2013年ソウル旅行記について

2013年お正月のソウル旅行記です。バリ島旅行のトランジットを利用した、行き8時間、帰り13時間の弾丸旅行です♪
海鮮鍋を食べたり、NANTAを観たり、スーパー銭湯に行ったり……トランジットでも楽しめました。
全部で14記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年ドバイ旅行記について

2013年5月2日~8日、GW4泊7日の旅。個人旅行です♪
利用したのはエティハド航空、ホテルは「アル・ムルージュ・ロタナ」のクラブルーム。
砂漠ツアーに参加したり、フェラーリ・ワールドに行ったり、タクシーのぼったくりに遭ったり…濃い旅でした。
全部で40記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年バリ島旅行記について

2013年1月1日~5日、お正月3泊5日の旅。個人旅行です♪
利用したのは大韓航空、ホテルは「ヌサドゥアビーチホテル」のクラブルーム。特にラフティングが楽しかったです。
全部で18記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

「【海外】2013年ドバイ旅行記 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記01】成田空港の展望デッキで飛行機を眺める

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_3h.gif 3.5

DSC05367 (2)

これから、GWに行った4泊7日のドバイ・アブダビ旅行記を書いていきたいと思います♪

5月2日の夕方、成田空港に到着しました。
この日仕事だった夫とは空港で合流することになっていたため、
一人でスーツケースをゴロゴロさせながらやってきました。

夫が来るのは19時ごろです。
まだ時間があるので、展望デッキに行ってみます。

DSC05369 (2) 
まわりに遮るものがないので、夕日がきれいに見えます。


DSC05368.jpg 
ANA機が離陸していきました。どこに行くのかな?


飛行機を見ていると、夫からメールが。
「いま会社でた」の一言だけですが、嬉しい!
一時間半後、夫とミーティングポイントで合流しました。
ジャケットにシャツに革靴の夫は、トイレでいつもの格好に着替えます。
魅力3割ダウン(笑)

仕事帰りにそのまま旅に出る場合、着てきたスーツなんかは皆さんどうしてるのかな。
当初、スーツは空港から自宅に送るつもりだったのですが、
ドバイでいいレストランに行くかもしれないからと、持っていくことにしました。
でも、スーツケース内での革靴の場所取り度は半端なかった…


夜の成田空港。

DSC05373 (2) 


搭乗は21:20です。
お腹が空いていたので、夕食をとることに。ラーメンです~。

DSC05376 (2)

DSC05375 (2) 

イスラム圏に行くとお酒が手に入りづらくなるからと言って、夫はビールも飲んでました。
イスラム教ではアルコールが禁じられているんです。
観光客向けのお店だとお酒が飲めましたが、
実際、ドバイのスーパーでは一切アルコール類が販売されていませんでした。


DSC05377 (2)

エティハド航空の搭乗が始まりました。
初めて乗る航空会社なので、楽しみです。
ではでは、アラブ首長国連邦に向けて出発!

ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)
スポンサーサイト

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記02】エティハド航空搭乗記

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_4.gif 4.0

DSC05384 (2) 

成田からアラブ首長国連邦(UAE)までは、エティハド航空で向かいます。
アブダビまで、12時間15分のフライトです~。

アブダビはUAEの首都です。
アブダビ空港からドバイまでは、車で80分ぐらいかかります。

エミレーツ航空だとドバイまでの直行便が出ているので便利なのですが、
私たちは以下の理由でアブダビに着くエティハド航空にしました。

・着いたついでに、アブダビの観光もできる
・ドバイまではエティハド航空の無料シャトルバスに乗れる
・評判が良い(ワールドトラベルアワードにおいて、4年連続で最優秀エアライン賞を受賞)
エミレーツ航空よりも航空券が安い 
 ↑ いろいろ書いたけれど、これが一番の理由(笑)

