2013年ソウル旅行記について

2013年お正月のソウル旅行記です。バリ島旅行のトランジットを利用した、行き8時間、帰り13時間の弾丸旅行です♪
海鮮鍋を食べたり、NANTAを観たり、スーパー銭湯に行ったり……トランジットでも楽しめました。
全部で14記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年ドバイ旅行記について

2013年5月2日~8日、GW4泊7日の旅。個人旅行です♪
利用したのはエティハド航空、ホテルは「アル・ムルージュ・ロタナ」のクラブルーム。
砂漠ツアーに参加したり、フェラーリ・ワールドに行ったり、タクシーのぼったくりに遭ったり…濃い旅でした。
全部で40記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年バリ島旅行記について

2013年1月1日~5日、お正月3泊5日の旅。個人旅行です♪
利用したのは大韓航空、ホテルは「ヌサドゥアビーチホテル」のクラブルーム。特にラフティングが楽しかったです。
全部で18記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

「いろんなショッピングモール 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記07】広すぎて迷いそうな、ドバイモールを探検

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_4.gif 4.0


DSC05402 (2) 

ドバイに到着してホテルに荷物を預けた後、まず出かけたのはドバイモール
2008年にオープンした、世界最大級のショッピングモールです。
All About の記事によると、東京ドームが23個も入ってしまうとか…。
広~いドバイモールを、探検してみました。


DSC05401 (2)
ショッピングメインなら、一日過ごせると思います。とにかく大きい!
吹き抜けって、一番贅沢な空間の使い方ですよね。


DSC05400 (2)
ライトに見とれました。
劇場の天井です、と言われても信じてしまいそう。


DSC05425 (2)  
店の前の通路がね~、広いんです。
乗用車が通ってもまだ余裕があるくらいの広さです。
吹き抜けだから開放感もあるし。

UAEの公用語はアラビア語ですが、英語も通じます。
店名は、95%くらいが英語表記でした。
だから上の写真だと、アラブに来ている感じがまったく伝わらないかも。

でも、ドバイモールを実際に歩いてみると、自分がUAEにいるんだっていうことを強く意識します。
というのは、民族衣装を着たひとたちがふつうに歩いているからです。

顔だけ出して、あとは真っ黒い衣装で肌を隠した女性たちが、
ブランドバッグを持ち、家族でショッピングを楽しんでいる様子を見たのは衝撃でした。

DSC05456 (2)

民族衣装を着た女性がiPhoneを触っているのを見て、「あ、スマホ使うんだ…!」と驚いたり。
目だけ出して、あとはきっちり肌を隠した女性3人がカフェでお茶を飲んでいるのを見て
「おしゃべりが好きなのは一緒なんだなあ」と思ったり。
実際に暮らしている様子を見て、いろんな先入観が消えていくのを感じました。

イスラム圏の人(特に女性)は写真を撮られるのを嫌うそうで、
「カメラを向けてはいけない」とガイドブックで学んだため、モールでは彼らの写真を撮っていません。
アバヤ(女性の民族衣装)」や「カンドゥーラ(男性の民族衣装)」で画像検索していただくと、
どういう格好なのかイメージが伝わると思います。


世界一の水槽

DSC05411 (2)
ドバイモールには、世界最大の水槽がある水族館があります。

お金持ちの国なので、何でもスケールが大きいです。
世界一の高さのバージュ・カリファ、世界初の超豪華7つ星ホテル…。
現在は世界最大の水中ホテルを建設中だそうです。


DSC05407 (2)
世界一の水槽です。
お客さんが、少し遠巻きに見ていますよね。これには理由があります。


DSC05407 (3)
水槽の前に、ロープが張ってあるんです。
ロープの中は、水族館のチケットを持っている人でないと入れません。
逆に言うと、水族館のチケットを買わなくても、この巨大水槽だけは見学することができます。
水族館の入場料は、AED70(1,960円)。


DSC05769.jpg
水槽の中に、ダイバーがいるのがおわかりでしょうか。
なんとダイビングまでできるんです! ひぃ~。

水槽の中に入れるってすごいですよね。。。
水族館ですから、天候や運に左右されません。「確実に」たくさんの魚が見られます。
サメと一緒に泳げるのがポイントらしいです。
料金は、ライセンス保持者で675AED (約18,900円)
ううむ…。

なお、水槽に赤やピンクのボタンのようなものが映り込んでいますが、
それは水槽の目の前にあるお店のものです。
DSC05467 (2) 


探検は続く

DSC05421 (2) 
ここにも、広すぎる吹き抜け。
空いている真ん中のスペースに、日本のビジネスホテルが一軒建っちゃいそう。


DSC05423 (2) 
吹き抜け部を支えている柱。
二人がかりでも、腕がまわらないくらいの大きさです。
模様がアラビアンでかわいい~。


DSC05426 (2) 
長すぎるエスカレーター。


DSC05428 (2) 
エスカレーターの広告が、アルマーニ・ジュニア
ち、小さいころからアルマーニですか?!



