2013年ソウル旅行記について

2013年お正月のソウル旅行記です。バリ島旅行のトランジットを利用した、行き8時間、帰り13時間の弾丸旅行です♪
海鮮鍋を食べたり、NANTAを観たり、スーパー銭湯に行ったり……トランジットでも楽しめました。
全部で14記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年ドバイ旅行記について

2013年5月2日~8日、GW4泊7日の旅。個人旅行です♪
利用したのはエティハド航空、ホテルは「アル・ムルージュ・ロタナ」のクラブルーム。
砂漠ツアーに参加したり、フェラーリ・ワールドに行ったり、タクシーのぼったくりに遭ったり…濃い旅でした。
全部で40記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年バリ島旅行記について

2013年1月1日~5日、お正月3泊5日の旅。個人旅行です♪
利用したのは大韓航空、ホテルは「ヌサドゥアビーチホテル」のクラブルーム。特にラフティングが楽しかったです。
全部で18記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

「あじさいウォーキング〈鎌倉〉 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【長谷寺】一年越しのリベンジ。あじさいを見に行くなら平日午前中で〈鎌倉〉

訪問日:2015年1月
満足度:ico_grade6_3h.gif 3.5

DSC01411.jpg

2014年6月17日、鎌倉の長谷寺にあじさいを見に行きました。

例年鎌倉はあじさいの時期に大混雑するので、今年は平日午前中に行きました。そのときの混雑状況や、撮って来たあじさいの写真をご紹介していきたいと思います~。

江ノ電に乗って長谷駅へ

藤沢駅(江ノ電始発駅)で江ノ電に乗り換え、長谷駅へ向かいます。

DSC01443.jpg

藤沢駅のホームにもあじさい(本物)が咲いていました。



江ノ電の行き先表示板にご注目。

DSC01440.jpg

行き先「鎌倉」の左右に、あじさいの絵が入っているのがお分かりでしょうか~。

あじさいの色も変化します。写真は紫ですが、一定時間経つと水色になります。芸が細かいっ! この時期ならではのお楽しみです。


長谷寺の混雑

江ノ電に揺られて長谷駅に到着。歩くこと5分で、長谷寺に到着しました!

DSC01351.jpg

鎌倉であじさいというと、まず思い浮かぶのが北鎌倉の明月院と長谷寺です。

長谷寺にはあじさいが咲き乱れた散策路があるのですが、道が狭いため、混雑時は散策路の入場制限をしています。2013年6月23日(日)11時過ぎに行った時は、こんな状況だったんですよね。

2013_DSC06904.jpg

なんと90分以上待ち。ディズニーランド並みですよね…。土日で、ちょっと出遅れるとこうなります。整理券を配布中だったため、「券をもらっておいて、その時間にまた来る」こともできたのですが、この時は次の予定もつまっており、あきらめて帰りました。。。


昨年の苦い経験があったので、今回は平日の早い時間に行ってみましたよ。2014年6月17日(火)の9:00過ぎだと、こんな感じ。

DSC01354.jpg

待ち時間なし! やった~。早起きしたかいがありました!!長谷寺の開門は8時。平日9時ならまだ待たずに入れるようです。この日の天気は曇りでした。


長谷寺の仏様

待ち時間がなかったため、あじさい散策路に入場するのを後回しにして、まずは境内を散歩してみました。この時期、長谷寺の仏様は、いつもとちょっと違います。

DSC01367.jpg


アップにして見てみましょう。


DSC01368.jpg

お顔のそばに、優しい色が加わっています~。そっと添えた右手がすてき。今を盛りと咲き誇るあじさいを愛でていらっしゃるんでしょうね。


こちらは、境内で見つけたかわいい花。

DSC01363.jpg

実はこの花、とーっても小っちゃいんです。

DSC01361.jpg

手と比べると、どれだけ小さいか伝わるかな。(手が花と葉っぱに触れないように撮りました)
「下野」(しもつけ)という品種です。

DSC01362.jpg

つぼみに至っては、ミリの世界です。


あじさい散策路

ではでは、あじさい散策路に入ってみましょう!

