2013年ソウル旅行記について

2013年お正月のソウル旅行記です。バリ島旅行のトランジットを利用した、行き8時間、帰り13時間の弾丸旅行です♪
海鮮鍋を食べたり、NANTAを観たり、スーパー銭湯に行ったり……トランジットでも楽しめました。
全部で14記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年ドバイ旅行記について

2013年5月2日~8日、GW4泊7日の旅。個人旅行です♪
利用したのはエティハド航空、ホテルは「アル・ムルージュ・ロタナ」のクラブルーム。
砂漠ツアーに参加したり、フェラーリ・ワールドに行ったり、タクシーのぼったくりに遭ったり…濃い旅でした。
全部で40記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年バリ島旅行記について

2013年1月1日~5日、お正月3泊5日の旅。個人旅行です♪
利用したのは大韓航空、ホテルは「ヌサドゥアビーチホテル」のクラブルーム。特にラフティングが楽しかったです。
全部で18記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

「アブダビ観光 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記04】コインロッカー探しに40分もかかった私たち

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_3.gif 3.0

 DSC05662.jpg
写真はドバイの街で撮ったものです。銅像が民族衣装を着ています。

今回は、アブダビ空港での入国方法と、
コインロッカーを探して空港内をさまよった話を書きたいと思います~。


アブダビ空港での入国方法

成田からの便はターミナル1に到着しました。
飛行機から降り、人の流れに沿って進むと、免税店がいっぱいあるエリアに着きます。
円形の吹き抜けをぐるっと回ると、下の階に続く階段があるので降ります。
それから、「Baggage Reclaim →」の看板表示に従って進めばOKです。

イミグレで入国審査を受けますが、入国カードや税関申告書の提出は不要でした。
(大金や高額なものを持ち込む予定の人は、念のため確認してみてくださいね~)
機内で何も配られなかったので、ちょっと心配になりながら向かったのですが、問題ありませんでした。
男性の入国審査官がカンドゥーラと呼ばれる白い民族衣装を着ていて、
「中東だ!」とテンションが上がりました。

無事に荷物を受け取り、出国ゾーンを抜けて一般エリアに入ります。
ドバイ行きのエティハド航空のシャトルバスはターミナル3から出ています。
ターミナル1に着いた場合は、荷物を受け取って空港の一般エリアに出たあと、
「Terminal 3 →」の表示に従ってください。
このシャトルバスについては、次回の記事で詳しくご紹介します。


コインロッカーを探して

身支度をし、自由に行動できるようになったのが早朝5:20頃。
予約済みのドバイ行きシャトルバスは7:45発です。
あと2時間半ちかくあります。

アブダビ空港の一般エリアには、時間をつぶせるような場所はありません。
ターミナル1に小さいスタバがあるくらいでした。
(出国後エリアには、マックやカフェ、免税店があります)

アブダビ観光は最終日にしようと決めていましたが、
この2時間半、じっとしているのがもったいない。
急遽、シェイクザイードモスク(アブダビ空港からタクシーで20分)に行くことにしました。

困ったのが、スーツケースをどうするか。 

私は、空港でタクシー運転手と交渉するつもりでした。
タクシー1台をチャーターし、空港からモスクまで行き、観光の間待っていてもらって、
その後空港まで送り届けてもらうつもりでした。
だからスーツケースをタクシーのトランクの中に置いておけばいいと思っていたのですが、
夫の考えは違いました。

夫「タクシーをチャーターするのはいいけど、俺たちがモスクを観光している間に、
 スーツケースをタクシーの運転手に盗まれたらどうする? 絶対ダメ」
私「大丈夫だよ~。カギかけるし。重いし。盗まれないよ~」
夫「ダメ。ここは日本じゃないんだから」
私「……」

ということで、スーツケースをコインロッカーに預けてから向かうことに。
でも、肝心のロッカーが見当たりません…。

場所が分からなかったので、ガードマンのひとに「コインロッカーはどこですか」と聞いてみたところ、
ものすごく怪訝そうな顔をされました。

私の発音が悪かったのか。
コインロッカーが和製英語なのか。
UAEでは日本ほどコインロッカーがメジャーではないのか。
どれが理由なのか分かりませんが、 意味がわからない、という顔をしています。

でもスーツケースを指さしながら会話を続けると、何をしたいのかは分かってくれたみたいです。
「あそこを曲がればいいよ」と教えてくれてほっと一息。

それで、教えてもらった方向に行きました。

夫「……」
私「……」

ロッカーらしきもの、なし!!

