スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【2013年バリ島旅行記12】ヌサドゥアビーチホテル・クラブルームのお部屋

訪問日:2013年1月
満足度:ico_grade6_4.gif 4.0


DSC03964.jpg 

旅の楽しみの一つは、ホテル♪
長~い人生の中で、たった数日暮らすお部屋ですが、
その間は自分たちのお城です。 
自宅とは違ったインテリア、見たことのないテレビ番組。 たのしい。

DSC03965.jpg

DSC03770.jpgスリッパはリゾート仕様でした。
楽だし涼しいし、いいですよ~。


ウェルカムフルーツ。

DSC03768-horz.jpg 
モンキーバナナのときもナイフとフォークを用意してくれましたが、
ふつうに皮をむいてぱくっと食べました(笑)


お部屋は過ごしやすくて気に入っていましたが、一つ問題が。
……さむいっ! 部屋が寒いんです。

外出から帰ると、部屋が冷凍庫みたいに冷やされています
カードキーを抜いてしばらくたつと、自動的に冷房がONになってしまうみたいです。
他にも、窓をちょっとでも開けると、閉めたときに冷房が入ります。
あわてて冷房をOFFにするんですけど、常温に戻るまでには大分時間がかかります…。

夫(やや暑がり)はヒートテック長袖一枚でちょうどいいと言っていました。
私(かなりの寒がり)は、半袖の上にダウンジャケットを着てました。誇張じゃなくて、本当です~。
何か羽織りものは持って行ったほうがいいと思います。
ラウンジとかロビーは冷房が入っていなくて、ちょうどいい体感温度でした。


プライベートバルコニー

部屋からはそのまま中庭に出られます。
バルコニーに、アヒルが遊びに来てくれました。

DSC03809.jpg

リスにも会えました♪

DSC03783.jpg


お風呂

DSC03967.jpg 
バスタブはありますが、日本のようにバスタブの外で体を洗えないつくりです。


DSC03969.jpgその代わりにシャワーブースがあります。

ブースの中には腰掛ける場所があって、
ここに座ってシャワーを浴びると、
打たせ湯みたいになって気持ちがいいですー。
ちょうど肩や背中にあたる感じ♪





アメニティ

歯ブラシ、ソーイングセット、シャワーキャップ、シェービングキット、
ヘアブラシ、綿棒、エメリーボード(爪ヤスリ)がありました。
 
DSC03763.jpg 

DSC03765.jpg DSC03773.jpg 

無料のお水は毎日替えてくれますが、量が少ないので、一日はもたないかも。
何か冷たいものが飲みたくなったら、ラウンジに行けば作ってもらえます。

* * *

ホテルのお部屋には、分厚いバインダー式のホテルの説明書が置いてありますよね。
私はあれを読むのが大好きです
厚ければ厚いほど、読み応えがあって嬉しくなりますっ

ホテルのどこに何があるか、どんなサービスが受けられるのか、読んでいるだけで楽しいです。
ルームサービスのメニューもチェックして、
頼むんだったらどれかな~と頭の中でシミュレーションしたりします。


最後に、このホテルのお部屋で一番気に入った、ドアプレートの写真をご紹介。

doorplate.jpg

変わってておもしろい!

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

【2013年バリ島旅行記11】クラブラウンジをめいっぱい利用しよう

訪問日:2013年1月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

foodpic3200398.jpg

ヌサドゥアビーチホテルのパレスクラブラウンジでは、
アフタヌーンティー(15:00~17:00)と
カクテル&軽食(17:30~19:00)の提供があります。
クラブルーム宿泊者は無料ということで、滞在中はよくラウンジを利用していました。

アフタヌーンティーの時間帯は、
数種類のサンドイッチとスイーツ、フルーツがビュッフェ台に並びます。
スイーツは当たり外れがあったかな。
ミートパイみたいなものがすごくおいしかったです。

foodpic3200385.jpg  foodpic3200406.jpg

ドリンクは何を頼んでも外れがありません。

チャイをお願いしたら、顔なじみになったスタッフの女性が、
一番上の写真のようにきれいにセットして持ってきてくれました。
チャイのコーディネートを褒めてお礼を言ったら、
目元までぱあっと笑顔が広がりました。
それを見て私もまた笑顔になる感じです。
風邪がうつると大変ですが、笑顔がうつるのは大歓迎です♪

思い返すと、バリに滞在していた間は
受けたサービスに対して笑顔でお礼を言っていたなあと思います。
言葉の不自由さをカバーするために、
自分の感情を笑顔で表して相手に伝えようとしていたのかもしれません。


カクテルサービス

foodpic3200366.jpg 

クラブラウンジのサービスの中で、一番のおすすめがこれ。カクテルサービスです。
17:30~19:00はアルコールが無料で提供されます。
(水曜日に限っては、同時間に別室でカクテルパーティーが開催されます)