DSC01371.jpg

山の斜面に沿うようにあじさいが咲いているので、散策路では階段や坂道を上ったり下りたりします。散策路の所要時間は10分(写真を撮る時間除く)。一方通行で、再入場はできません。



散策路入口から少し上ったところは、こんな景色です。

DSC01373.jpg


斜面に咲くあじさいと、境内を見下ろす形になります。


DSC01382.jpg



もっと上ると、あじさいの向こうに海と鎌倉の街が見えてきます。(曇りなのでうすーくしか写っていませんが…)

DSC01391.jpg



写真を撮るのにベストな位置に咲いていたあじさいは、残念ながら見頃を過ぎていました。もう少し早ければ、眺望と海と一緒に写真が撮れたかな。

DSC01404.jpg

DSC01386.jpg

このあじさいたちは、毎日こんな景色を楽しんでいるんですね。



逆に、写真手前側の白いあじさい(アナベル)は見頃にはちょっと早い感じです。

DSC01402.jpg



ブルーのあじさい(ガクアジサイの一種)はベストな状態でした。

DSC01415.jpg

DSC01409.jpg

この花を見るといつも、中央部分がラムネみたいだなーと思います。しゅわしゅわ。


撮影は6月17日。例年6月中旬~下旬が見頃ですが、日当たりや品種によって花の状態が変わってくるので、長く楽しめそうです。今年のあじさいの剪定は7月10日頃より行うそうです。

DSC01398.jpg

* * *

あじさい散策路を出たのは9時45分ごろでした。そうしたら、境内に人がたくさん! 駅から長谷寺に向かう道も混雑していて、人が途切れずに歩いていました。平日でも、9時すぎまでに行って10時前に出るのがおすすめです。

帰りの江ノ電の車内も混んでいました。 去年は長谷寺に着いたら90分以上待ちで、あじさい散策路に入ることは叶いませんでしたが、今年は早めに行動したおかげで、あじさいを見ることができました。一年越しのリベンジ、達成です!

長谷寺へのアクセス方法


(訪問当時の情報です)
入山料300円
開門時間3月~9月 8:00~17:00(閉山17:30)
10月~2月 8:00~16:30(閉山17:00)
交通アクセス江ノ電長谷駅より徒歩5分
江ノ電の所要時間は、鎌倉駅から5分、江ノ島駅から18分
詳細は公式HP(ご紹介とご案内)参照
個人的満足度ico_grade6_3h.gif 3.5
(+)鎌倉の眺望とあじさいを一度に楽しめる
(-)見頃の時期は混雑必至なので、早起きが必要

長谷駅には鎌倉大仏で有名な高徳院があります。長谷寺より徒歩7分ぐらいと近いので、セットで観光がおすすめです。高徳院にもあじさいが咲いていますよ~。

DSC06922 (2)
スポンサーサイト

web拍手 by FC2

【報国寺】竹の庭を見ながらお抹茶をいただく〈鎌倉〉

訪問日:2013年10月
満足度:ico_grade6_3h.gif 3.0

DSC09191.jpg

観光地を格付けする「ミシュラン・グリーンガイド」で三ツ星(最高評価)に選ばれた、鎌倉の報国寺に行ってきました。

このお寺、境内にある竹の庭が有名です。花や紅葉にはベストシーズンがありますが、竹林は一年中鑑賞できるので、思い立ったらすぐ行けるのが嬉しいです。



報国寺は鎌倉駅からだと徒歩30分くらいかかるので、バスの利用がおすすめです。

DSC09167.jpg

上の写真の山門を入って奥に進むと、本堂が見えてきます。境内は散策自由ですが、竹の庭の鑑賞には拝観料が必要です。拝観券は本堂で購入します。(拝観のみだと200円、お抹茶付きだと700円)



拝観料を払い、竹の庭に入りました。パンフレットによると、約2,000本の孟宗竹だそうです。

DSC09177.jpg

どれも力強く天を向いています。ただ、思っていたよりも規模が小さくて、ちょっと拍子抜けしたところも。

観光に来たおばさま方が「あれ!もう終わりなん~?!」と(遠慮なく)言っているのを聞いて、心の中で強く同意しちゃいました。ミシュランガイドで3つ星!ということで、自分の中で期待値がすごいことになっていましたが、感覚的には、修善寺の竹林の小径よりも短かったです。




DSC09181.jpg

修善寺の竹林の小径は人工的に整えられており計算された美しさがありましたが、報国寺はより自然で素朴な印象です。どちらが好きかは好みによると思います。

修善寺の竹林の小径に行ったときの記事はこちら

「竹林が見たいんだけど、嵐山の竹林の道と報国寺の竹の庭、どっちに行ったほうがいい?」と聞かれたら、私は迷わず嵐山と答えます。ただ、報国寺は鶴岡八幡宮と同じバスの路線沿いにあるため、一緒に回るのであればありだと思います。