ADACという会社のカウンターと、両替商のカウンターがあるだけです。
二つのカウンターのうしろは白い壁で、奥に進めないようになっています。

おかしいなあと思ったものの、また同じ人に聞くのは憚られて。
今度は宝くじ売り場のお姉さんに聞いてみました。
そうしたら、さっきのガードマンと同じ方向を指すんです。
ますます、分からなくなってしまいました。

打つ手がなくなってしまったので、
別のターミナルに行ったらあるかもしれないと、ターミナル1からターミナル3に移動することにしました。

* * *

ターミナル3に行ってうろうろする私たち。
各場所の方向を示した案内板に、トイレのマークなどに混じって、ロッカーみたいなマークを見つけました!
荷物とカギがデザインされたマークです。
でも私たちがさっきまでいた、ターミナル1方面に向かっての矢印がついています。

私「ターミナル1に戻れってこと? さっき散々探したけど、なかったよね…」
夫「でも、矢印がターミナル1方面を指してるから、戻ってみようか」

ということで、スーツケースをゴロゴロさせながら、再びターミナル1に戻りました。
でもねー、さっき探した通り、ロッカーはないんです。

もう一度、さっきのロッカーの表示を確認してみようということになり、またまたターミナル3へ移動。
改めてロッカーマークの表示を見たのですが、しっかりターミナル1方面を指していることに変わりはありません。


この時点でもう疲れてきました…。
2回も人に聞いたのに、ロッカーが見つかりません。
ペラペラではないけれど、私の方が英語が得意なので、海外での交渉事や質問は私の担当なんです。
でもコインロッカーって言うと変な顔をされるから、できればもう人に聞きたくないなって思っていて。


私「もう、タクシーに預かってもらおうよ。最悪、スーツケース盗まれたとしても、中身は着替えだけだし…」
夫「旅の間中、同じ服で過ごすつもり?」
私「うーん…」
夫「どうしてもって言うなら、俺はモスク観光中もスーツケースを持って歩く」
私「えーっ」
夫「それか、モスクの外でスーツケースを見ててあげるから、行って写真とってくればいいよ」
私「そんなぁ…」

少しでも危険のあることは避けたいと言う夫。
夫の言うことが正しいのはわかっているんです。
ただ、長時間のフライトで疲れていたし、どんどん時間はなくなるしで、私も焦ってしまっていました。
もう一度冷静になって、きちんと探すことにしました。

今度は、航空会社のチェックインを手伝っていたお姉さんが手の空いた隙を狙って、聞いてみます。
「すみません。コインロッカーはどこですか?」

でもまた、コインロッカーという単語が通じません。
思いっきり不思議そうな顔をされたあと、「あなたは何がしたいの?」と聞かれたので、
「これからモスクに観光に行くから、スーツケースをどこかに預けたい」と言いました。
そしたら、何がしたいかはわかってくれたみたいです。

女性「飛行機に乗るなら、チェックインして航空会社のカウンターに預けたら?」
私「飛行機に乗る予定はありません。2時間後のエティハドシャトルに乗ってドバイに行きます」

そうしたら彼女、「それなら、アブダビ・エアポートカンパニーの人が預かってくれるよ」と言ったのです。

え? 
カンパニー?
人?

もしかして……ロッカーじゃなくて、人が預かってくれるの?!


