スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記30】パーム・モノレール車内からアトランティスホテルを眺める

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC06024.jpg 

ドバイで世界的に有名なホテルと言うと、
一つが前回ご紹介した7つ星ホテルバージュ・アル・アラブで、
もう一つがこのアトランティス・ザ・パームなのではないかと思います。

アトランティスホテルは、パームアイランドという人工島の奥に建っています(地図のAの位置)。
パームはヤシの木という意味です。地図を見ると、島がヤシの木っぽい形をしています~。
palmmetro.jpg 

モノレールに乗ると、この島の形をちょっとだけ確認することができます。 
下の写真、陸と海が交互に来ているのが分かるでしょうか。
IMG_1845.jpg  
(ちらっとしか見えないけど)ヤシの木の葉っぱ部分です~。


ヤシの木の根元部分からアトランティス・ザ・パームまでは、モノレールが開通しています。
今回はモノレールに乗って、パームアイランドに渡ってみたいと思います。


モノレールのチケット

モノレールのゲートウェイステーションはメトロの駅から遠いので、タクシーで行くのがおすすめです。
マディナ・ジュメイラホテルからだと、5分で着きました。運賃は13AED(約360円)でした。

時刻表です。
DSC06016.jpg 


チケットの自動販売機です。

DSC06013.jpg 

モノレールには4つ駅があるのですが、真ん中の2つはオープンしていません(2013年5月現在)。
ゲートウェイ駅から乗ってアトランティス・アクアベンチャー駅で降りる、もしくはその逆しかできません。

チケットを買おうと自販機の前で表示を見ていたら、スタッフの方がやってきて全部やってくれました(!)
ご親切に甘えて、購入してもらいました。


DSC06015.jpg


パーム・モノレールの車内

DSC06073.jpg
モノレールの中は青を基調としたデザインです。
パーム・アイランドの形がマークになっています。

DSC06072.jpg
一生懸命写真を撮っている夫その2(笑)

夫はカメラにあまり興味がありませんが、テンションが上がるとiPhone5を取り出して撮影を始めます。
だから、今すごく楽しいと思ってることが態度で分かるんです~。


モノレールから見える景色

行きは最前列をゲットして、帰りは混んでいない車両に乗りました。

最前列の席だと、目の前に線路が見えます~。
お台場のゆりかもめとか、ディズニーリゾートラインみたいなイメージです。

DSC06019.jpg 
線路の両側に、マンションがたくさん建っています。高級住宅地です。

でも、モノレールが先に進んでいくと…

DSC06021.jpg 
こんなふうに未開発の土地ばかり。
残り2つの駅が開業するのはしばらく先になりそうです。

あ、アトランティス・ザ・パームが近くなってきました!

DSC06023.jpg


ばーん。


DSC06066.jpg 
アトランティス・ザ・パームです。
大きい!

※写真が緑っぽくなってしまっていますが、これはモノレール側面の窓から撮ったためです。
最前列の窓と異なり、側面の窓にはUV加工をしているのではないかと思います。



DSC06064.jpg 
ホテルの前にはビーチが広がっています。
こちらはホテル宿泊者用のビーチだと思います。
(ホテルの中からこのビーチ側に出るドアの前には、ガードマンがいたため)


モノレールの中から、アクアベンチャーというウォーターパークも見えます。
宿泊ゲストでなくても、入場料(210AED、約5,880円)を払えば遊べます。

DSC06063.jpg

窓から見える景色に釘付けになっている間に、終着駅に到着しました!
カメラ好きさんも、乗り物好きさんも楽しめると思いますっ

なお、モノレールに乗車中にアトランティス・ザ・パームを撮るなら、
進行方向左側の席のほうがよく見えると思います。
(ゲートウェイ駅発、アトランティス・アクアベンチャー駅行きの場合です)

アトランティスホテルの中を探検した記事については次回に。


帰りのアクセス

帰りのモノレールで見えた景色です。

DSC06074.jpg

パーム・アイランドからドバイ側に戻ってきました。

ゲートウェイステーション駅に着いたあと、 駅できょろきょろしていたら
寄って来たお姉さんに「タクシー?」と言われたので頷きました。
そうしたら高級タクシーを案内されてしまいました

