2013年ソウル旅行記について

2013年お正月のソウル旅行記です。バリ島旅行のトランジットを利用した、行き8時間、帰り13時間の弾丸旅行です♪
海鮮鍋を食べたり、NANTAを観たり、スーパー銭湯に行ったり……トランジットでも楽しめました。
全部で14記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年ドバイ旅行記について

2013年5月2日~8日、GW4泊7日の旅。個人旅行です♪
利用したのはエティハド航空、ホテルは「アル・ムルージュ・ロタナ」のクラブルーム。
砂漠ツアーに参加したり、フェラーリ・ワールドに行ったり、タクシーのぼったくりに遭ったり…濃い旅でした。
全部で40記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年バリ島旅行記について

2013年1月1日~5日、お正月3泊5日の旅。個人旅行です♪
利用したのは大韓航空、ホテルは「ヌサドゥアビーチホテル」のクラブルーム。特にラフティングが楽しかったです。
全部で18記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

「砂漠オプショナルツアー 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記12】4WDに乗って砂漠サファリツアー!

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_5.gif 5.0

DSC05540.jpg

ドバイに来たらやりたかったことの一つに、デザートサファリがあります!

そこで、Alan1.netさんの「ドバイ近郊 砂漠サファリ一泊ツアー」に参加しました。
あらかじめ日本からツアーを申し込んでおきました。

砂漠をドライブしてキャンプサイトに向かい、そこで水タバコやヘナペイントを体験。
バーベキューを食べ、ベリーダンスを見学。
そして砂漠に設営されたテントに一泊するという、盛り沢山のツアーです。

価格は一泊ツアーで一人あたり415AED(11,620円)
半日ツアーであれば290AED(8,120円)と安くなります。
でも砂漠に泊まればホテル代が浮くので、一泊ツアーの方が結果的に得になります

今回の旅行ではドバイに4泊しましたが、ホテルは3泊押さえるだけで済みました。
ツアー送迎場所は翌日泊まる予定のホテルロビーにしましたが、問題ありませんでした。
(ただし、最初から全行程のホテルが付いている場合は、半日ツアーの方がいいと思います)

* * *

さてさて。ぼったくりタクシーから解放されてホテルロビーに戻り、身体を休めていると、
ツアーの迎えが来ました。16:00、時間ぴったりでした。
ほかに2つのホテルを回り、3組6名で出発!
日本人男性2名、デンマーク人夫婦2名、そして我々です。

途中でガソリンスタンドに寄ってトイレ休憩。(女子トイレは混むので注意)

DSC05481 (2)

ここに止まっている車、全部同じツアー会社の車です!
人気があるんですね。

この日のツアー参加人数を聞いてみると、180人ぐらいとのことでした。
でもほとんどが半日ツアーの参加者で、夜になると市内へ戻っていくそうです。

では、本日砂漠に泊まるのは何名かと聞いてみたら、たった8名でした。
そんなに少ないんだと驚いていると、「8名は多いほうだよ」とドライバーさんが言いました。
「昨日砂漠に泊まったのは、日本人の女の子一人だけだったよ~」

えー! 女の子一人?! 
他の参加者がいるならいいのですが、広~い砂漠に、
女の子一人だけで泊まるのは心細かったのでは?

ガイド「スタッフもいるから大丈夫だよ~」

砂漠を独り占めできるから、かえっていい思い出ができたかも?


砂漠に到着

17:20頃、砂漠に到着しました!

DSC05483 (2)

砂漠を走るので、ここでタイヤの空気を抜きます
上の写真には車が数台しか映っていませんが、あとからあとから車がやってきました。
ツアー客は自由に砂漠を歩いて、写真撮影会。

車を離れる際、ナンバーを覚えておくと後で役に立ちます。
……実は、ドライバーさんたちがね、みんな同じ顔に見えるの(すいません)
日焼けした肌、黒髪、サングラス、同じユニフォームなので。
車もみんな同じだから、どれに乗ってきたか分からなくなりますっ


DSC05511 (2)
砂漠に咲く花。どうやって栄養を得ているんだろう。


サファリライドスタート

車の準備も出来、エキサイティングな砂漠ドライブの始まりです~。
ドライバーさんが、陽気な音楽をかけました。一気に盛り上がる車内!