ここで初めて、空港にロッカーがないことと、手荷物預かり所のようなものがあることが判明。


女性「有料だけどね」
私「構いません。ありがとうございました!」

やった!
大きく前進しました!
今までロッカーを探していましたが、今度はアブダビ・エアポートカンパニーを探せばいいのです。


ターミナル1に戻って、教えてもらった会社を探すと…ありましたよ。
アブダビ・エアポートカンパニー。
ガードマンと宝くじのお姉さんに教えてもらったあたりですよーー!

以前ここに来た時には、
大きくADACと書かれたカウンターと両替カウンターしかなかったので踵を返してしまったのですが、
このADAC(=Abu Dahbi Airport Company)のカウンターこそが、手荷物を預かってくれる場所でした。
このカウンターの前を、何回通り過ぎたの私たち…。

カウンターには一つもスーツケースがなかったので、わかりませんでした。
それもそのはず、手続きをしたあと、スーツケースは別の場所で保管されるようでした。

ちょっと緊張しながら、カウンターの前に立ちます。
「荷物を預けたい」と言いました。
「Sure」と言われたとき、心の中でドラクエのファンファーレが鳴り響きました。

ミッションクリアしたよー!
40分もかかったけどね……。


20kg以内・3時間以内という条件だと、15ディルハム(約450円)でした。
手続きにはパスポートが必要です。お金は後払いです。

DSC05393.jpg 
手続きが済むとこの紙をもらえます。
空港に戻ってきたらこれを渡し、料金を払えば、スーツケースと引き換えられます。
このカウンターの場所は、ターミナル1、スタバのすぐ近くです。

身軽になって、心も晴れ晴れ。
シェイクザイードモスクに出発ですっ

ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)
スポンサーサイト

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記05】シェイクザイードモスクに行ってみたけれど。

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_2h.gif 2.5

DSC05389 (2)

無事にスーツケースも預けることができたので、
アブダビ空港からタクシーを飛ばして、シェイクザイードモスクに行きます!
ただし、ドバイ行きのシャトルバスが出る7:45までには、空港に戻ってこなければなりません。


モスクまでタクシーで向かいます

アブダビ空港のタクシー乗り場はターミナル1にあります。

出口から出ようとしたら、
「タクシーをお探しですか?」と女性が声をかけてきたのですが、
その人はリムジンタクシー(いつもより料金が高め)の手配係みたいな方でした。
ふつうのタクシーに乗りたかったので、客待ちをしていた車に乗りました。

運転手に、「シェイクザイードモスクに行って写真を撮り、空港に帰ってきたい」と言うと
了解してくれました。モスクを観光する間も外で待っていてもらいたかったので、
タクシーをチャーターする料金のことを聞いてみたら、メーター制とのことでした。

UAEの道は制限時速が100kmぐらいなのか、タクシーもガンガン飛ばします。
信号もほとんどありません。

アブダビ空港からタクシーで20分ぐらい走ったでしょうか。
わ、シェイクザイードモスクが見えてきました!
DSC05386.jpg 
テレビで見た建物が目の前に!

教会と名のつくものはいろいろ見てきたけれど、モスクを見学するのは初めてです。
ここは、イスラム教徒でなくても入場が認められています。


モスクはものすごく広い敷地にあるので、タクシーで門をくぐります。
モスクがどんどん近づいてくる!楽しみ!と思っていたら…
警備員にタクシーが止められてしまいました。

警備員がタクシーの窓から、運転手に話しかけます。
会話の内容があまり聞こえてこなくて、後部座席から、その様子を心配しつつ見守るしかありません。

――数十秒で話がついたようです。

運転手が、私たちに向かってこう言いました。
「今日は金曜日でお休みだから、これ以上先に進めない」と…。

 

えー!
ここまで来て入れないって…。
モスクはすぐ目の前なのに…。

写真を撮るだけでもダメ、だそうです。敷地内に入れません。

非常に残念ですが、そういうことなら仕方がないので、私たちのタクシーはUターンです。
モスクを背にして走り出すタクシー。
建物がどんどん遠ざかっていきます。
さっきまでのワクワク感はどこへやら。どんよりする車内。