行きと帰りで2回乗りましたが、エティハド航空、大満足でした


エティハド、かっこいいよ

DSC05351_20130512173234.jpg

航空会社のマークからして、おしゃれです。
黒字に金だよ~。


毛布と枕です。

etihad_pillow.jpg 

この縦縞模様の毛布は大きくて、あったかかったです。
枕カバーはキャメル。この色いいなあ。


機内では、ヘッドホンと一緒に、アメニティが配られました。
ホテルで開けてみたよ。

DSC05647.jpg 

かっこいいポーチの中に、歯ブラシ・耳せん・アイマスク・靴下が入っていました。
ただ、靴下にはほつれがあって、そんなに質のいいものではありませんでした(笑)


見て見て。

DSC05382 (2)

このポーチ、ちゃんと機内のポケットにおさまるサイズでした♪


機内であれができる

DSC05381 (2) 

モニターのすぐ近くには、何と電源ソケットがあります!


電源ソケットがあるということは、電気が通っているということで…
こんなふうに、機内で充電できました

DSC05374.jpg 

USBタイプの充電器であれば充電できます。ということでiPhoneを充電。
離着陸時を避け、機内モードのまま充電しました。ちゃんと100%になりましたよ~。
携帯を満タンにしたあとは、カメラも充電しました。
とっても便利だったので、充電器を機内持ち込み手荷物に入れておくことをお勧めします。

なお、機内では有料ですがWi-Fiに接続することもできます。
機内からブログ更新も、やろうと思えばできるんですね。すごい世の中だっ


機内エンタテイメントも充実

これがモニター画面です。

DSC05355.jpg

映画を見たい場合は、MOVIESを選びます。

DSC05357.jpg 

そうすると、ずらーっと映画が出てきます。
画面に出ているだけじゃなくて、まだまだたくさんあります。
今まで乗った航空会社の中で、一番充実していました。
(ただし、日本語対応している番組は少なめです)


DSC05369.jpg 

映画をみている途中でスクリーンをタッチすると、こういう画面になります。
巻き戻ししたり一時停止したりできます。


ちなみに、アラビア語表示にしてみるとこんな感じ。

DSC06198.jpg 

アラビア語は右から書くので、文字が右寄せになってます。
一言も読めません~。
しっぽみたいにクルンとなっていてかわいい文字です。


次回は機内食をご紹介します♪

ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)


web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記03】成田発アブダビ行き、エティハド航空の機内食

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC05385 (2) 

今回は、成田発、アブダビ行きのエティハド航空の機内食をご紹介したいと思います♪
21:20発のフライトなので、夕食と朝食が出ました。

私も夫も機内食が大好き。 味というより、雰囲気?
機内食って、給食みたいでかわいいです。
いつも二人で違うメニューを頼んで、食べ比べしています。


メニュー表はシートポケットに入っていませんでした。
CAさんが、一人ひとりにメニューを配ってくれます。

DSC05358.jpg 

メニューは8pの冊子になっていて、一方の表紙には英語と日本語、
もう一方の表紙にはアラビア語でメニューと書いてありました。
乗客の顔で国籍を判断しながら、どちらかの表紙を表にしてメニューを配ってくれたようです。


メニュー表です。(2013年5月)  左が夕食、右が朝食です~。

etihad_iki.jpg

上のメニュー表だと分かりづらいのですが、
夕食も朝食も、3種類から選べます。

和食は1種類しかありませんが、洋食には2種類あります。
(主菜のところにメインが2つあるので、どちらかを選ぶ形です)

つまり夕食の場合は、以下の3種類の機内食から好きなものを選べるということになります。
・和食
・洋食 メインは「鶏肉のサルーナ」
・洋食 メインは「ペンネパスタ」
いまどき、3種類から選べるなんてすごい!