DSC05498 (2)


こんな感じで、列になって進んでいきます。

DSC05493 (2)


車内は上下左右に揺れる揺れる!
ドライバーさんのテクニックが光ります。

DSC05497 (2)
バックミラーにつけてある飾りが、横に振れているのがおわかりでしょうか。

「わはははは!」
「ひゃあー!」
「うわっ!」

車内のテンションもアップ! 楽しい!
車が揺れるたびに、みんな同じ方向にぐいーんと傾きます。

動画も撮りましたが、車内が揺れるものだから、ろくな映像が撮れていませんでした(笑)
ぶれっぶれの映像の中に笑い声がたくさん入ってましたー。


DSC05507 (2)

オレンジ色の矢印で示した車にご注目。
あんなふうに、砂漠の山のてっぺんでわざと止まったりするんです。

ジェットコースターの急降下時と同じ角度になっているのに、
そこで15秒ほどストップするものだから、車内は楽しい悲鳴でいっぱいに。

いやー、スリリングでわくわくするドライブでした!
私も夫も酔わない方ですが、念のため酔い止め薬は飲んでおきました。
おかげで純粋に楽しむことができました


DSC05517 (2)
これは、砂にはまってしまった車を、牽引して救出しているところ。
こういうこともあるんですね。


砂漠で遊ぶ

ドライブの途中で、休憩の時間もあります。

DSC05523 (2)

夫が砂山の上から、手を振ってます。
「こっちおいでよー」

でも、砂山の上に上るのはけっこう大変なんです。
砂漠の砂はサラサラで、歩くと埋まってしまいます。
川の中を歩くような感じで、一歩一歩がきつい。

夫「裸足のほうが歩きやすいよ~」
私「裸足?!」
夫を見ると、手にサンダルを持ってました。

しばらく足元を見つめていましたが、私もえいやっと靴を脱ぎ、裸足になって砂山を登りました。
砂が気持ちいい~!

砂漠の砂って、ザラザラじゃないんです。サラサラ。
ルーセントパウダーみたいな感じ。

写真を撮っていると、たまにレンズに砂がつきます。
小さい小さい粒みたいなのが、点々と。
砂漠でのレンズ交換は避けたほうがいいかもしれません。



DSC05527 (2)

夕日がダイヤモンド~。


DSC05520 (2)

初めての砂漠を満喫中。



こちらは、途中で寄った、ラクダ牧場。

DSC05532.jpg

オスのラクダは8頭ぐらいで、
メスのラクダと子供ラクダが合わせて100頭ぐらいとのことです。
繁殖させるには、こういうハーレム状態の方が都合がいいからかな。



DSC05544.jpg

夕焼けが濃くなってきました。
キャンプサイトに向かいます。(続く)

ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)
スポンサーサイト

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記13】砂漠のラクダ

訪問日:2013年5月 
満足度: 3.0

DSC05565.jpg

4WDに乗って砂漠をドライブした後は、キャンプサイトに到着。
ラクダに乗ったり、ヘナペインティングを体験したり、BBQを食べたり…と、
いろんなお楽しみが待ってます!