あとで確認したら、金曜は16:30まで見学できないと地球の歩き方にも書いてありました。
ちゃんと見ておけばよかった。UAEの休日は金曜日だそうです。


ここまでやってきたのだから、せめてモスクの回りを回ってほしいと運転手にお願いして、
車窓から写真を撮りました…。


DSC05383.jpg
モスクの門しか撮れていない…(涙)
この門を入ったところで、警備員に止められました。


IMG_1694.jpg
モスクの裏側かな? 柵があって近づけません。


DSC05385.jpg 
モスク……遠い……(涙)


苦労してスーツケースを預けてまで、このモスクに来たかったのですが。
車窓からいまいちな写真を撮るだけで終わりました。ははは…

私「スーツケース預ける必要なかったね…」
夫「タクシーから降りなかったからね(笑)」

ま、遠くから一目見られただけでもよしとするか! ということで空港まで戻りました。
タクシー料金は、往復で80ディルハム(約2300円)でした。

* * *

でも、旅行の最終日に、リベンジを果たしましたよ。
もう一度シェイクザイードモスクに来て、その時はちゃんと入場できました。

近くから見たモスクは、それはそれは綺麗でした。
その時に撮った写真を一枚だけ、先に掲載します。



DSC06190 (2) 

きれい。
夢のような建物です。


私たちはこの美しさを知らずに、
DSC05385.jpg
こんな写真をとって空港まで戻ったわけです(笑)

事前に入場日を確認しておかなかった自分のミスなので、仕方がないです~。
ちょっと残念な気持ちを胸に、アブダビからドバイへ向かいます。

ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)


web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記36】タクシーのぼったくり・リターンズ

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_2.gif 2.0
DSC05653.jpg

以前、ドバイでタクシーのぼったくりに遭ったという話を書きましたが、
今度はアブダビで、再びぼったくりに遭いました(涙)

ドバイでは、目的地は今日閉まっていると嘘をつかれて別の遠い場所に連れて行かれましたが、
アブダビでは、目的地まで大幅に遠回りされました。
今日はその話を書きたいと思います。


タクシーと交渉

※アブダビ空港には、リムジンタクシー(レクサス)と、普通のメータータクシーがあります。
空港の出口付近にいる係員に「タクシー?」と聞かれてイエスというと、高級タクシーを呼ばれます。
メータータクシーに乗りたければ、タクシーがずらっと客待ちしているところまで行きましょう。

アブダビではメータータクシーをチャーターして観光するつもりでしたので、
列の一番前にいた運転手に聞いてみました。
「空港 → シェイクザイードモスク → フェラーリワールド という順に回ってほしいのだけれど、
このルートだといくらかかりますか?」

そうしたら、「メーター制だから、事前にいくらとは分からない」との回答。

でも、ここで引くわけにはいきません。
どんなメーターをつけているか、分かったものじゃありませんっ
一度私たちはそれで痛い目に遭っているので、そこのところは慎重でした。

私「大体でいいから、金額を教えてもらえますか」
運転手「うーん……150AED(4200円)ぐらいかな。
 でも、リムジンタクシーに乗ると500AED(14,000円)ぐらいかかるはずだから、お得だよ!
 こっちは、メーター以外の料金はもらわないから。
 ただ、モスクで何分待機するかなどによって、多少金額が前後するかもしれない」

このルートだと大体150AEDと分かり、夫と相談します。
実は滞在1日目に、空港ーシェイクザイードモスクをタクシーで往復したことがあり、
そのときは80AED(約2300円) かかりました。
そのときの記事:【2013年ドバイ旅行記05】シェイクザイードモスクに行ってみたけれど。

今回はシェイクザイードモスクで30分ぐらい待機してもらう予定ですし、
そのあとフェラーリワールドまで行ってもらうつもりだったので、
150AEDはまあ妥当な金額かなと思い、了承しました。
そのタクシーに乗って、一路シェイクザイードモスクを目指しました。


もしかして、遠回りされてる?

