2013年ソウル旅行記について

2013年お正月のソウル旅行記です。バリ島旅行のトランジットを利用した、行き8時間、帰り13時間の弾丸旅行です♪
海鮮鍋を食べたり、NANTAを観たり、スーパー銭湯に行ったり……トランジットでも楽しめました。
全部で14記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年ドバイ旅行記について

2013年5月2日~8日、GW4泊7日の旅。個人旅行です♪
利用したのはエティハド航空、ホテルは「アル・ムルージュ・ロタナ」のクラブルーム。
砂漠ツアーに参加したり、フェラーリ・ワールドに行ったり、タクシーのぼったくりに遭ったり…濃い旅でした。
全部で40記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年バリ島旅行記について

2013年1月1日~5日、お正月3泊5日の旅。個人旅行です♪
利用したのは大韓航空、ホテルは「ヌサドゥアビーチホテル」のクラブルーム。特にラフティングが楽しかったです。
全部で18記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

「2013年青春18きっぷ一人旅 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【青春18きっぷ女一人旅01】6日間の旅程表

18map.jpg

明日から、青春18きっぷを使った一人旅に出ます。
実家のある大分県を出発し、6日間かけて神奈川県に戻ります。
青春18きっぷは一枚で5回分なので、一日は18きっぷを使わない予定です。

18きっぷで利用できる電車は、JRの普通列車と快速列車。
車社会のエリアだと、もともと電車の数が少ないので、計画を立てるのも気を使います。
一つ電車を逃すと次の電車が一時間後だったりするんですよね。
うまく電車に乗れたとしても、乗り換え駅で100分待ちになったり…。
時刻表を気にしながらの旅になりますが、
その制限の中でどれだけ充実した旅ができるかという楽しさもあります。

女一人旅なので、先に宿泊予定のホテルだけは押さえておきました。
JRを使うと遠回りになって時間がかかりすぎる移動については、高速バスも利用予定です。

旅に出る前に入念に計画を立ててはみましたが、
さてその通りにうまく運んでくれるのでしょうか…。
こればかりは実際に旅が始まってみないとわからないので、
何かあっても臨機応変に対応できたらいいなと思います。

ではでは、行ってきます~。


今回の旅程を旅行パンフ風にまとめたものはこちら。
【青春18きっぷ女一人旅21】6日間の全電車スケジュールのまとめ
スポンサーサイト

web拍手 by FC2

【青春18きっぷ女一人旅02】旅の始まり〈1日目〉


おはようございます。
早朝、大分駅を出発しました~!

青春18切符の一日目のところにスタンプが押されました。
この切符がいっぱいになるまで旅を続けます。



JR九州の電車は、デザインがメタリックでかっこいいです。


まずはこれから門司港まで行き、そこからフェリーで巌流島に行ってみようと思っています♪
巌流島を観光したあとはフェリーで下関に行き、ランチを食べるつもりです。
ふぐバーガーなるものがあるそうなので、探してみます!

本日のゴールは広島です。夜はお好み焼きを食べたいなあ。


今回の旅程を旅行パンフ風にまとめたものはこちら。
【青春18きっぷ女一人旅21】6日間の全電車スケジュールのまとめ

web拍手 by FC2

【青春18きっぷ女一人旅03】門司港、巌流島、下関を駆け足で回る〈1日目〉



始発電車に乗ったおかげで、門司港駅には8時半すぎに到着しました。
でも、朝早すぎて、どこの観光スポットも開いていません。

ぶらぶらと門司港を散歩していて見つけたのが、写真のバナナマン。

右の黄色い像が、愛と正義の使者バナナマン。
左の黒い像が、エコと節電の使者バナナマンブラックです。
門司港はバナナの叩き売りの発祥の地だそうです。

個人的には、バナナマンブラックの渋さが気に入りました(笑)

こんな強面なのに、エコと節電の使者なんですっ


残念だったのは、門司港駅が改修中だったこと。



美しい駅舎を写真に撮るのを楽しみにしていたのですが、
全体的にフェンスに覆われていました。。。
去年の18きっぷ旅で門司港駅を訪れた時、もっときちんと見ておけば良かったな。


巌流島上陸

次なる目的地は巌流島。
9時25分発のフェリーで、門司港から巌流島に渡りました。
ただですねー、このフェリーが揺れる揺れる!
乗っている時間はたった10分くらいなのですが、ぐわんぐわん揺れました。
酔うかもしれない、という恐怖と戦いながらの航海でした。。。

ふらつきながらフェリーを降り、ガイドブックで見た小次郎と武蔵の像を目指しました。



そうそう、これこれ~。
ガイドブックだと大体このアングルですが、
実際に上陸すると360度好きなところから像を見ることができるので、
写真撮影がとても楽しかったです。
家に帰ってから、詳細な記事をアップしたいと思います~。

巌流島には、この像以外の見所がほぼないと言ってもいいので、
旅をお急ぎの方はパスしてもいいかも。


島での滞在時間は40分くらい。
巌流島から今度は下関に向かいます。
またまたフェリーが揺れるので、足を踏ん張って耐えました~!