DSC05454 (2) 
ショッピングモールの中に、スケートリンクまであります(!)
夏は外気温が50度くらいになる、灼熱の国なんですけどね…。



DSC05450 (2) 
巨大なオブジェ。
下にいる人と比べていただくと、その大きさが伝わるかも。
滝みたいに水が流れていて、ザーッという音がします。
近くまで行ってみると、水のミストを浴びるようで気持ちがよかったです。


DSC05455 (2) 
お金持ちの国の人の考えることは、よくわかりません…(笑)


ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)
スポンサーサイト

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記08】kino cafeでかき氷とマンゴースムージー♪

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC05429 (2)

ドバイモールの中にあった紀伊国屋書店をぶらぶらしていたら、
書店内にkino cafeという名のカフェがありました。

大きな窓に面していて、ドバイ・ファウンテンが行われる人工湖が見えました。
すごく素敵な雰囲気のカフェだったので、のんびりお茶することにしました♪


メニュー

メニューはこんな感じです。

DSC05406.jpg
左下にあるKaki-Goriのところに、かき氷のフレーバーが書いてあります。
かき氷だけでなく、パフェやチーズケーキなどもあります。


DSC05405.jpg 
こちらはドリンクメニュー。お茶もいろいろあるし、スムージーやミルクシェイクも。


頼んだのはこちら。
DSC05430 (2) 
いちごミルクのかき氷と、マンゴーパラダイスという名のマンゴースムージーです。
かき氷は28AED(784円)、スムージーは26AED(728円)。

5月上旬のドバイの気候は、感覚としては日本の真夏です。
最高気温は33度~35度くらいじゃないでしょうか。
だから冷たいかき氷が嬉しいです。日本と変わらない味です。
マンゴースムージーは、一口飲んで笑顔になるくらいおいしかったです!
とろ~り、濃い味!  かき氷もスムージーも、本当におすすめです。


テラスからの眺め

このカフェは、テラスにも出られます。

DSC05435 (2) 


ここから、人工湖が一望できます~!


DSC05446 (2) 

敷地、広いですよね~。
湖の中にある丸い模様は、ドバイ・ファウンテンの噴出口です。
ここで世界一の噴水ショーが行われます。



DSC05442 (2) 

世界一の高さの、バージ・カリファも見えます。
上の写真だと根元の部分しかわからないので、
別の場所から撮ったバージ・カリファを。



DSC05953.jpg 

銀色に輝く塔です。

高さは828メートル。
東京都庁の高さが243メートルですから、都庁が縦に3.4個並んだ高さです。 

人間は、どこまで空に近づけるんだろう?


ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記16】デザインが美しいドバイメトロ

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_3h.gif 3.5

DSC05665.jpg

今日は、ドバイメトロをご紹介したいと思います!
2009年10月に開通したばかりなので、すべてがピカピカです


DSC05666.jpg

入り口はこんな感じ。
capsuleの曲が似合いそうな外観です。
ハイヒールをカツカツ言わせながら、颯爽と入りたくなります。


DSC05432.jpg

中もきれい。
レッドラインは地上を走るため、構内に太陽光が入って明るい雰囲気です。
自動改札のバーが、扇型です!


DSC05512.jpg

乗車券です。Suicaみたいに改札にタッチして使います。
上の赤いのが表面で、下が裏面です。

素材は紙です
パスネットやクオカードみたいな素材でもなく、Suicaみたいなカードでもなく、
搭乗券ぐらいの厚さの紙です。手でびりっと破れます。


ではホームに行ってみます!

DSC056692.jpg 

端の車両がGold classになっています。
(どこの車両がゴールドクラスかは、ホームに書いてあります)
この車両に乗るには、ゴールドクラス専用の乗車チケットが必要になります。
普通のより割高になるので、私たちは普通のチケットを買って移動していました。
あと女性&子供専用車両もあったので、男性の方はご注意ください~。


DSC056702.jpg 

電車が来ました!