キャンプサイトの様子

DSC05555.jpg

砂漠に設けられたキャンプサイト。
外にはラクダが4頭いて、順番に乗ることができます。
砂山を利用したサンドボードにも列ができていました。


DSC05567.jpg

キャンプサイトの中です。
中央のステージで、2種類のダンスが披露されます。
ステージの最前列で見たいなら、
ハンカチなどを置いて席の場所取りをしておいたほうがいいかも
(私がいろいろ寄り道してステージに着いた頃には、もうすべての席に荷物が置かれていました)


DSC05628.jpg
(これは翌朝撮った写真です)

水洗トイレもキャンプサイトの中にあります。
男女それぞれ4つぐらいあったかな?
綺麗さは、まあ許容範囲かなっていう感じです。
ホットシャワーはなく、水シャワーのみです。


ラクダに乗ろう

DSC05566.jpg

ラクダさん。鞍がついています。
私と夫は、ラクダ待ちの列が少なくなってきた頃に行って、乗らせてもらいました。

写真のように座った状態のラクダにまたがります。
ラクダが立つときが、一番怖いです!
一気に2mぐらい高さがアップします~!

ラクダの上から見た景色はこんな感じ。

DSC05560.jpg

ラクダの綱を引く男性の頭がはるか下に見えます。

ただ、ラクダに乗れたのは30秒くらいしかなくて、そのへんを一周回って終わりでした。
あっという間でしたが、いつもと違う目線のお散歩を楽しむことができました。

元の場所に戻ってきたら、ラクダが座るのを待って降りるのですが…
なかなか、ラクダが座ってくれません。
立った状態のラクダはかなりの高さがあるので、ここから飛び降りるのは無謀です。

どうしようと思っていたら……
ラクダ使いの人が、ラクダの首をピシィッと棒で叩きました
(ひぃ~!)

最後の方だったから、ラクダはご機嫌ななめだったみたいです。
ラクダをあんなふうに叩くんだ、とショックを受けました。
ラクダは膝を曲げてしゃがんだので、無事に地面に下りることができましたが、
楽しかった気持ちはしぼんでいきました。

私の後にも別のグループが乗っていましたが、
例のラクダは、人を乗せたあと中々立ち上がろうとしなくて、
またラクダ使いの人にピシィッとやられてました。

もっと多くのラクダがいたら、無理のない範囲で触れ合えたのかな。
ラクダとの和やかな交流を楽しめる時間であったらよかったな。

何だかほろ苦い気持ちになったラクダ試乗でした


ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記14】砂漠での一夜

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_4.gif 4.0

DSC05513 (2)

オプショナルツアーに参加して、砂漠ドライブを楽しんだ私たち。
日が落ちる頃に、砂漠のキャンプサイトに到着しました。
今日はここで一泊します。

キャンプサイトでは、水タバコとヘナペインティングに挑戦してみることにしました。
まずは水タバコ

DSC05571.jpg

私も夫も普段タバコを吸いませんが、好奇心に負けて、トライしてみることに。
「やってみたい」と言うと、容器を用意してくれました。

長いホースみたいなものの先に吸い口がついています。
そこからすーっと吸ってみると…
フルーティな香りがいっぱいに広がりました!
イチゴ味のガムを噛んだときのような感じです。
でもふうっと口から息を吐くと、ちゃんと煙が出ました~。


私は、ヘナ・ペインティングにも挑戦。

2週間くらい模様が消えないと聞いていたので、
日本に帰ったときに服で隠せる位置がいいかなと思い、
二の腕にしてもらうことにしました。

DSC05586.jpg

1~2分でちゃちゃっと描いてくれました~。

DSC05587.jpg

ちょっと模様が盛り上がっているのが分かるでしょうか。
乾くまでは触れないので、持っていたジャケットも肩から羽織るしかありませんでした。

翌日、模様の盛り上がっている部分を触ってみると、ほろほろと全部崩れていきました。
でも大丈夫。肌には、茶色い模様がきちんと残っていました。
本当に2週間くらい消えませんでしたよ!
手の甲に描いてもらわなくてよかった~。
スーパーでお金を渡すときに二度見されそうです。