夕食(洋食編)

私が頼んだ洋食です。
鶏肉のサルーナ バスチマライス アラビア風野菜のキャセロール、だそうです。

DSC05363.jpg 

バスチマライスは、タイ米みたいな細長くてパサパサしたお米です。
チキンはジューシーでおいしかったです。
あたたかいパンは、一つずつサーブされました。


DSC05365.jpg 

気に入ったのはこれ。柚子風味のパスタサラダ
冷たくてさっぱりしてて、おいしかったです。自分でも作ってみたいな。


夕食(和食編)

DSC05361.jpg 

こちらは和食。鰆の揚げ物は、夫によると「う~ん……」だそうです。
ほうれん草の胡麻和えがすごくおいしいから食べてみて、と言われて
私も一口もらいました。
しっかりした味で、お惣菜として販売できるぐらいおいしかった♪

アルコールも無料なので、夫は喜んでました。
ビールも3種類から選べます。


嬉しかったのが、このデザート。
抹茶パンナコッタ、ヴァニラソースです。和食にも洋食にもついてます。

DSC05367.jpg 

いつも夫のほうが食べるのが早いので、先にデザートにたどりつくのですが、
このパンナコッタを一口食べたあと、笑顔で親指をぐっと上げてました
抹茶の苦みがちょっとあるパンナコッタに、甘めのバニラソースがよく合って、
リッチな味わいになってます。おすすめ。


ご飯を食べたあと、ホットドリンクがサーブされます。
何にしようかなと悩んで、私は「レモン&ライム」、夫は「ホットチョコレート」を頼みました。

DSC05371-tile.jpg 

レモン&ライムは、ホットレモンみたいな飲み物かなあと思っていたら、ハーブティーでした。
お湯の入ったコップとティーバッグをもらえるので、自分でつくります。

機内でホットチョコレートって、なんか嬉しいですよね!
人気の飲み物みたいで、頼んでいる人がたくさんいました。


朝食(洋食編)

日本時間で言うと朝7時すぎくらいでしょうか…。
あんまり眠れていませんが、朝食のお時間です!

DSC05376.jpg 

昨日は朝・昼・晩に加えて、機内食の夕食も食べています。
じーっと飛行機に座っているだけなので、そんなにカロリーも消費していないはずですが、
機内食が来ると嬉しくて、やっぱり食べちゃうんですよね~。

イッテQでよく海外に行っている宮川大輔さんが、
「満腹なのに機内食も食べるから太ってしまう」と言っていました。
たしかに、機内食って危険です!


朝食(和食編)

DSC05378.jpg 

和食版の朝食はこんな感じです。お味噌汁がついてるよ! 
でも、お粥は「?」という味だったそうです(笑)
エティハド航空だと、洋食のほうがおすすめかもしれません。

さて、寝不足&満腹のまま、現地時間の早朝4:30にアブダビ空港に到着です!


ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記04】コインロッカー探しに40分もかかった私たち

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_3.gif 3.0

 DSC05662.jpg
写真はドバイの街で撮ったものです。銅像が民族衣装を着ています。

今回は、アブダビ空港での入国方法と、
コインロッカーを探して空港内をさまよった話を書きたいと思います~。


アブダビ空港での入国方法

成田からの便はターミナル1に到着しました。
飛行機から降り、人の流れに沿って進むと、免税店がいっぱいあるエリアに着きます。
円形の吹き抜けをぐるっと回ると、下の階に続く階段があるので降ります。
それから、「Baggage Reclaim →」の看板表示に従って進めばOKです。

イミグレで入国審査を受けますが、入国カードや税関申告書の提出は不要でした。
(大金や高額なものを持ち込む予定の人は、念のため確認してみてくださいね~)
機内で何も配られなかったので、ちょっと心配になりながら向かったのですが、問題ありませんでした。
男性の入国審査官がカンドゥーラと呼ばれる白い民族衣装を着ていて、
「中東だ!」とテンションが上がりました。