メニューにあるいろんなお酒の中から、どれを飲もうか選ぶのも楽しい。

foodpic3200358.jpg  foodpic3200356.jpg

お酒と一緒に、上の写真のようなフィンガーフードもサーブされます。
量的に夕食の代わり…にはならないかもしれませんが、フードをつまみながらお酒を楽しめます。

提供時間であればいつ行ってもかまいませんが、
時間になるとアルコール類がオーダーできなくなるので早めに行ったほうがいいかも

なお、カクテルサービスの時間帯のドレスコードは、スマートカジュアルです。
(カクテルパーティーに続き、ここでもドレスコード登場…)
私たちは前日のカクテルパーティーで、手持ちの服でも何とかなると悟ったので
今回は気軽に参加しました。

水曜日のカクテルパーティは立食形式で、話し相手のスタッフが付きましたが、
カクテルサービスは朝食時と同様、夫と二人でテーブルを囲んで食事ができます。
気持ちも楽です~。

最後に「何か温かいお飲み物はいかがですか」と聞かれたので、
どのお茶をもらおうかメニューを見ていると、スタッフの男性がベリーティーを勧めてくれました。
じゃあそれをお願いします、とオーダー。

しばらくして同じ男性がお茶とクッキーを持ってきてくれました。
その人はベリーティーの入ったポットをテーブルに置き…
いたずらっぽい目でポットのふたを開けてくれました。

foodpic3200346.jpg 

ポットの中には、乾燥させたベリー類がこれでもかというくらい入っていました(笑)
私たちのびっくりした顔を見て、スタッフの男性もにこにこ。
おすすめだけあって、すごくいい香りがして、とってもおいしかったです。
翌日の朝食のときもベリーティーにしました


web拍手 by FC2

【2013年バリ島旅行記10】アムルタで優雅なスパ体験――3時間コースで68ドル

訪問日:2013年1月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC03924.jpg

バリ島で楽しみにしていたことの一つに、スパ体験があります。

日々の雑事から解放された旅先で、
丁寧なトリートメントを受けて、リラックス。

くぅ~。しあわせ。
日本に比べてお手頃な値段で受けられることも魅力です。

バリ島には本当にたくさんのスパがあって、どれにしようか悩みました。
・宿泊ホテルから近い
・クリームバスが受けられる
・スパの雰囲気がいい
・3時間くらいのトリートメントで、予算は100ドル以下
この条件で選んだのが、アムルタさんです。

私が選んだコースは、
リラクゼーションヘアースパ(90分)+リラクシングフットマッサージ(90分)のAコース
3時間のプランです。ネット予約割引価格で68ドルでした♪
日本からお店のHPを通じて予約しておきました。日本語OKです。

私は夫と別行動の日に一人で利用しましたが、夫婦でご利用されている方も見かけました。
男性でもすべてのトリートメントを受けられるそうです。


高台にあって落ち着ける雰囲気のサロン

ヌサドゥアビーチホテルからは、15分ぐらいで到着。

DSC03927.jpg
ロビーの様子。
大人がのんびりできる雰囲気です。


DSC03925.jpg 
着いたら、お米でつくったお茶とおしぼりを出してくれます。
このお茶、甘くておいしかった!


施術前に問診票に記入したあと、クリームバスに使用するクリームを選びます。
「これはオイリー肌の方におすすめです」というように、
スタッフの方がそれぞれの効能を日本語で丁寧に説明してくれます。
DSC03924.jpg 
私は真ん中のアボカドを選びました。

貴重品はカギのかかったロッカーに入れて管理する形なので、安心です。
お化粧室も綺麗ですごくいい香り。


丁寧なトリートメント

個室のリクライニングチェアに座ってトリートメントを受けました。
まずはフットバスで足を温めます。
クリームバスの前にフットマッサージということですが、足や肩、手もマッサージしてくれました。
背中はクッションを抱きかかえた形でほぐしてくれます。

シャンプーは別の部屋で行いますが、そこも個室です。
クリームが髪に浸透するのを待っている間も、肩や腕をマッサージしてくれます。
途中で意識がなくなりました。気持ちよすぎて、寝ました…。


バリのセラピストの方が日本語で施術してくれるんですけど、その言葉が丁寧です。
「これから、ヘアトニックをつけていきます」というように、何をしているのかすべて説明してくれます。
日本の美容院やスパで使われるような、きちんとした敬語です。
シャンプー中に「かゆいところはございませんか」と聞かれたときはびっくりしました!

終わった後は、頭がすっきり。髪もつやつやです。
また行きたいなあ。素敵なサロンでした


web拍手 by FC2


プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。