DSC05413.jpg

車内は、日本よりも綺麗に感じるほどです。
ただ、自分がメトロの車両に乗り込んだとき、空気が毛羽立つような感覚を覚えました。

UAEの女性はアバヤでがっちり肌を隠しています。外から見えるのは目だけという人もいます。
それだけに異国の女性が珍しく、ジロジロ見られてしまうみたいです。
(メトロを使うのは、主に他国から来た出稼ぎ労働者だそうです)

私はふわっとしたマキシ丈スカートに8分袖の薄手カーデを羽織っており、
肌を露出していたわけではありません。
それでも、「髪や顔を隠していない外国人女性が来た」と意識を向けられるような感じです。
しばらく経つと、私がいることに車内が慣れていきます。

真っ黒いアバヤを着て身体のラインを隠すのが普通の世界で、日本の夏の格好で歩くのは、
水着を着て新宿を歩くのと同じような感覚なのでしょうか。
アジア系の女性は、肌を露出しているとコールガールと間違われることもあるそうで
服装には注意したほうがよさそうです…。


DSC05673.jpg

メトロから見えるドバイの街。
砂漠に生えた芽のように、ビルがにょきにょきと建っています。

ドバイのビルはどれも、すごくお洒落なデザインなんです。
ビルの写真をたくさん撮ったので、いずれ記事にまとめたいと思います!


DSC05490.jpg

これはホームにあった注意書き。
非常停止ボタンを間違って押すと、2000Dhsの罰金とあります。
日本円にして、56000円ですっ!

なお、メトロ内の飲食も禁止されています。


メトロの駅とドバイモールを結ぶ歩道橋

こんなふうに近代的なドバイメトロですが、
ドバイの観光スポットはメトロの駅から離れていることも多く、
最初からタクシーで行ったほうが早い場所もあります。
ドバイモールがその一つ。

ドバイモールはメトロの駅から徒歩25分くらいかかります。
真夏になると気温50度にもなるドバイで、30分弱歩くのは辛い…というか無理ですよね。

なのでドバイメトロが開通しても、タクシーで行く人がほとんどだったようですが、
近年、駅からドバイモールへの直通歩道橋(エアコン完備)ができました。

DSC05655.jpg

囲んだところ、くっついてるのが分かるでしょうか。
写真だとちょっとしか歩道橋が映ってませんが、全長820メートルもあります。


DSC05767.jpg
歩道橋の中には、動く歩道があります。
途中で歩道橋に出入りすることはできません。駅とドバイモールを結ぶ橋です。
この歩道橋を使うと、10分くらいでドバイモールに到着します。


これは歩道橋を外から見たところ。

DSC05656.jpg

ただの歩道橋も、ドバイではこんなに美しくなります。

そして、大きい!
写真右下にいる夫と比べると、どんなに大きい道か分かっていただけると思いますっ


DSC05661.jpg

道路に、網目のように影が映っています。

駅からドバイモールまで歩くと25分くらいかかるのですが、
体力と時間と気候が許せば、歩道橋を眺めながら駅まで歩いてみるのも楽しいと思います。


ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記17】イブン・バトゥータモールでマックアラビアを

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC05674.jpg

ドバイにはたくさんのショッピングモールがあります。
私はドバイモール、エミレーツモール、イブンバトゥータモールの3つに行きましたが、
写真を撮るのが一番楽しかったのが、このイブンバトゥータモールです。

なぜかと言うと、イブンバトゥータモールは6つのゾーンに分かれていて、
それぞれ内装が違うからです。

ibunmall6.jpg

ゾーンを動くたびに、がらっとコンセプトが変わるので楽しい!
ちょっとした世界旅行です。
壁も天井も、すべてが違うデザインです。


DSC05681.jpg DSC05734.jpg
照明一つとっても、それぞれのゾーンでデザインが異なります。

私などは、全部同じコンセプトで統一すれば建築費がコストダウンできると考えちゃうのですが
そこは太っ腹のドバイ。
一つのショッピングモールを6つに分けて、全部違うデザインにしちゃえ~となるんですね。


DSC05753.jpg

チャイナコート内には、こんなに広い場所があります。
空いているスペースでスポーツができそうなくらい。
こんな空間の使い方に慣れているドバイの人が、日本に来たらどう思うのかな?


DSC05679.jpg
アラビアンなナイキ発見!