無事に荷物を受け取り、出国ゾーンを抜けて一般エリアに入ります。
ドバイ行きのエティハド航空のシャトルバスはターミナル3から出ています。
ターミナル1に着いた場合は、荷物を受け取って空港の一般エリアに出たあと、
「Terminal 3 →」の表示に従ってください。
このシャトルバスについては、次回の記事で詳しくご紹介します。


コインロッカーを探して

身支度をし、自由に行動できるようになったのが早朝5:20頃。
予約済みのドバイ行きシャトルバスは7:45発です。
あと2時間半ちかくあります。

アブダビ空港の一般エリアには、時間をつぶせるような場所はありません。
ターミナル1に小さいスタバがあるくらいでした。
(出国後エリアには、マックやカフェ、免税店があります)

アブダビ観光は最終日にしようと決めていましたが、
この2時間半、じっとしているのがもったいない。
急遽、シェイクザイードモスク(アブダビ空港からタクシーで20分)に行くことにしました。

困ったのが、スーツケースをどうするか。 

私は、空港でタクシー運転手と交渉するつもりでした。
タクシー1台をチャーターし、空港からモスクまで行き、観光の間待っていてもらって、
その後空港まで送り届けてもらうつもりでした。
だからスーツケースをタクシーのトランクの中に置いておけばいいと思っていたのですが、
夫の考えは違いました。

夫「タクシーをチャーターするのはいいけど、俺たちがモスクを観光している間に、
 スーツケースをタクシーの運転手に盗まれたらどうする? 絶対ダメ」
私「大丈夫だよ~。カギかけるし。重いし。盗まれないよ~」
夫「ダメ。ここは日本じゃないんだから」
私「……」

ということで、スーツケースをコインロッカーに預けてから向かうことに。
でも、肝心のロッカーが見当たりません…。

場所が分からなかったので、ガードマンのひとに「コインロッカーはどこですか」と聞いてみたところ、
ものすごく怪訝そうな顔をされました。

私の発音が悪かったのか。
コインロッカーが和製英語なのか。
UAEでは日本ほどコインロッカーがメジャーではないのか。
どれが理由なのか分かりませんが、 意味がわからない、という顔をしています。

でもスーツケースを指さしながら会話を続けると、何をしたいのかは分かってくれたみたいです。
「あそこを曲がればいいよ」と教えてくれてほっと一息。

それで、教えてもらった方向に行きました。

夫「……」
私「……」

ロッカーらしきもの、なし!!

ADACという会社のカウンターと、両替商のカウンターがあるだけです。
二つのカウンターのうしろは白い壁で、奥に進めないようになっています。

おかしいなあと思ったものの、また同じ人に聞くのは憚られて。
今度は宝くじ売り場のお姉さんに聞いてみました。
そうしたら、さっきのガードマンと同じ方向を指すんです。
ますます、分からなくなってしまいました。

打つ手がなくなってしまったので、
別のターミナルに行ったらあるかもしれないと、ターミナル1からターミナル3に移動することにしました。

* * *

ターミナル3に行ってうろうろする私たち。
各場所の方向を示した案内板に、トイレのマークなどに混じって、ロッカーみたいなマークを見つけました!
荷物とカギがデザインされたマークです。
でも私たちがさっきまでいた、ターミナル1方面に向かっての矢印がついています。

私「ターミナル1に戻れってこと? さっき散々探したけど、なかったよね…」
夫「でも、矢印がターミナル1方面を指してるから、戻ってみようか」

ということで、スーツケースをゴロゴロさせながら、再びターミナル1に戻りました。
でもねー、さっき探した通り、ロッカーはないんです。

もう一度、さっきのロッカーの表示を確認してみようということになり、またまたターミナル3へ移動。
改めてロッカーマークの表示を見たのですが、しっかりターミナル1方面を指していることに変わりはありません。