普通のタクシーも客待ちをしているのが見えたので、そちらに乗ればよかったなと後悔。
高級タクシーだと、エミレーツモールまでなんと50AED(1,400円)もかかってしまいました。
普通のタクシーだとこの1/3ぐらいで済んだんじゃないかしら。
でも高級タクシーだと乗り心地はいいし、危険な場所まで連れて行かれることはないだろうから
お金で安心を買うと考えればいいのかもしれません。


ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)
スポンサーサイト

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記29】マディナ・ジュメイラから撮る7つ星ホテル――バージュ・アル・アラブ

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_4.gif 4.0
DSC05987 (2)

ドバイに行ったことがない方も、帆船をイメージしたホテルの写真を
どこかで見たことがあるのではないでしょうか。
ホテルの名前は、バージュ・アル・アラブ。
7つ星ホテルです。
全室パノラマビューのスイート。各フロアにバトラーがいて、ゲストの旅をアレンジしてくれるそうです。
……一泊ですね、15万円ぐらいしますっ 
ひぃ~

超豪華ホテルだけあってセキュリティが厳しく、基本的に宿泊ゲストでないと入れません。
ホテル内のランチやアフタヌーンティーの予約をすれば宿泊しなくても入れますが、
アフタヌーンティーだけでも一人360AED(約1万円)します。
二人で2万円…(笑) 

7つ星ホテルの中に潜入するのはあきらめたのですが、
マディナ・ジュメイラというホテルに見学に行った際に
敷地内からバージュ・アル・アラブの写真が撮れたので、載せたいと思います~。


マディナ・ジュメイラ

マディナ・ジュメイラというホテルにやってきました。
敷地内にスークがある豪華ホテルです。

「スーク・マディナ・ジュメイラまで」と言ってタクシーをつけてもらった場所です。
大きな門です。
DSC05994.jpg 
上の写真で黄色い矢印を引いた方向に、バージュ・アル・アラブが見えます。


門の前に立って眺めてみると、麗しのホテルが。
DSC05993.jpg 


ここからは、こんな写真が撮れます。

DSC05990.jpg 

私が今いる場所は「マディナ・ジュメイラ」というホテルの敷地内なのですが…
パズルのピースをはめ込むように、別のホテルであるバージュ・アル・アラブが景観に溶け込んでいます。

バージュ・アル・アラブは1999年完成、マディナ・ジュメイラは2003年完成なので、
バージュ・アル・アラブが美しく見えるよう意識して、ホテルの庭や水路をデザインしたんでしょうね。
ライバルのホテルを利用して自ホテルの価値を高めています。うまい戦略だなあ。



DSC06002.jpg 

美しい建物ですよね。


DSC060022.jpg 

ホテルの青いライン、微妙に色が異なるのがおわかりでしょうか。
濃い青と薄い青、2色が交互になっているようです。

ホテルの側面には、よくわからないものが斜めについています。
最初は非常階段かと思ったのですが、一段一段が離れていて危険すぎますよね(笑)
デザインのためかな。

一番上についている平べったいものもよくわからないのですが、
綺麗な丸みをおびていて、手で持ってみたくなります。

マディナ・ジュメイラの中を探検

スーク入り口から見えたバージュ・アル・アラブの写真を撮ったあとは、
マディナ・ジュメイラをぶらぶらと散策してみました。

DSC05988.jpg 
ホテルの敷地内に、こんなスークがあります。
ホテルの中にあるということで、オールドスークやゴールドスークより綺麗だし、冷房も効いているし、
入っている店もおしゃれなものばかりでした。

ホテルの敷地内には水路が流れています。

DSC05989.jpg 


宿泊客は船で移動するようです。

DSC05995.jpg 


川沿いにお散歩していたら、バージュ・アル・アラブがきれいに見えました。
 
DSC05996.jpg 

上の写真の橋の上で撮れたらベストだと思って向かったのですが、
橋の近くにはガードマンがいて、ホテルのキーがないと先へ進めませんでした。
マディナ・ジュメイラに泊まった方は、ぜひあの橋の上で写真を撮ってみてください~。

なお、バージュ・アル・アラブがよく見える位置にレストランのテラス席(写真の黄色い矢印)があるので
そこで食事をしながら景色を楽しむのもよさそうです。 ここは宿泊客でなくても行けます。
お昼は暑くてテラス席にいづらいので、夕方~夜がいいかも。


