2013年ソウル旅行記について

2013年お正月のソウル旅行記です。バリ島旅行のトランジットを利用した、行き8時間、帰り13時間の弾丸旅行です♪
海鮮鍋を食べたり、NANTAを観たり、スーパー銭湯に行ったり……トランジットでも楽しめました。
全部で14記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年ドバイ旅行記について

2013年5月2日~8日、GW4泊7日の旅。個人旅行です♪
利用したのはエティハド航空、ホテルは「アル・ムルージュ・ロタナ」のクラブルーム。
砂漠ツアーに参加したり、フェラーリ・ワールドに行ったり、タクシーのぼったくりに遭ったり…濃い旅でした。
全部で40記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年バリ島旅行記について

2013年1月1日~5日、お正月3泊5日の旅。個人旅行です♪
利用したのは大韓航空、ホテルは「ヌサドゥアビーチホテル」のクラブルーム。特にラフティングが楽しかったです。
全部で18記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記15】アル ムルージュ ロタナ ホテルに宿泊

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC05649.jpg

今回泊まったホテルは、アル ムルージュ ロタナ ホテル
ドバイモールまで徒歩10分と立地が良いので、ここに決めました。
ドバイのホテルはどこも高いけれど、ここは比較的リーズナブルなお値段でした。


チェックイン

DSC05651.jpg

砂漠ツアーが終わり、ホテルに送ってもらったのが朝7時20分頃。
チェックインは15時からですが、お願いしたところアーリーチェックインさせてもらえました。

DSC06100.jpg

チェックインを担当してくれたスタッフはイラク出身とのこと。
ドバイの印象を聞かれたので、「美しい街ですね」と言ったところ、「そうでしょう」とにっこり。
彼は「イラクに帰りたくないよ」とまで言っていました。
治安も良くオイルマネーで潤っているドバイは、イラク人の彼の目に眩しく映ったのかな。


お部屋に到着。

DSC05631.jpg

それほど広くはありませんが、落ち着いた色合いでゆっくりできました。
冷房も部屋ごとに調節できてよかったです。


DSC05641.jpg

コンセントはBFタイプです。ミネラルウォーターも一日2本、補充されました。
冷蔵庫もあります。


DSC05640.jpg

アメニティがロクシタン♪ うれしい!
シャンプー・リンス・ボディソープ・ボディローションがありました。
歯ブラシもスリッパもありました。
ただ、アーリーチェックインさせてもらったので備品が一つずつしかなく、あとで持ってきてもらいました。


DSC05635.jpg

ドバイのトイレの水洗ボタンは、だいたい上の写真のような形です。
手でぐっと押しこむタイプ。

シャワーブースは水はけが悪いので、一回使ったあとは使うのをやめました。
バスタブはとても広かったです。

ここのホテルに泊まるなら、クラブルームがおすすめです。
朝食・ハイティー・夜の軽食(と言っても夕食なみの量+アルコール)が無料になります~。
おかげで滞在中、食事代がほとんどかかりませんでした。
クラブラウンジについては別の機会に書きたいと思います。


気になったこと

部屋にあった、ランドリーサービスの値段表です。

DSC05437.jpg

民族衣装に、きちんとクリーニング代が設定されています~。
アバヤだけAbayasと複数形になっているので、
髪を隠すスカーフや口元を隠す布もセットでの料金なのかもしれません。

日本のクリーニング店に、アバヤが持ち込まれたらどうなるのかな?
コートとかワンピースの料金になるのかなあ…。店員さんもびっくりですね。

男性版でも、民族衣装ごとにクリーニング代が設定されていました。
砂漠の国らしく、Safari Suit (サファリジャケット+パンツ)の区分までありました!


ここでふと疑問が。
アナウンサーも民族衣装を着てるのかしら
テレビをつけてみました。


結果は以下のとおり。


DSC05444-tile.jpg

男性はスーツだし、女性はかなりの露出ですっ
女性が髪すら隠していないことに驚きました。
もしかしたら海外の報道番組だったのかな?