下関を歩く

下関の唐戸桟橋に着いたのは10時半ごろ。
まずは唐戸市場に行ってみたのですが…



時間が遅すぎて、市場のお店は営業を終了していました。
(おみやげやさんは開いていました)
もっと上手にスケジュールを立てればよかったなあ。

元気を取り戻すべく、ランチを食べることに。
唐戸市場の隣のカモンワーフという複合施設で、ふぐバーガー(350円)を食べました♪

フグのフライに、旨味たっぷりのタルタルソースがかかっています。

フライは注文が入ってから揚げてくれるので、サックサクです!


ハンバーガーが唇、フライが舌みたいです(笑)

これねー、
大当たり~!っていうBGMを流したくなるくらいおいしかったです!!
ああ、感動を分かち合える人がいなくてさみしい~

下関に来たのだから、ふぐ会席でも食べちゃおうかしらと迷いましたが、
このB級グルメが予想以上においしかったので、こっちにしてよかったと思いました~。


次に食べたのはソフトクリーム。
せっかくだからご当地もののソフトが食べたいなと思って、
ぐるぐるカモンワーフを回ってみました。

最終的に候補に残ったのが、小野茶ソフトと垢田トマトソフト。
二人旅であればそれぞれ食べ比べできるのですが、
一人旅だと一個しか食べられません。

お茶ソフトでさっぱりするか、体に良さそうなトマトソフトにするか。
ぐーっと悩んで……トマトソフトにしました。
ファイナルアンサー?
ファイナルアンサー!


凍ったトマトをその場でアイスと混ぜてクラッシュするので、
トマトっぽいつぶつぶが見えます~。
ソフトクリームというよりはジェラートみたい?
これはふぐバーガーに続くヒットです~。おいしい!

ただ、炎天下で食べたためすぐに溶け始めてしまい、
一秒一口ペースで食べました!


最後に向かったのが海峡ゆめタワー。
高いところから門司、下関を眺めてみたいと思って訪れました。


ここから見る景色は起伏に飛んでいて、おすすめです。
いろんな展望台に行ったことのある人でも楽しめると思います。
たくさん写真を撮ったので、また改めて記事にします~。


中央に見える島が、さっきまでいた巌流島です!


今回の旅程を旅行パンフ風にまとめたものはこちら。
【青春18きっぷ女一人旅21】6日間の全電車スケジュールのまとめ

web拍手 by FC2

【青春18きっぷ女一人旅04】白狐伝説の残る、山口・湯田温泉で日帰り入浴〈1日目〉



下関から2時間近くかけて、山口県の湯田温泉駅に到着しました~。

ここ湯田温泉は、白狐が見つけた温泉だとされています。
足を怪我した白狐が毎晩お寺の池に足をつけにやってきていたそうで、
それを不思議に思った和尚さんが池の水をすくってみたところ、
なんとほんのり温かいと。
それで池を深く掘ってみたら、源泉が湧き出てきたそうです。

秋田・乳頭温泉の鶴の湯さんには、
怪我をした鶴が毎日やって来て傷を癒したという伝説があります。
動物の行動がきっかけとなって見つかった温泉は、日本全国にたくさんあるのかもしれません。


かめ福さんで日帰り入浴

さてさて、大きな白虎がいる湯田温泉駅を出て、旅館「かめ福」さんに向かいます。



この付近は、温泉街というより住宅街という感じです。
生活感にあふれた街の中に、温泉旅館が点在しているような印象を受けました。


湯田温泉らしいマンホールのふた♪




湯田温泉には日帰り入浴施設がいくつかありますが、
今回はかめ福さんを利用させていただきました。



駅から徒歩7分であること、フェイスタオル付きで入浴料800円であること、
お風呂の種類がたくさんあって充実していることが決め手でした。

お風呂の入り口です~。



靴を脱いで下駄箱にいれ、鍵は自分で保管します。
入浴料は、フェイスタオル付きで800円です。
入浴券を券売機で購入して渡すと、タオルを貸してもらえます。
貴重品については、暗証番号式の貴重品ロッカーがありました。

お風呂は、とっても広くて快適でした。
朝から精力的に活動してかいた汗を洗い流すことができ、
すっきり、シャキーン!とした気分になりました~。

露天風呂の白狐の湯は、マイクロバブルの白濁湯…のはずなのですが、
昼間は点検のためバブルの運転をやめていました。(夜は運転しているそうです)