しばらくたつと、中央ステージでダンスがはじまりました。

DSC05572.jpg

踊っているのは男性です!
観客を盛り上げながら、ひらひらしたスカートを翻して素敵なダンスを見せてくれました。


夕食

DSC05588.jpg 

夕食はBBQです。
自分で焼くのではなく、焼いてあるのを取りに行く形です。

DSC05592.jpg

あんまり期待してなかったのですが、けっこうおいしかったです♪
とくにラム肉が最高~。

私たちなりに砂漠の夜を楽しんでいたのですが、ここで事件が。


「バーベキュー台にコーヒー・紅茶を用意したので、ご希望の方はどうぞ」というアナウンスがあったため、
私が二人分の飲みものを取りに行くことにしました。

まずは紙コップを渡され、それに熱湯が注がれました。
「ティーバッグや砂糖はあっちにあるから、好きなように入れてくれ」とのことだったので、
両手に紙コップを持って移動していたところ……
よそ見をしていた他の人が私の肩にぶつかり、熱湯が私の手に…

悲鳴をあげて、カップを二つとも砂漠に落としてしまいました。
砂漠の砂の色が変わっていくのを、冷静な頭で見ていましたが、
そのあとすぐに痛みがおそってきて。
「やばい、火傷しちゃった…!」

スタッフの人に連れられて、氷をどっさり入れた水で、ひたすら両手を冷やしました。
ぶつかった人は謝ってくれました。その人には怪我がなくてよかったです。

ずっと手を冷やしていたので、
このあとステージで行われたベリーダンスを見ることができませんでした。


砂漠で一泊

ベリーダンスが終わると、半日ツアーの人たちは市内に戻っていきました。
キャンプサイトに残されたのは、8名だけ。

グループに一つ、テントが用意されました。
ふつうのアウトドア用のテントです。

DSC05597.jpg

DSC05596.jpg

中にはマットがあるので、寝心地もいいです。
さらに寝袋ももらいました。
砂漠の夜は冷えると聞いていたので、私はヒートテック長袖を着て、寝袋を利用しました。
念のためダウンジャケットも持ってきていましたが、それは使わなくてすみました。

ただ、火傷はまだひりひりしていて、
氷から手を離すと、10秒後くらいから痛みがおそってくる状態でした。

心配したスタッフの人が「いいものがある」と、ビニールの手袋を持ってきてくれました。
手袋に氷水を入れ、手を入れると、とっても気持ちがいい。

手袋をしたまま横になります。
水の温度が高くなってくると痛みが戻ってくるので、水筒に入れた冷たい水をたまに補充しながら、
眠りが訪れるのを待っていました。

テントの天井を眺めていると、泣きたくなりました。

今日は全然ついてなかったなあ。
シェイクザイードモスクに行ったら閉まってたし、
ビーチに行こうと思ったらぼったくりタクシーに遭っちゃったし、
紅茶を飲もうと思ったら手に火傷までしちゃうし。
やることなすこと、全てが裏目に出てしまう。

楽しい旅になるはずだったのに、どうしてうまくいかないのかな。

身体は疲れているのに、なかなか眠れなくて。
無理やりにでも寝なきゃと、目を閉じました。


砂漠の朝

朝目覚めて一番先に思ったのは、「痛くない」ということでした。
夜のうちに、痛みはすっかり引いたようです。
最後まで痛かった箇所を確認してみたら、少し赤くなっているだけで、問題なさそうです。

テントを抜け出し、日の出を見に行きました。

DSC05617.jpg

砂漠を照らす金色の光。

いろいろあったけど……日はまた昇るんだなあ。
痛みが引いた手で光をさえぎりながら、そう思いました。

力強い太陽を見ていたら、自分の中に、少しずつ元気が戻ってくるような気がしました。
旅行はあと4日もある。
昨日は散々だったけど、これから取り戻せばいいんだ!


砂漠からのぼる太陽に、励ましてもらった朝でした。

DSC05611.jpg

ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ) 

web拍手 by FC2


プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。