プール

DSC05963.jpg

ホテルの中庭はこんな感じです。
プールで泳いでいる人はあまりいませんでした。


DSC05510.jpg

滞在中に一度だけプールに行きました。
プールの中から見えたのは、あのバージュ・カリファ。


ドバイは不思議な場所

クラブラウンジがある14階のエレベーターホールからは、
こんなふうに綺麗な景色が望めます。

DSC05777.jpg

競うように天を目指す高層ビル群。
プールを囲むように建っている、ホテルの全景も見下ろせます。
この記事の一番上に載せた写真も、14階のエレベーターホールから撮ったものです。

なぜ13階のホテル自室の窓から撮らなかったのかと言うと…
部屋からの眺めは、こんなだからです。

DSC05645.jpg

ドバイモールのすぐそばなのに、
そのエリアから数十年遅れているような景色です。
大規模な舞台装置の裏側を見てしまったような気になりました。
どっちが本当のドバイなのかな、と夫と話しました。


さて、シャワーを浴びて復活したあとは、
ドバイメトロに乗ってイブン・バトゥータモールへ向かいます。


ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記29】マディナ・ジュメイラから撮る7つ星ホテル――バージュ・アル・アラブ

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_4.gif 4.0
DSC05987 (2)

ドバイに行ったことがない方も、帆船をイメージしたホテルの写真を
どこかで見たことがあるのではないでしょうか。
ホテルの名前は、バージュ・アル・アラブ。
7つ星ホテルです。
全室パノラマビューのスイート。各フロアにバトラーがいて、ゲストの旅をアレンジしてくれるそうです。
……一泊ですね、15万円ぐらいしますっ 
ひぃ~

超豪華ホテルだけあってセキュリティが厳しく、基本的に宿泊ゲストでないと入れません。
ホテル内のランチやアフタヌーンティーの予約をすれば宿泊しなくても入れますが、
アフタヌーンティーだけでも一人360AED(約1万円)します。
二人で2万円…(笑) 

7つ星ホテルの中に潜入するのはあきらめたのですが、
マディナ・ジュメイラというホテルに見学に行った際に
敷地内からバージュ・アル・アラブの写真が撮れたので、載せたいと思います~。


マディナ・ジュメイラ

マディナ・ジュメイラというホテルにやってきました。
敷地内にスークがある豪華ホテルです。

「スーク・マディナ・ジュメイラまで」と言ってタクシーをつけてもらった場所です。
大きな門です。
DSC05994.jpg 
上の写真で黄色い矢印を引いた方向に、バージュ・アル・アラブが見えます。


門の前に立って眺めてみると、麗しのホテルが。
DSC05993.jpg 


ここからは、こんな写真が撮れます。

DSC05990.jpg 

私が今いる場所は「マディナ・ジュメイラ」というホテルの敷地内なのですが…
パズルのピースをはめ込むように、別のホテルであるバージュ・アル・アラブが景観に溶け込んでいます。

バージュ・アル・アラブは1999年完成、マディナ・ジュメイラは2003年完成なので、
バージュ・アル・アラブが美しく見えるよう意識して、ホテルの庭や水路をデザインしたんでしょうね。
ライバルのホテルを利用して自ホテルの価値を高めています。うまい戦略だなあ。



DSC06002.jpg 

美しい建物ですよね。


DSC060022.jpg 

ホテルの青いライン、微妙に色が異なるのがおわかりでしょうか。
濃い青と薄い青、2色が交互になっているようです。

ホテルの側面には、よくわからないものが斜めについています。
最初は非常階段かと思ったのですが、一段一段が離れていて危険すぎますよね(笑)
デザインのためかな。

一番上についている平べったいものもよくわからないのですが、
綺麗な丸みをおびていて、手で持ってみたくなります。

マディナ・ジュメイラの中を探検

スーク入り口から見えたバージュ・アル・アラブの写真を撮ったあとは、
マディナ・ジュメイラをぶらぶらと散策してみました。

DSC05988.jpg 
ホテルの敷地内に、こんなスークがあります。
ホテルの中にあるということで、オールドスークやゴールドスークより綺麗だし、冷房も効いているし、
入っている店もおしゃれなものばかりでした。

ホテルの敷地内には水路が流れています。

DSC05989.jpg 


宿泊客は船で移動するようです。

DSC05995.jpg 


川沿いにお散歩していたら、バージュ・アル・アラブがきれいに見えました。
 
DSC05996.jpg 

上の写真の橋の上で撮れたらベストだと思って向かったのですが、
橋の近くにはガードマンがいて、ホテルのキーがないと先へ進めませんでした。
マディナ・ジュメイラに泊まった方は、ぜひあの橋の上で写真を撮ってみてください~。