タクシーが動き出してしばらくたつと、運転手は気さくに話しかけてきました。

運転手「今日着いたばかりなの?」
私「いえ、ドバイを観光して、これから飛行機に乗って帰るところです」
運転手「ドバイはどうだった?」
私「とてもきれいな町でした」

彼はパキスタンから来たそうです。 祖国の話をしばらくしました。
空港を出てから時間もたったので、そろそろモスクに着いてもいい頃です。

私「モスクまであとどれくらいですか?」
運転手「左側に見えてきたよ」
私「……左?」

たしかに、ちょっと遠くの左手にモスクが見えた…と思ったら、
モスクを通り過ぎて、どんどん進んでいくタクシー!!

私「……」
夫「……」

今走っている道路は高速道路みたいなもので、
ポイント部分に来ないと左側に曲がれないんです。

前にしか行けないのは分かるけど、分かるけど…
これ、遠回りされてない???
モスクを過ぎてから、7~8分は走りましたよ~


前回シェイクザイードモスクに来たときとは、明らかに道が違います。
きちんと道を覚えているわけではないので、間違っていたらすみません。だいたいこんな感じです。

【前回】 ※Aが空港、Bがシェイクザイードモスクです。
abudhabitaxi1.jpg 

【今回】
abudhabitaxi2.jpg 
こういうルートだったから、モスクが左手に見えたあと、
どんどん前に進むことになったんだと思います。

遠回りされてモスクに着いたとき、メーターは55AED(1540円)でした。
前回は往復で80AEDだったから、片道だと40AEDぐらいのはずです。
37%増しになってます。


シェイクザイードモスクへ

タクシーで遠回りされているのが分かった時、一番いい方法は
その場で料金を払ってタクシーを降り、別のタクシーをつかまえることみたいです。
(文句を言うと、トラブルを招く恐れがあるため)

でもここでタクシーを降りてしまっては、空港に戻れなくなります。
モスク周辺には何もなく、流しのタクシーをつかまえるのは難しいと聞いていました。
そのため、遠回りはされたものの、このタクシーで最後まで行こうと決めました。
最初に料金を聞いておいたし、その範囲を大幅に超えることはないだろうと。

モスクを観光中にメーターをいじられてはたまらないので、
念のため金額を控えておいてから、観光に出ました。
運転手さんは車に留まるものだと思っていたら、なんと、観光中もついてきました。

モスクを歩きながら、いろいろと説明をしてくれたりして、
頑なだった心が、ちょっとだけほぐれました。
モスク観光のことは次回に。

観光を終えてタクシーに戻ってくると、メーターは68AED(1904円)になっていました。
到着時は55AEDで、30分ほど留守にしたため、これくらいは上がるだろうなと思っていました。


フェラーリワールドへ向かう

モスクを出る前に、「アブダビのショッピングモールに行かないか」と言われたのですが、
このタクシーでこれ以上遠くに行くのは不安だったので、断りました。
当初の予定どおり、フェラーリワールドに向かってもらうことにしました。

でもねー、このタクシー、モスクを出た後
モスクの回りを不必要にぐるっと一周していたそうです…
(夫の証言。私はガイドブックを見ていて気付かず)

空港あたりまで戻ってきたときにメーターを確認したら、132AED(3,696円)になっていました。
モスクから空港まで64AEDかかるはずはないので、やっぱり帰りも遠回りされたのだと思います。
フェラーリワールドがみえてきて、もうすぐ車が停車する…というときにメーターを見たら145AED(4,060円)でした。

最初に150AEDかかると言っていたので、
その金額になるように距離を調整したんじゃないかと思います。
下手なことしちゃったかなあ…と考えているうちに、
タクシーがフェラーリワールドに停車しました。
そうしたら運転手さん、着いたらすぐにメーターを消しました!

えええええ

金額は消えてしまいましたが、145AEDだというのは覚えています。
それなのに運転手さん、こう言いました。
「170AEDだ」

――そういうやり方って、ありなんですか?