休耕庵でお抹茶をいただく


竹林は小さめだと書きましたが、ここ報国寺には、修善寺や嵐山にはない魅力もあります。それがこの休耕庵。竹の庭を鑑賞しながら、お抹茶をいただくことができるんです~。

DSC09182.jpg

お抹茶付きの拝観券を休耕庵の方に渡すと、番号札をもらえます。札を持って好きな席につきましょう。上の写真は、待っている間に撮ったもの。



番号が呼ばれたので、お盆ごと受け取って、席につきます。

DSC09188.jpg

お抹茶と落雁です♪ 懐紙も報国寺のもの。



DSC09184.jpg

竹の庭に向かって席がつくられているので、緑を眺めながらのんびりできます。茶席というと身構えてしまいますが、ここはスタッフの方も気さくで、リラックスできました。

休耕庵にはひさしがあるので、雨の日でも大丈夫です。ただし15人分くらいしか席がないので、混む日は時間をずらしたほうがいいかもしれません。

竹もお抹茶も綺麗な緑でした。ごちそうさまでした。


竹庭の撮影


このページに載せた写真の多くは、トイカメラ「グリーン」モードを使用して撮影しています。光が入って輝く竹林を撮りたいときにはお勧めしませんが、こういう色調の写真が好きな方はトライしてみてください~。SONYのデジカメだったら大体この機能がついていると思います。

《SONYのNEX-5Rの場合》
NEX-5Rには最初トイカメラ(ノーマル)モードしかないため、まずは「ピクチャーエフェクト+」アプリをダウンロードしてください。アプリはSONYオフィシャルのPlayMemories Camera Appsで無料ダウンロードできます。

~実際に撮影するとき~
(1)MENUボタンを押して「アプリケーション」を選択
(2)ピクチャーエフェクト+を選択
(3)トイカメラ+を選択
(4)色調が選べるので、「グリーン」を選択

こうすると、グリーンのフィルターをかけたような色調で撮影できます。トイカメラなので、四隅が暗くなります。


報国寺へのアクセス方法


(訪問当時の情報です)
拝観料竹庭拝観料は200円
拝観料+お抹茶で700円
開門時間9:00~16:00
交通アクセスJR鎌倉駅よりタクシー約7分
鎌倉駅より京浜急行バス約12分、浄明寺バス停下車、徒歩3分
バスで行く場合は鎌倉駅5番乗り場から。
片道190円、乗車時と下車時にSuicaをタッチ。
乗り場詳細は駅探「鎌倉駅」ページ参照
個人的満足度ico_grade6_3h.gif 3.0
(+)竹の庭を見ながらお抹茶がいただけるのは珍しい
(+)花や紅葉のように季節を選ばず、一年中楽しめる
(-)竹の庭の規模は思ったより小さめ

web拍手 by FC2

【鎌倉あじさいウォーキング04】銭洗弁財天で金運アップを、佐助稲荷神社で仕事運アップを願う

訪問日:2013年6月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC07000.jpg

鎌倉ウォーキング、最終回です~。
大仏ハイキングコースを歩いて銭洗弁財天佐助稲荷神社にお参りし、
鎌倉駅に戻るまでを書いていきたいと思います。


大仏ハイキングコースに手こずっていた私ですが、ガーデン樹で甘いものを食べ、体力と気力が回復。
鬱蒼とした森の中をひたすら歩いていたところ、下の写真のように見通しが良い場所に出ました。

DSC06969_20130626122905.jpg

写真だと分かりづらいのですが、ちょこっとだけ相模湾も見えます。

ただ、視界が開けたのは一瞬です。
大仏ハイキングコースは、360度、ぐるっと木!という感じの道を歩きます。

行き交う人と挨拶を交わしながらしばらく歩いていると、舗装された道に出ました。
久しぶりの、アスファルトの道です

アスファルトってすごかったんだな。靴も汚れないし滑らないし。
……なんて感動しながら、銭洗弁財天に到着しました。



(7)銭洗弁財天

銭洗弁財天は、奥宮の霊水でお金を洗うと、お金が増えると言われている神社です。
せっかくなので、金運アップを願って私たちもお参りしてきました。

DSC06972.jpg
洞窟みたいな入り口を抜けると…


広い場所に出ます!
DSC06985.jpg
高徳院よりも多くの人がいました。


社務所で、ロウソクと線香(セットで100円)を買うと、
お金を洗うためのザルを貸し出してもらえます。

DSC06973.jpg


本宮にお参りして線香とロウソクをお供えしたあと、
奥宮の洞窟みたいなところで、お金を洗います(!)