なお、バージュ・アル・アラブがよく見える位置にレストランのテラス席(写真の黄色い矢印)があるので
そこで食事をしながら景色を楽しむのもよさそうです。 ここは宿泊客でなくても行けます。
お昼は暑くてテラス席にいづらいので、夕方~夜がいいかも。


橋の上には行けなかったので、ちょっと遠くから写真を撮りました。

DSC05997.jpg 
一生懸命iPhoneで写真を撮っている夫。かわいい。


DSC06006.jpg 

この場所からだといわゆる記念写真が撮れますが、ヤシの木のはっぱがホテルにかかってしまいます。
人が入らない写真なら、一番最初にご紹介した門から撮るのがいいかもしれません~。


ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記30】パーム・モノレール車内からアトランティスホテルを眺める

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC06024.jpg 

ドバイで世界的に有名なホテルと言うと、
一つが前回ご紹介した7つ星ホテルバージュ・アル・アラブで、
もう一つがこのアトランティス・ザ・パームなのではないかと思います。

アトランティスホテルは、パームアイランドという人工島の奥に建っています(地図のAの位置)。
パームはヤシの木という意味です。地図を見ると、島がヤシの木っぽい形をしています~。
palmmetro.jpg 

モノレールに乗ると、この島の形をちょっとだけ確認することができます。 
下の写真、陸と海が交互に来ているのが分かるでしょうか。
IMG_1845.jpg  
(ちらっとしか見えないけど)ヤシの木の葉っぱ部分です~。


ヤシの木の根元部分からアトランティス・ザ・パームまでは、モノレールが開通しています。
今回はモノレールに乗って、パームアイランドに渡ってみたいと思います。


モノレールのチケット

モノレールのゲートウェイステーションはメトロの駅から遠いので、タクシーで行くのがおすすめです。
マディナ・ジュメイラホテルからだと、5分で着きました。運賃は13AED(約360円)でした。

時刻表です。
DSC06016.jpg 


チケットの自動販売機です。

DSC06013.jpg 

モノレールには4つ駅があるのですが、真ん中の2つはオープンしていません(2013年5月現在)。
ゲートウェイ駅から乗ってアトランティス・アクアベンチャー駅で降りる、もしくはその逆しかできません。

チケットを買おうと自販機の前で表示を見ていたら、スタッフの方がやってきて全部やってくれました(!)
ご親切に甘えて、購入してもらいました。


DSC06015.jpg


パーム・モノレールの車内

DSC06073.jpg
モノレールの中は青を基調としたデザインです。
パーム・アイランドの形がマークになっています。

DSC06072.jpg
一生懸命写真を撮っている夫その2(笑)

夫はカメラにあまり興味がありませんが、テンションが上がるとiPhone5を取り出して撮影を始めます。
だから、今すごく楽しいと思ってることが態度で分かるんです~。


モノレールから見える景色

行きは最前列をゲットして、帰りは混んでいない車両に乗りました。

最前列の席だと、目の前に線路が見えます~。
お台場のゆりかもめとか、ディズニーリゾートラインみたいなイメージです。

DSC06019.jpg 
線路の両側に、マンションがたくさん建っています。高級住宅地です。

でも、モノレールが先に進んでいくと…

DSC06021.jpg 
こんなふうに未開発の土地ばかり。
残り2つの駅が開業するのはしばらく先になりそうです。

あ、アトランティス・ザ・パームが近くなってきました!

DSC06023.jpg


ばーん。


DSC06066.jpg 
アトランティス・ザ・パームです。
大きい!