橋の上には行けなかったので、ちょっと遠くから写真を撮りました。

DSC05997.jpg 
一生懸命iPhoneで写真を撮っている夫。かわいい。


DSC06006.jpg 

この場所からだといわゆる記念写真が撮れますが、ヤシの木のはっぱがホテルにかかってしまいます。
人が入らない写真なら、一番最初にご紹介した門から撮るのがいいかもしれません~。


ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記28】ゴールドスークのゴールドリング

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_4h.gif 3.5

DSC05940.jpg

※今週はすごく忙しく、更新まで間が空いてしまってすみません。
元気にドバイ旅行記の続きを書いていきたいと思います


アブラ(船)でドバイクリークを渡った先に、スパイススークゴールドスークがあります。
スパイススークにはスパイスを扱ったお店が並び、
ゴールドスークにはジュエリーを扱ったお店が並びます。

今日は、二つのスークをご紹介したいと思います。


スークがあるエリア

スークがある地域の様子です。

DSC05926.jpg

雑多な雰囲気で、生活感にあふれています。アジアっぽい感じ。
今までいた地区は高層マンションばかりでしたが、ここはもっと庶民的な感じ。

驚いたのは、「通りを歩いている人がけっこういる」ということです。
それが当たり前なんじゃないの、と思われるかもしれませんが、
観光スポットや高層マンションがあるあたりって、通りを歩いている人がほとんどいないんです。
暑さを避けてみんなタクシーを使って移動するため、歩いている人を見かけないんですよね。


スパイススーク

まずはスパイススークからご紹介していきたいと思います。

DSC05922.jpg 

このスークにはスパイスを扱ったお店が集まっているのですが…

DSC05923.jpg 
上の写真を見ていただくと分かるとおり、お昼休みで閉まってるお店ばかり(涙)
来る時間帯を間違えたなと思いながら、見て回ります。


あ、このお店は開いてた~。

IMG_1795.jpg
スパイスが並んでいます。色とりどりのクレヨンみたい。


DSC05921.jpg 
それぞれのスパイスの名前の表示もないし、値段もないので、観光客は買いづらいかもしれません。


DSC05924.jpg 
かわいいランプもありました。
でも、スーツケースに入れて持ち帰るのは難しそうです~


ゴールドスーク

こちらはゴールドスークです。 スパイススークから徒歩5分くらいかな。

DSC05942.jpg 
ゴールドを扱っているのに、スーク自体は簡素な感じ。
写真だけ見たら、地方都市の商店街みたいですよね。

ちょっと寂しい感じのスークですが、
お店で扱っているのはこの世で一番華やかなものです。


ばーん!


DSC05935.jpg 


金!


DSC05939.jpg 


ショーウィンドウはゴールド一色。煌びやかです。

DSC05934.jpg DSC05938.jpg

ジュエリーはどれもどっしりした造りなので、日本でつけたら目立ちそう(笑)


金の価格表です。
DSC05943.jpg
18Kから24Kまで。 1AEDは(旅行当時で)28円くらいでした。


ゴールドリング

ゴールドスークに行ったら、見逃せない展示物があります。

DSC05927.jpg
スークの入り口近くに、人だかりができているのがお分かりでしょうか。


みなさんのお目当てはこれです。

DSC05929.jpg 

どーん。
世界一の大きさの、ゴールドリングです。



DSC05931.jpg 

このゴールドリング、大きすぎます(笑)
なんでこの巨大な物体に「リング」ってつけちゃったんでしょう。

リングではなく、ましてや腕輪でもなく…。
チャンピオンベルトにしても大きすぎます。
フラフープです。



DSC05933.jpg

世界一のリングを作ろう…というところから始まって、
最終的にこんなに大きくしちゃうんですね。ニヤッとしちゃいます。


メトロの駅にご注意

ゴールドスークを見た後はメトロで帰りましたが、
いつもの感覚で駅を探していたら迷ってしまいました。

DSC05946.jpg 
ドバイメトロのレッドラインは、すべて上のデザインの駅舎なんですが
グリーンラインのアル・ラス駅はこのデザインではありませんでした。

DSC05946.jpg

線路も地下にあって地上からは見えませんので、ご注意くださいね


ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)

web拍手 by FC2


プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。