この時点でもう疲れてきました…。
2回も人に聞いたのに、ロッカーが見つかりません。
ペラペラではないけれど、私の方が英語が得意なので、海外での交渉事や質問は私の担当なんです。
でもコインロッカーって言うと変な顔をされるから、できればもう人に聞きたくないなって思っていて。


私「もう、タクシーに預かってもらおうよ。最悪、スーツケース盗まれたとしても、中身は着替えだけだし…」
夫「旅の間中、同じ服で過ごすつもり?」
私「うーん…」
夫「どうしてもって言うなら、俺はモスク観光中もスーツケースを持って歩く」
私「えーっ」
夫「それか、モスクの外でスーツケースを見ててあげるから、行って写真とってくればいいよ」
私「そんなぁ…」

少しでも危険のあることは避けたいと言う夫。
夫の言うことが正しいのはわかっているんです。
ただ、長時間のフライトで疲れていたし、どんどん時間はなくなるしで、私も焦ってしまっていました。
もう一度冷静になって、きちんと探すことにしました。

今度は、航空会社のチェックインを手伝っていたお姉さんが手の空いた隙を狙って、聞いてみます。
「すみません。コインロッカーはどこですか?」

でもまた、コインロッカーという単語が通じません。
思いっきり不思議そうな顔をされたあと、「あなたは何がしたいの?」と聞かれたので、
「これからモスクに観光に行くから、スーツケースをどこかに預けたい」と言いました。
そしたら、何がしたいかはわかってくれたみたいです。

女性「飛行機に乗るなら、チェックインして航空会社のカウンターに預けたら?」
私「飛行機に乗る予定はありません。2時間後のエティハドシャトルに乗ってドバイに行きます」

そうしたら彼女、「それなら、アブダビ・エアポートカンパニーの人が預かってくれるよ」と言ったのです。

え? 
カンパニー?
人?

もしかして……ロッカーじゃなくて、人が預かってくれるの?!


ここで初めて、空港にロッカーがないことと、手荷物預かり所のようなものがあることが判明。


女性「有料だけどね」
私「構いません。ありがとうございました!」

やった!
大きく前進しました!
今までロッカーを探していましたが、今度はアブダビ・エアポートカンパニーを探せばいいのです。


ターミナル1に戻って、教えてもらった会社を探すと…ありましたよ。
アブダビ・エアポートカンパニー。
ガードマンと宝くじのお姉さんに教えてもらったあたりですよーー!

以前ここに来た時には、
大きくADACと書かれたカウンターと両替カウンターしかなかったので踵を返してしまったのですが、
このADAC(=Abu Dahbi Airport Company)のカウンターこそが、手荷物を預かってくれる場所でした。
このカウンターの前を、何回通り過ぎたの私たち…。

カウンターには一つもスーツケースがなかったので、わかりませんでした。
それもそのはず、手続きをしたあと、スーツケースは別の場所で保管されるようでした。

ちょっと緊張しながら、カウンターの前に立ちます。
「荷物を預けたい」と言いました。
「Sure」と言われたとき、心の中でドラクエのファンファーレが鳴り響きました。

ミッションクリアしたよー!
40分もかかったけどね……。


20kg以内・3時間以内という条件だと、15ディルハム(約450円)でした。
手続きにはパスポートが必要です。お金は後払いです。

DSC05393.jpg 
手続きが済むとこの紙をもらえます。
空港に戻ってきたらこれを渡し、料金を払えば、スーツケースと引き換えられます。
このカウンターの場所は、ターミナル1、スタバのすぐ近くです。

身軽になって、心も晴れ晴れ。
シェイクザイードモスクに出発ですっ

ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)

web拍手 by FC2

【2013年ドバイ旅行記05】シェイクザイードモスクに行ってみたけれど。

訪問日:2013年5月
満足度:ico_grade6_2h.gif 2.5

DSC05389 (2)