DSC06978.jpg

お金を洗う、という経験は初めて。
夫は一万円、私は千円を洗いました。
中には、キャッシュカードを洗っている人もいました(笑)

さてこのお金をどうするかですが……
下のように、「清められたお金は、有意義にお使いください」という掲示がありました。

DSC06981.jpg

「お金を有意義に使う」って、よく考えたらすごく難しいことではないでしょうか。

11,000円手元にあるわけですが、
これで食品や日用品をふつうに買っていたら、早いスピードでなくなってしまいそうです。
せっかくお清めしたこのお金、次につながるような使い方をしたいです。

長く愛用できるものを買う?
自分を高めてくれる書籍を買う?
見聞を広める旅に出る?

うーん。
これ!という使い道が見つかるまでは、財布に入れておきます。
神様から宿題をいただいたように思いました。


(8)佐助稲荷神社

金運アップを願ったあとは、仕事運アップもお願いしようと佐助稲荷神社へ向かいました。
銭洗弁財天から佐助稲荷神社までは、徒歩8分ぐらいです。
(銭洗弁財天→佐助稲荷の場合は下り坂で楽ですが、逆ルートだと上り坂です)

DSC06989.jpg
入り口にあじさいが咲いていました。


DSC06999.jpg

(説明の看板より)
源頼朝が病に伏していた時、「かくれ里の稲荷」と名乗る翁が夢枕に立ち、
平家討伐の挙兵をうながしたとのこと。
後に幕府を開いた頼朝は、かくれ里に祠を探しあて、稲荷神社を建てたそうです。
幼少の頃助殿(すけどの)と言われていた頼朝を助けたので、
佐助の名を付けたと言われているそうです。

こういう言い伝えがあるので、ここは「出世稲荷」として知られています。


DSC06993.jpg

京都の伏見稲荷神社は、寄進した方のお名前が鳥居の裏側に書かれていますが、
この佐助稲荷神社では、赤いのぼり旗にお名前が書いてありました
そして、お名前を書いた表札のようなものが鳥居にもかけられていました。

赤いのぼり旗と鳥居によって囲まれた道を進み、本堂に行きます。
多くののぼり旗があるので、写真だと縁日のような華やかさがありますが、
実際の佐助稲荷神社はすごくひっそりとして、静かな場所です。
銭洗弁財天には100人以上の人がいましたが、こちらは10人くらいの人しかいませんでした。

来年、そろそろ引っ越しを伴う部署異動があるかもしれないと聞いているので、
新天地でもお仕事がうまくいくようにお願いしておきました。

さて、これでミッション終了。鎌倉駅に戻ります。


(9)鎌倉駅着

DSC07008.jpg

15時ごろ、鎌倉駅に到着!
4時間ほど歩き回ったので、帰りは途中下車してお風呂で汗を流しました。
充実した一日で楽しかったです。

* * *

鎌倉には海も山もあるので、寺社めぐりをしたり、海を見ながらドライブしたり、楽しみ方もいろいろです。
今回はあじさい巡りの旅でしたが、紅葉で色づく秋の鎌倉もまた素敵なので、
季節を変えて、またお出かけしたいと思います


各神社へのアクセス方法  (最新の情報はご自身でご確認ください)

【銭洗弁財天】
拝観料無料
ろうそく・線香のセットが100円
(セット購入時にお金を洗うザルを借りられます)
営業時間8:00~16:30
交通アクセス鎌倉駅から徒歩25分ぐらい(最後は急な上り坂)
大仏ハイキングコースを通る場合は、
大仏坂口から徒歩40分ぐらい(山道注意)
【佐助稲荷神社】
拝観料無料
営業時間不明
交通アクセス鎌倉駅から徒歩20分ぐらい 

今回歩いたルートについては、下の記事をご参照ください。
【鎌倉あじさいウォーキング01】所要4時間のルート紹介

web拍手 by FC2

【鎌倉あじさいウォーキング03】大仏ハイキングコースにある、素敵なガーデンカフェ

訪問日:2013年6月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC06957.jpg

高徳院を出て、大仏ハイキングコースを散歩している途中で、こんな素敵なカフェを見つけました。
ハイキングに疲れたら、森の中のカフェで一休みしてはいかがでしょう?