露天風呂は塀に囲まれているので景色を楽しむことはできません。
でも、男湯と女湯の間に個室っぽいスペースがあり、
メガホンで男湯に入っている家族と連絡をとりあって、
その個室で会うことができるようです。ちょっとした混浴を楽しめます。
一人旅には縁のないサービスですが(笑)家族連れだと嬉しいと思います♪

私が気に入ったのはつぼ湯です。
へびつかいのへびのように、つぼの中でじーっとしていました。ふふふ…


夏の足湯はつらい

帰りに少し時間があったので、公園の中の足湯に入ろうとしたのですが、
太陽が元気すぎて浸かっていられないなあと判断し、見るだけに留めました。



今日の山口はとっても暑くて、日傘をさしていても町歩きは厳しかったです。
日傘を畳もうとすると、太陽にさらされた日傘が熱を持って熱いんです~。


公園の遊具のてっぺんにご注目。



こんなところにも白狐が~。



子供たちとともに遊びながら、地域を守っている白狐さんたちです。

* * *

湯田温泉を出たあとは、本日のゴールである広島に向かいます!
鈍行で行くので、所要時間3時間(笑)
その時間を利用してブログを書いていますっ
20時前には広島に着けると思います。


今回の旅程を旅行パンフ風にまとめたものはこちら。
【青春18きっぷ女一人旅21】6日間の全電車スケジュールのまとめ

web拍手 by FC2

【青春18きっぷ女一人旅05】女一人でお好み焼き店に入るのは難しい〈1日目〉



広島には20時前に到着。

予約しておいたホテルにチェックインすると、ウェルカムドリンクのサービスがありました。
冷たいオレンジジュースを飲みながら、
「あ~、広島にたどり着くという今日の目標は達成できた!」とほっとしました。

今日は朝5時半ごろ大分駅を出て、門司港~巌流島~下関を巡り、
湯田温泉でさっぱりし、広島でゴールという流れでした。
大分→福岡→山口→広島と4県をまたいで移動してきたわけです。我ながらすごい(笑)


カウンター席でお好み焼き

広島の夜の締めくくりはやっぱりお好み焼き!

ということで、お好み焼きの屋台がたくさん集まる場所に行ってみました。
ちょうどお店には誰もお客さんがいない時間でしたが、
気にせずに鉄板の前のカウンター席に座りました。
(屋台スタイルなのでテーブル席は1〜2つしかなく、あとは全部カウンター形式のお店です)

カウンター席に座ったのを後悔したのはそのあと。
女一人がお好み焼き店のカウンターに座った場合、どういう感じでいるのが良い作法なのでしょう。

お寿司屋さんのカウンターだと、
板前さんがいるスペースとカウンターの間にちょっとした高さの仕切りがありますが、
お好み焼きだと、鉄板を挟んで直に向かい合う形です。
き、気まずい…。しかもお店にお客さんは私ひとり…。

お店のお兄さんは、鉄板の上で一生懸命お好み焼きを作ってくれています。
お邪魔にならない程度にお兄さんと世間話を楽しみながら、
お好み焼きの出来上がりを待てばよかったのかもしれませんが、
話しかけようか、どうしようかと逡巡している間に時間だけが過ぎ…。

そうこうしているうちに、お好み焼きができあがりました。
「どうぞ」「ありがとうございます」で会話が終わりました(笑)

ーー話のネタがないわけではないんです。
「私、18きっぷで旅してるんですよ~。広島のお好み焼きを食べるのも楽しみにしてました」と言えば、話は膨らんでいくでしょう。
頭では分かっているのですが、どうも気まずくて、勇気が出ず。

だれかー!

他のお客さん、来てー!

…と願ったのですが、結局私が食べ終わるまで、私一人しかいませんでした。



もちろんお好み焼きはおいしくいただきましたが、
もっともっと上手に食べられたはずなのにと、ちょっとだけ苦い思い出。
女一人旅を満喫するには、まだまだレベルが足りないようです。
がんばるぞ!


一日目の支出

【交通費】
青春18きっぷ一日分:2,300円
門司港ー巌流島ー下関のフェリー代:500円
小計 2,800円

【食費】
ふぐバーガー:350円
垢田トマトアイス:300円
お好み焼きとコーラ:1,250円
ペットボトルのお茶:600円
小計 2,500円
※今日は暑くて暑くて、ペットボトルのお茶を4本も飲みました。
明日からはもっと大きい容量のお茶を買おうかなあ…。
部活に向かう男子中学生みたい(笑)

【観光費】
海峡ゆめタワー入場料:600円
湯田温泉の日帰り入浴:800円
小計:1400円

【宿泊費】
ホテルフレックス:6,825円

合計:13,525円(宿泊費を除くと6,700円)


今回の旅程を旅行パンフ風にまとめたものはこちら。
【青春18きっぷ女一人旅21】6日間の全電車スケジュールのまとめ

web拍手 by FC2


プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。