無事にスーツケースも預けることができたので、
アブダビ空港からタクシーを飛ばして、シェイクザイードモスクに行きます!
ただし、ドバイ行きのシャトルバスが出る7:45までには、空港に戻ってこなければなりません。


モスクまでタクシーで向かいます

アブダビ空港のタクシー乗り場はターミナル1にあります。

出口から出ようとしたら、
「タクシーをお探しですか?」と女性が声をかけてきたのですが、
その人はリムジンタクシー(いつもより料金が高め)の手配係みたいな方でした。
ふつうのタクシーに乗りたかったので、客待ちをしていた車に乗りました。

運転手に、「シェイクザイードモスクに行って写真を撮り、空港に帰ってきたい」と言うと
了解してくれました。モスクを観光する間も外で待っていてもらいたかったので、
タクシーをチャーターする料金のことを聞いてみたら、メーター制とのことでした。

UAEの道は制限時速が100kmぐらいなのか、タクシーもガンガン飛ばします。
信号もほとんどありません。

アブダビ空港からタクシーで20分ぐらい走ったでしょうか。
わ、シェイクザイードモスクが見えてきました!
DSC05386.jpg 
テレビで見た建物が目の前に!

教会と名のつくものはいろいろ見てきたけれど、モスクを見学するのは初めてです。
ここは、イスラム教徒でなくても入場が認められています。


モスクはものすごく広い敷地にあるので、タクシーで門をくぐります。
モスクがどんどん近づいてくる!楽しみ!と思っていたら…
警備員にタクシーが止められてしまいました。

警備員がタクシーの窓から、運転手に話しかけます。
会話の内容があまり聞こえてこなくて、後部座席から、その様子を心配しつつ見守るしかありません。

――数十秒で話がついたようです。

運転手が、私たちに向かってこう言いました。
「今日は金曜日でお休みだから、これ以上先に進めない」と…。

 

えー!
ここまで来て入れないって…。
モスクはすぐ目の前なのに…。

写真を撮るだけでもダメ、だそうです。敷地内に入れません。

非常に残念ですが、そういうことなら仕方がないので、私たちのタクシーはUターンです。
モスクを背にして走り出すタクシー。
建物がどんどん遠ざかっていきます。
さっきまでのワクワク感はどこへやら。どんよりする車内。


あとで確認したら、金曜は16:30まで見学できないと地球の歩き方にも書いてありました。
ちゃんと見ておけばよかった。UAEの休日は金曜日だそうです。


ここまでやってきたのだから、せめてモスクの回りを回ってほしいと運転手にお願いして、
車窓から写真を撮りました…。


DSC05383.jpg
モスクの門しか撮れていない…(涙)
この門を入ったところで、警備員に止められました。


IMG_1694.jpg
モスクの裏側かな? 柵があって近づけません。


DSC05385.jpg 
モスク……遠い……(涙)


苦労してスーツケースを預けてまで、このモスクに来たかったのですが。
車窓からいまいちな写真を撮るだけで終わりました。ははは…

私「スーツケース預ける必要なかったね…」
夫「タクシーから降りなかったからね(笑)」

ま、遠くから一目見られただけでもよしとするか! ということで空港まで戻りました。
タクシー料金は、往復で80ディルハム(約2300円)でした。

* * *

でも、旅行の最終日に、リベンジを果たしましたよ。
もう一度シェイクザイードモスクに来て、その時はちゃんと入場できました。

近くから見たモスクは、それはそれは綺麗でした。
その時に撮った写真を一枚だけ、先に掲載します。



DSC06190 (2) 

きれい。
夢のような建物です。


私たちはこの美しさを知らずに、
DSC05385.jpg
こんな写真をとって空港まで戻ったわけです(笑)

事前に入場日を確認しておかなかった自分のミスなので、仕方がないです~。
ちょっと残念な気持ちを胸に、アブダビからドバイへ向かいます。

ドバイ旅行記の目次はこちら(PC版のみ)


web拍手 by FC2


プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。