今はフェラーリワールドに車が横付けされていて、道路の真ん中ではありません。
いつでも逃げ出せる場所にいるので、私も強気です

私「メーターは145AEDでした。それ以上は払いません」
運転手さん「モスクで30分止まったから、その分の料金が上乗せされる…」
私「その間、メーターが動いていたの知ってます!」

前回ぼったくりに遭ったときと同様、145AEDを押しつけて、タクシーを降りました。

本当は、「モスクまで遠回りしたの知ってるんだから!」って言いたかったけれど、
「遠回りする」という英語が出てこなくて、悔しかったです。

私たちはずんずんとフェラーリワールドの入り口まで歩いて行きました。
……運転手は、追いかけてきませんでした。


* * *

タクシーでいやな思いをしたのは、2回目です。
日本に比べてタクシーの金額は安いので、金額的に痛いかというと、そうでもありません。
痛いのは心のほうです。

ぼったくりに遭うと、何と言うか、人として軽んじられたような気がするんです。
異国の地で知り合った人に、悪意を持って嘘をつかれたことが分かると、
誰しもこんな気持ちになるんじゃないでしょうか。
信じた自分が馬鹿らしいし、情けないし、寂しい。

こんなことを言うと、夫から「lilyはいつも大げさだなあ。
ぜーんぶそんなふうに全力で受け止めてたら、生きるの大変だよ?」と笑われてしまうのですが。
滞在中2回もあると、さすがにこたえました。


web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記37】その美しさに心を奪われる、シェイク・ザイード・モスク

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC06191 (2)

真っ白く輝く、シェイク・ザイード・グランド・モスク。
完璧で美しい建物で、一目で心を奪われます。
2007年に完成したものなので歴史が浅く、世界遺産などにも登録されていませんが、
これを見るためだけに、アブダビに来てもいいぐらいだと思います。

今日は、この壮麗なモスクをご紹介します。


モスクの中に入るまで

DSC06180 (2) 

アブダビ空港からタクシーでモスクまでやってきました。
実はここに来るのは2回目。
1回目は金曜日に来てしまったので、閉まっていて入れなかったのです。
今度は大丈夫でした~。


モスクの横に、広いWashing roomがあります。
DSC06181 (2) 

ムスリムの方々は、お祈りをする前にここで身を清めます。
ドバイのジュメイラモスク見学ツアーのときに使い方を実演してもらったので、
何のための場所かすぐにわかりました。
関連記事:【2013年ドバイ旅行記22】ジュメイラモスク内部見学ツアー(1)

異教徒でもこのモスクを見学できます。
モスク入場前にWashing roomを使う必要はありません。


モスクに入る前には服装のチェックがあります。

DSC062142.jpg 

上の写真の拡大版です。

DSC06214.jpg 

上段がOK、下段がNGな服装です。
とくの女性は、肌を見せるような服装がだめなので悩むところだと思います。
私はマキシ丈のワンピース、カーディガン、頭にはストールという格好で何も言われませんでした。

ちなみに、ドバイ・アブダビを旅行するなら、マキシ丈のワンピースおすすめです。
足が隠れるし、涼しいし。
男性は、暑いのでハーフパンツを履きたいところだと思いますが、
モスクに入場する予定があるなら丈の長いパンツも持っていったほうがいいと思います。

なお、シェイク・ザイード・モスクへの入場料はかかりません。


モスクのなかへ

DSC06189 (2) 
おすすめの写真スポットが、この中庭が見える場所です。
入場したらすぐに見える場所にあります。

※中庭を突っ切って向こう側に行く通路が入れないようになっています。
「Closed for Prayer」という看板があったので、
お祈りの時間前後にムスリムの方々が通るものだと思います。


上のスポットから撮った写真がこちら。

DSC06190 (2)  

記憶にずっと残したくなる風景です。
なんというか……完璧なバランスで、そこにあります。

同じ宗教建築でも、キリスト教のものとは雰囲気が異なるなと思いました。
たとえば下の写真は、パリのノートルダム大聖堂です。
DSCF0350.jpg 
壁一面に美しい彫刻があって、下の方にはたくさんの彫像があって、
窓枠一つとっても、細かい細工が施されています。