今回は、【鎌倉あじさいウォーキング01】所要4時間のルート紹介の記事に記した
散歩コースのうち、(5)大仏ハイキングコース(6)樹ガーデンさんについて書きます。


(5)大仏ハイキングコースとは

大仏ハイキングコースというのは、
大仏坂口から源氏山公園・銭洗弁財天を経由して北鎌倉駅へ向かうコースで、
所要時間は約1時間15分です。

ルートはこちらをご覧ください。(クリックで画像が大きくなります)
DSC06951_1000.jpg


高徳院(鎌倉大仏)を出た後、長谷駅とは逆の方向に歩いていると、
下の写真のようなトンネルが見えてきます。

DSC06949.jpg


そのトンネルのそばまで行くと、右側に写真のような階段が。

DSC06950.jpg

この急な階段を登っていきます。

夫はさっさと登っていきますが、私はこの階段を見た時点で不安が…。
「大仏ハイキングコース」ってかわいらしい名前だし、
そこまで厳しい道ではないだろうと思っていましたが、
もしかして、その考えは甘いのかな?と。
前方には山しか見えないのですが…。


不安は的中。

目の前にはこんな景色。


DSC06952.jpg


無理~


私「ほ、ほんとにこの道でいいの?!」
夫「だってここしか道ないよ」

私も覚悟を決めて夫の後ろをついていきます。

上の写真、夫の右側にあじさいが咲いているのが見えるでしょうか。
こんなところにもあじさいが。
道は険しいのですが、優雅に見送られている気がします。


この道を抜けると、もう少し道幅が広くなりました。
ただし地面は土で、木の根がいっぱい。
土は粘土質で、一歩一歩踏みしめて歩かないと滑ります。
ハイキングというより山登りです。

この辺りは私も余裕がなく、写真が一枚もありません。
登り坂なので心臓はバクバク。息が上がってしまいました。
一方、夫は涼しい顔で先へ進んでいきます。

こういうとき、普段から定期的な運動をしている人はすごいなって思います。
夫は、仕事のストレスがたまると、「ちょっと外走ってくるよ」と言って夜中に外へ出ていきます。
そして、すっきりした笑顔で帰ってきます。なんて健康的なストレス解消法なんでしょう。

ストレスがたまると甘いものに逃げてしまう私は、
へとへとになってきた頃にこの看板を発見。

DSC06967.jpg

何と、カフェがすぐそばにあるようです。
ここで休憩していくことにしました。


(6)樹ガーデン

山の中なのに、ほんとにカフェがあるのかなと思いながら
看板の示す方に向かって行くと…
いきなり視界が開けて、カフェが見えてきました。

DSC06954.jpg

うわあ!
素敵!
隠れ家みたいなカフェです。

こんなところに、こんなお店が。という嬉しいサプライズ。

山の高い位置にあるので、森を見降ろす感じです。
山道を歩いていたときには感じなかった風が通って、とっても気持ちがいいです。


注文カウンターの前に椅子があって、そこで順番を待つよう言われました。
待ったのは5分くらい。カウンターでオーダーを済ませ、番号札を持って好きな席を選びます。

夫が探してくれた席。

DSC06958.jpg

あじさいの横の特等席です。


DSC06961.jpg

夫はいつものようにビール。ジョッキがかわいい!


DSC06960.jpg

私は、梅サイダーパンプキンパイにしました。
運動した身に、梅サイダーの酸味がちょうどいいです♪

そして、パンプキンパイ!
これ、おすすめですよ奥さん~! 

こっくり、しっとりしたかぼちゃが美味しい。
タルトではなくパイ生地で、そこもポイント高かったです。
機会があれば友人にも食べさせてあげたいなあ。
お店に辿り着くまでが大変だけど…

エネルギーチャージしたあとは、また山道に戻ります!