※写真が緑っぽくなってしまっていますが、これはモノレール側面の窓から撮ったためです。
最前列の窓と異なり、側面の窓にはUV加工をしているのではないかと思います。



DSC06064.jpg 
ホテルの前にはビーチが広がっています。
こちらはホテル宿泊者用のビーチだと思います。
(ホテルの中からこのビーチ側に出るドアの前には、ガードマンがいたため)


モノレールの中から、アクアベンチャーというウォーターパークも見えます。
宿泊ゲストでなくても、入場料(210AED、約5,880円)を払えば遊べます。

DSC06063.jpg

窓から見える景色に釘付けになっている間に、終着駅に到着しました!
カメラ好きさんも、乗り物好きさんも楽しめると思いますっ

なお、モノレールに乗車中にアトランティス・ザ・パームを撮るなら、
進行方向左側の席のほうがよく見えると思います。
(ゲートウェイ駅発、アトランティス・アクアベンチャー駅行きの場合です)

アトランティスホテルの中を探検した記事については次回に。


帰りのアクセス

帰りのモノレールで見えた景色です。

DSC06074.jpg

パーム・アイランドからドバイ側に戻ってきました。

ゲートウェイステーション駅に着いたあと、 駅できょろきょろしていたら
寄って来たお姉さんに「タクシー?」と言われたので頷きました。
そうしたら高級タクシーを案内されてしまいました

普通のタクシーも客待ちをしているのが見えたので、そちらに乗ればよかったなと後悔。
高級タクシーだと、エミレーツモールまでなんと50AED(1,400円)もかかってしまいました。
普通のタクシーだとこの1/3ぐらいで済んだんじゃないかしら。
でも高級タクシーだと乗り心地はいいし、危険な場所まで連れて行かれることはないだろうから
お金で安心を買うと考えればいいのかもしれません。


ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記31】アトランティス・ザ・パームの写真を撮ろう

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_4.gif 4.0

DSC06055.jpg

今日は、個人旅行でドバイを訪れる方向けに、
アトランティス・ザ・パームの写真を撮れる場所について書きたいと思います。

下の地図をご覧ください。Aがホテルの場所です。
atlantis.jpg 
ホテルの宿泊ゲストでない場合、外観を写真におさめるには2つのやり方がありそうです。
一つはモノレールに乗って撮る方法で、もう一つは堤防沿いの道から撮る方法です。


(1)モノレールに乗って撮った場合


DSC06066.jpg 

窓ガラス越しなので緑っぽく映ってしまいますが、全体を写真に収めることができますっ
モノレールについては前回の記事で詳しく説明していますので、そちらをご確認ください。


(2)堤防沿いの道から撮る方法

DSC06055.jpg 

ここからだと緑っぽくはならないです。人を入れて記念写真を撮れます。
でも全景を収めるには厳しいかも。これ以上後ろに下がると海に落ちちゃいます…。

写真を撮った堤防沿いの道は、こんな感じです。

DSC06045.jpg

このあたり、写真スポットになっているようです。
観光バスが止まったと思ったら、ツアー客の皆さんがたくさんバスから降りてきました。
そして仲良く、アトランティス・ザ・パームの写真撮影を楽しんでいました。
中国人観光客の方々は、一眼レフかipadで撮影している人が多かったです。


DSC06051.jpg 

ホテルは左右対称ではありません。
左側の棟の方が少し高く造られているのがおわかりでしょうか。
4本の大きな柱(?)についても、高さが右と左で微妙に違います。
デザイナーさんのこだわり部分なのかな。


ホテルに背中を向けると、海が見えます。

DSC06054.jpg 

ホテルの中

アトランティスホテルの中も見学してみました。

DSC06040.jpg 



花の形のランプです。
DSC06039.jpg 

宿泊ゲストでないと、見学できるエリアが限られます。
(ルームキーを見せないと進めない場所には、ガードマンが立っています)
 
一番驚いたのはこれ。ホテル内にでんと置かれていた、金の自動販売機です。

DSC06037.jpg 

(希望すれば)ここでゴールドを買うことができます。


DSC06038.jpg 

金の相場は常に変動するため、60秒ごとにアップデートされるようです。
私が行ったのは5月上旬で母の日が近かったため、なんと、母の日用の商品が並んでいました。 

DSC060382.jpg 

Mother's Day用のGold Heartは、24金で1,330AED。
約37,240円です。

一体、ひと月に何個くらい売れるのか、気になります!


ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)

※次回はドバイ旅行記をちょっとお休みして、秋田旅行記の続きを書く予定です。

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記35】アル・ムルージュ・ロタナ クラブラウンジの朝食・夕食・ハイティー

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC05983 (2)

今回の旅行ではドバイに4泊しました。
1泊は砂漠のテント泊ですが、残りの3泊はアル ムルージュ ロタナ ホテルに宿泊しました。
クラブルームを予約したので、クラブラウンジでの朝食・夕食(軽食)、ハイティーがついていました♪

ラウンジの営業時間内はソフトドリンクが無料、夕食時はアルコールも無料です。
イスラム圏だとアルコールが手に入りにくかったので、夫も喜んでいました。

以下、宿泊を検討されている方向けに、どんな内容の食事だったかをご紹介したいと思います~。

お部屋についてはこちらの記事をご参照ください。
【2013年ドバイ旅行記15】アル ムルージュ ロタナ ホテルに宿泊


朝食

ビュッフェ台はこんな感じです。
DSC05446-tile.jpg 
写真には写っていませんが、ほかにパンのコーナーも。


DSC05448-tile.jpg 
滞在3日の間に撮った写真を適当に貼っています。

ハム、ベーコン、サーモン、チーズ、ウインナーなどが揃っていて
ザ・ホテルの朝食という感じ。グリルドトマトがおいしかったです。
パンも日替わりでいろんな種類のものが出ていたので、飽きませんでした。

ラウンジが小さいので、ビュッフェもそんなに種類があるわけではありませんが、
落ちついた雰囲気でたっぷり食事ができてよかったです。

でも、オーダーする卵料理だけは、外れでした~。
DSC05979.jpg 
ビュッフェに加えて、好きな卵料理を一人一品オーダーできるのですが…


DSC059842_tile.jpg 
しばらく待って、出てきたもの。左はスクランブルエッグ、右はオムレツです。

でも、スクランブルエッグって、こんなんでしたっけ…? 卵がばさばさで悲しいー。
ビュッフェ台にあったスクランブルエッグは、湯煎して丁寧に作ったであろう
ふわとろ卵だったので、シェフが違うのかもしれません。
右のオムレツも卵に火が通り過ぎていて、味がなかったので
テーブルにあった塩コショウを一生懸命ふりかけて食べました…。

とりあえず1日目は卵料理をオーダーして様子を見てみて、
ダメだったら2日目からはビュッフェ中心にしたほうがいいかもしれません(笑)


夕食

DSC05782.jpg 

夕食は軽食という扱いでしたが、お腹いっぱいになるくらい量があったし、おいしかったです。
私たちは1日目に夕食を食べて気に入ったので、
結局滞在3日間、すべての夕食をホテルラウンジでとりました。

DSC05495-tile.jpg 

滞在中、「これは初めて見る」という料理が必ず並んでいたので、
同じものばかりにならないよう、内容を工夫してくれていたみたいです。デザートもありました。
一番嬉しかったのはアルコールが無料なこと。夫はハイネケンを飲んでいました。


ハイティー

さらに。
ホテルで、優雅にお茶もできます。
ハイティーの時間帯には、サンドイッチにスイーツが並びます♪

DSC05994 (2)

DSC05995 (2)

DSC05996 (2)-tile 

一番好きだったのは、温められたスコーン。
スコーン用のクリームもきちんと用意してあって嬉しかったです。

お茶の時間って大体観光に出ているので、滞在中1回しか利用しませんでしたが、
もっと来ればよかったなと思うくらい充実していました。


クラブラウンジの客層ですが、
男性のビジネスマンが1人で利用している姿が一番多かったです。
アジア系のゲストはほとんどいませんでした。
(日系の新聞も置いていませんでした)

料理のおいしい国だと、ホテルの夕食で済ませるのは寂しいかもしれませんが、
名物料理って何だろう…と悩んでしまうドバイだと、こういうスタイルもいいんじゃないでしょうか。
なお、ドバイのローカル料理は、シェイク・モハメッドセンターのカルチャーランチで食べることができました。

* * *

ドバイ6日目の朝、このホテルをチェックアウト。
エティハドトラベルモールにタクシーで行き、そこでシティチェックインをしました。
搭乗6時間前までだと、通常は空港で行う搭乗手続きがトラベルモール内でできます。
航空券も発券できたし、スーツケースを預けて身軽になれたので、
このあとの観光が楽になりました。

では、エティハド航空の無料シャトルバスに乗り、アブダビを目指します!


ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)

web拍手 by FC2


プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。