そうそう、このイブンバトゥータモールには、世界一美しいと言われるスタバがあります。
次回の記事でご紹介します。


フードコートで食事

お腹がすいたので、モール内のフードコートでランチを食べることにしました。

ピザを買ったら……

foodpic3628965.jpg
宅配ピザみたいな箱に入って出てきました(笑)



foodpic3628929.jpg

超ビッグサイズのマトンピザです。日本では珍しい具ですよね。
注文してから焼いてくれたので、10分ぐらいかかりました。



こちらはマックで買った、マックアラビアのセット。

DSC05682.jpg

中にはチキンとトマトと野菜が。ピタサンドみたいでした。


foodpic3628981.jpg
丸っこくてかわいい、アラビア文字のフォント。


DSC05422.jpg

マックアラビアのパッケージ。
写真の白く囲ったところに、halal(ハラール)と書いています。
これは、イスラム教を信仰しているムスリムが食べても問題ないですよ、ということを示したものです。

ムスリムの方々は豚肉を食べられないし、お酒も飲めません。
マックアラビアに使われているチキンは食べてもOKですが、
チキンなら何でも大丈夫というわけではなく、
イスラム教のルールにのっとった形で処理されたチキンでないと食べられません。

Wikipediaによると、ムスリムの人がお祈りをささげながら息の根を止めたものでないと
駄目なのだそうです。
さらに、保管場所や輸送する乗り物に豚が一緒になってはいけないそうです。(その他細かい規則あり)

これだけ厳しいルールがあることを、初めて知りました。
日本で暮らしているムスリムの方々は、食材を調達するのに苦労されているかもしれません。

* * *

イブン・バトゥータモールは郊外にあります。
バージュ・カリファ/ドバイモール駅から、イブン・バトゥータ駅まではドバイメトロで30分弱
駅を出たらすぐ目の前がモールです。
6つのゾーンを探検してみてください♪


web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記18】世界一美しいスターバックスに行ってみました

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC05722.jpg

ドバイには、世界一美しいとされるスターバックスがあります。

【画像あり】ドバイのスターバックスが世界一美しいと話題に(Naverまとめ)

旅の情報収集をしているときにこのスタバの存在を知り、好奇心がむくむくと…。
ぜひ自分の目で見てみたくなり、行ってきました!


DSC05716.jpg

わー! 美しいドームの中央に、スタバ!
天井が驚くほど高くて、開放感があります。

メニューはいつものスタバと変わらなかったような。
お店の素敵な雰囲気に圧倒されて気が大きくなってしまって、
店員さんに勧められるままにトッピングを追加してみました。

DSC05723.jpg

店内はとても居心地がよかったです。
それほど混んでおらず、みんな好きに過ごしていました。
Wi-Fiも使えました。(パスワードは店員さんまで)

スタバのコーヒーを飲みながらスマホをいじっていると、なんだか日本にいるみたい。
でも真上を見上げれば、異国のデザインの天井。

DSC05721.jpg

惜しいのは、いくつか電球が切れてるところ(笑)
でもこの天井、ものすごく高い位置にあるので、電球一つ替えるのも一苦労だと思います~


スタバの美しさの秘密

このスタバは、イブンバトゥータモールにあります。
モールは前回の記事でご紹介したとおり6つの国別ゾーンに分かれており、
スタバはペルシャゾーン(Persia court)にあります。

ペルシャゾーンは、下の写真のような感じです。

DSC057152.jpg

あれ、上で見たスタバの内装と似てる…?と思われたかもしれません。
実は、イブンバトゥータモールのペルシャゾーンは、どの店もこういうデザインなんです。

つまり、スタバのお店の上に広がるエキゾチックなドーム天井も、青と金の壁も、
イブンバトゥータモールのものなんです。(実際に行くまで、知りませんでした)
借景と言えるかもしれません。


DSC05717.jpg
スタバのお店の奥に、板のようなものがありますよね。(写真の吹き出し部分)


板の向こう側に回ってみると…


DSC05725.jpg

何と、スタバではないカフェが2軒入っています!
どちらもチェーン系のカフェ(LONDON DAIRYとCaribou COFFEE)です。

ということは、
「世界一美しいLONDON DAIRY」
「世界一美しいCaribou COFEE」
とも言えちゃうことになります。


でも。

ドーム天井を眺めながらゆっくりスタバのコーヒーを楽しんでいると、
そんな細かいことは気にならなくなります。
ここでは、時間の流れかたがゆっくりです。

美しいお店で飲むコーヒーは、いつもより美味しく感じられました
目から入ってくる情報(=景色)も、コーヒーを美味しくするのに一役かっているような気がします。

DSC05724.jpg


ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)

web拍手 by FC2


プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。