シェイク・ザイード・モスクには、ヨーロッパの教会のような精緻な美はありませんが、引き算の華があります。

DSC06185 (2)


この回廊がまた美しいんです。


DSC06198trim.jpg 

残念ながらお祈りの時間に当たってしまったので、世界一のペルシャ絨毯を見ることは叶いませんでした。
毎朝の新聞にお祈りの時間が載っているそうなので、ホテルでチェックしておき、
その時間を外すといいかもしれません。

DSC06203.jpg

アブダビで夢のような時間をどうぞ。


ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記38】フェラーリ・ワールドに行ってみた

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC06236.jpg

車好きな男性におすすめしたいのが、アブダビ・フェラーリ・ワールド!
ここはフェラーリをテーマとしたテーマパークです。
館内に展示してあるフェラーリを見たり、
車に関連したアトラクションでわいわい楽しんだりすることができます。
男性ならだれでも、テンションが上がる場所だと思います~。


園内にはもちろん家族連れもいたし、カップルもいましたが、
おおっ!と思ったのは、男性グループの存在。

ふつうのテーマパークの客層って、家族連れかカップルがほとんどだと思いますが、
フェラーリ・ワールドには男性同士で遊びに来ている人がけっこういました。

しかもねー、男性のお客さんがみんなかっこいいんです。
黒髪パーマで、Tシャツの首元にサングラスをひっかけてる人とか(そしてそれが恐ろしく似合っている)、
モデルさんみたいな体型で、嫌みなくジーンズを履きこなしている人とか。

そんな男性たちが、フェラーリのそばで腕を組んで車について語り合ったりしてて、
優雅でかっこよかったです。
さすがフェラーリ・ワールド!!


館内の様子

フェラーリ・ワールドは屋内型の施設です。
暑~いアブダビでも、快適に過ごすことができます。

DSC06221.jpg 


入口はこんな感じ。
DSC06228.jpg 
入場料は、一人235AED(6,580円)
プレミアムチケットは385AED(10,780円)です。

プレミアムチケットを持っていると、人気の高いアトラクションに優先搭乗ができます。
どちらがいいか迷うところだと思いますが、
世界最速のジェットコースター「フォーミュラ・ロッサ」に2回以上乗るつもりなら、
プレミアムのほうがいいと思います。
理由については、次回の記事でご説明します。


フェラーリのマーク。

DSC06248.jpg


車好きにおすすめ

館内にはいろんなところに車が展示してあります。

DSC06229.jpg 


普通に展示するのに飽きたのか(?)
二台を重ねて、しかもグルグル回しちゃってます。

DSC06253.jpg 


Galleria Ferrariの中には、フェラーリのコレクションが展示されています。
DSC06273.jpg 

10台以上あったかな? 一部を載せておきます~。

DSC06270.jpg

DSC06267.jpg

DSC06269.jpg 

車のことはよく分かりませんが、どれもエッジが効いていてかっこいいです。
「この車にふさわしい人間でありたい」とオーナーに思わせる車だなと思います。


フェラーリ・ワールドでの食事

近隣に食事できるような場所がないため、館内のレストランはどこも強気の価格設定です。
私たちは一番カジュアルなMamma Rossellaを利用しました。
セルフサービスのお店で、トレイを持って好きなものをカウンターで注文し、
最後にレジで支払います。

DSC06259.jpg 
お店の様子。好きな席を利用できます。
カトラリーは、テーブルに置いてある赤いチェックのクロスの中に入っていました。


DSC06255tile 
左がサーモンのパスタ(55AED、1,540円) 、右がピザ1ピース(29AED、812円)です。ドリンクは別料金です。
セルフサービス形式と言えど、パスタは注文してから目の前で作ってくれました。
思ったよりおいしかったです♪

次回は世界最速のジェットコースター、フォーミュラ・ロッサについてです~。


ドバイ旅行記の目次はこちら

web拍手 by FC2


プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。