樹ガーデンへのアクセス方法  (最新の情報はご自身でご確認ください)

営業時間10:30~日没
不定休、雨天時は休み
交通アクセス大仏ハイキングコースから行く場合は、
大仏坂口のコース入り口から徒歩15分ぐらい
詳細はじゃらんHP参照
駐車場があるので、もしかしたらハイキングコースを通らずに行けるかもしれません。(未確認)

web拍手 by FC2

【鎌倉あじさいウォーキング02】青空の下の大仏様

訪問日:2013年6月
満足度:ico_grade6_4.gif 4.0

DSC06922.jpg

あじさいを求めて、初夏の鎌倉を散歩した記事の2回目です。
今回は、(1)長谷駅スタートから(4)高徳院までをご紹介。
全ルートについては前回の記事をご参照ください。


(1)長谷駅スタート

ぎゅうぎゅうの江ノ電に揺られて、長谷駅に到着。
駅前でうちわを配っていたので、私もいただきました。
今日も暑くなりそうだなと空を仰ぎつつ、長谷寺へ向かいます。


(2)長谷寺

最初の目的地に到着しました。あじさいで有名なお寺、長谷寺です。
あじさいもピークを迎えたということですし、混んでいるだろうなと覚悟しつつ
6月23日(日)、11:10頃に到着したのですが…。

DSC06904.jpg

待ち時間、90分以上!
夫も私も、これは無理だねえとあきらめ、整理券をもらわずに引き返しました…。
でも、入山する前にこういった看板を出しておいてくださるのは、とても助かります。


(3)いも吉館であじさいソフト

長谷寺の混雑で計画が崩れてしまったので、
先にお昼を食べようと土鍋ごはんのお店に行ったところ、ここも長蛇の列。
ランチをあきらめて、先に進むことにしました。

旅のスタートから、行こうと思っていたスポット2軒をスルーしてしまうことになりました。
前途多難な旅に不安を感じながら歩いていると、
あじさいソフトの大きな垂れ幕が目に入りました。
いも吉館(いもよし やかた)さんです。

DSC06906.jpg

いも吉館さんの店内には椅子が8脚くらいあり、
クーラーの効いた店内で座ってあじさいソフト(300円)を食べることができます。(テーブルはなし)
味は紫いも+抹茶ソフトのミックス。色であじさいの花と葉を表現しています。
長谷寺のあじさいは見られなかったけど、あじさいソフトは制覇

あと、紫いもコロッケ(100円)もおいしかったです! 
中身が紫色です。衣もサックサク。
ソフトクリームとコロッケでとりあえずお腹を満たし、次に進みます~


(4)高徳院

鎌倉大仏で有名な、高徳院に到着。
参拝券を買って門をくぐるまでは、大仏様のお姿が全く見えないようになっています。

中に入ります。

DSC06913.jpg

長谷寺ほどではないにせよ、たくさんの人がいました。


DSC06928.jpg

台座を含めた高さが、13.4m
人間の大きさは、台座にも届きません。



DSC06917.jpg

奈良の大仏は大仏殿の中にいらっしゃいますが、こちらは仏殿がありません。
ただし最初から仏殿がなかったわけではなく、1334年と1369年の大風で損壊したそうです。
その後再建されていないとのこと。

囲いがないので、天候や季節によってお姿の印象が変わります。
以前来たときは冬でした。
大仏様を包むように雪が優しく降っていて、とても風情がありました。
今回は初夏に訪れたので、青空の下で力強いエネルギーを放っており、迫力を感じました。


DSC06919.jpg

後ろ姿です。背中に窓が開いているのが分かるでしょうか。
そこがブースターになっていて、ロケットみたいに空を飛ぶ……ことはないでしょうが、
からくりで動きそうな感じもします。

実は、数十円払えば胎内に入ることもできるのですが、
なんだか恐れ多くて止めておきました。


高徳院の境内の奥には、あじさいが咲いていました。

DSC06936.jpg

長谷寺などと比べるとほんの少しですが、ここまで来る人はほとんどいないので、
ゆっくりあじさいを愛でたり、写真を撮ったりすることができました。

DSC06931.jpg
一つ一つの小さい花が、飾りボタンみたいです。


DSC06932.jpg

少し青を強めにして撮ってみました。
真夜中の色です。



DSC06946.jpg

ガクアジサイ。
中心が、ラムネみたいな色合いです。


長谷寺には振られてしまいましたが、
高徳院で鎌倉大仏とあじさいを見ることができてよかったです
このまま、大仏ハイキングコースへと向かいます。


高徳院へのアクセス方法  (最新の情報はご自身でご確認ください)

拝観券200円
拝観時間8:00~17:30(10月~3月は17:00まで)
交通アクセス江ノ電長谷駅から徒歩7分 
詳細は公式HP(アクセス)参照
DSC06926.jpg

web拍手 by FC2


プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。