国審査へ。ここでは10分くらい待ちました。


・荷物のピックアップ 

私たちの場合、ここで20分くらい待った気がします。
うちのスーツケースが出てくるの、最後から数えたほうが早いくらいでした。

スーツケースをピックアップしたあとはX線検査の列に並ぶのですが、
ここでポーターがスーツケースを運ぼうと寄ってくるので注意です。
彼らは当たり前のように荷物を持とうとするので、
この空港の自然なサービスのように思えますが、無料ではありません。
あとでチップを要求されます。

荷物が多いのであればお願いしてもいいかもしれませんが、
私たちは二人でスーツケース一個だったので断り、自分で運びました。


・両替 

空港には両替カウンターが3つくらい並んでいました。
そこに近づくだけで、それぞれのカウンターのスタッフから猛烈なアピールが。
「やすいよ!」「おねえさん、こっちこっち!」
ライバルなんですね、きっと。

あまり時間もなかったので、一番近いカウンターで両替しました。
1月1日のレートは、1ルピア=0.009円でした。


・エアポートタクシー 

私たちは個人旅行だったので、送迎がついていません。
ホテルまではエアポートタクシーを利用しようと考えていました。

これは、空港カウンターで行き先を告げて料金を払い、指定されたタクシーに乗るという方法です。
これだと安全ですし、それ以上の料金を要求されないので安心です。

ただ!一つ問題が…。
下の写真は、1月1日深夜のエアポートタクシー待ちの列です。

IMG_1461.jpg 

エアポートタクシーのカウンターで手続きをするための、長い長い列。
お正月休みなので、人が多いだろうとは思っていましたが、ここまでとは。
いつになったらホテルに着いてゆっくりできるんだろう…?とため息。

待っている間、流しのタクシーの運転手さんが客引きに来ます。
これに乗っちゃおうか…と心が揺れましたが、
どんなトラブルに遭うか分からないので、じっと待つことにしました。
結局ここで30分間、立ちっぱなしで待ちました


やっと自分たちの番が回ってきたので、
カウンターでホテル名「ヌサドゥアビーチホテル」を告げます。
ホテルはヌサドゥアエリアにあるということで、料金は10万ルピア(≒900円)でした。

料金を払った後、運転手さんと一緒にタクシーに向かいます。
空港からホテルまでは20分くらいでした。

やっとやっと、横になって寝られます!


web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント




プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。