2013年ソウル旅行記について

2013年お正月のソウル旅行記です。バリ島旅行のトランジットを利用した、行き8時間、帰り13時間の弾丸旅行です♪
海鮮鍋を食べたり、NANTAを観たり、スーパー銭湯に行ったり……トランジットでも楽しめました。
全部で14記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年ドバイ旅行記について

2013年5月2日~8日、GW4泊7日の旅。個人旅行です♪
利用したのはエティハド航空、ホテルは「アル・ムルージュ・ロタナ」のクラブルーム。
砂漠ツアーに参加したり、フェラーリ・ワールドに行ったり、タクシーのぼったくりに遭ったり…濃い旅でした。
全部で40記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年バリ島旅行記について

2013年1月1日~5日、お正月3泊5日の旅。個人旅行です♪
利用したのは大韓航空、ホテルは「ヌサドゥアビーチホテル」のクラブルーム。特にラフティングが楽しかったです。
全部で18記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

「さんふらわあ乗船記〈大分〉 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【フェリーさんふらわあ乗船記】スタンダード(個室)でゆったり船旅

訪問日:2013年4月
満足度:ico_grade6_4.gif 4.0

DSC05239.jpg 

大分から神戸へ行くときも、フェリーさんふらわあを利用しました。

さんふらわあといえば、船体の赤い太陽のロゴマーク。
岡本太郎氏のデザインだそうです。
両手を大きく広げたような太陽のかたち。海を走っていても目立ちそうです。


DSC05241.jpg 
さんふらわあ ぱーる」と書いてます。
ひらがながかわいい~。
上は出航前に撮った写真なので、ロープで陸につながれています。


DSC05237.jpg 
船体に、大きな黒板消しみたいなものが点々とくっついてます。
写真だとわかりづらいですが、黒い部分は大きな鉄っぽい素材です。
これで船をホールドしているのかな。


乗船は、出航の一時間前から
日が落ちて、空が薄く透き通るころ、大きな船に乗り込みます!

DSC05242.jpg


スタンダードの部屋

前回フェリーを利用した際、「アップグレードチケット」なるものをもらえました。
当日部屋が空いていれば、このチケットを使って
ツーリストからスタンダードへアップグレードすることができます。

ツーリストで旅したときの記事はこちら

今回、乗船手続きをする際にこのチケットを見せると、無事アップグレードできました
スタンダードのカードキーをもらえました。期待が高まります。

いよいよ、自分に割り当てられた部屋へ。
どきどきしながらカギを開けて部屋に入りました。


ばーん。


DSC05243.jpg 

わあ~!!! と叫びました(心の中で)
ちょっとした部屋みたいになってるよ!

ホテルほど広くはないですが、ツーリストと比べると全然違います。
ツーリストでは他の人と同室でしたが、この部屋は個室なので、好きなように過ごすことができます♪
着替えもしやすい。


前回、ツーリストの枕がとっても固くて辛かった~ということを書きましたが、
今回の部屋の枕をみてくださいっ

DSC025432.jpg 

枕がふわふわです~。
これが一番嬉しかった!


DSC05244.jpgそして、なな、なんと。
個室の中に洗面台がついてます!
 
バス・トイレはありませんが、
洗面台があるだけでずいぶん違いますっ
お化粧も歯みがきも一人の空間でできるってすばらしい。


スタンダードには、アメニティもありました。
DSC05245.jpg 
パジャマに歯ブラシに、フェイスタオル
パジャマの下の白いのはシーツで、これをマットに敷いて寝ます。
ツーリストには一切アメニティがなかったので、この違いに驚きました。


テレビは出航後しばらくすると、地デジが映らなくなります
(チャンネルは少ないですが)BSとビデオは映ります。
ビデオのチャンネルでは二本だけ、映画を流していました。
放映時間は部屋に貼ってあって、その時間でないと流れません。
「逆転裁判」がやっていたので見ました~。


船での食事

DSC05260.jpg
船の中には自動販売機もあります。
ペットボトルのお茶150円、クリアアサヒ350ml 150円、スーパードライ500ml 300円…
という感じです。船の中だけど良心的な値段でした。

からあげとか焼きおにぎりの自動販売機もあります。
1Fには、セブンティーンアイスや、カップラーメンの自販機もありました。

船内レストランのバイキングディナーは、1500円です。(乗船チケットに含まれず)
レストランを利用する場合は、レストラン入口にある券売機で食券を買います。

私は朝のみレストランを利用しました。

DSC05264.jpg 

バイキング形式になっていて、600円です。
和・洋あって、おかずをちょこちょこと取りました 
かなり充実していました~! 次回フェリーに乗ったときも利用したいです。


朝日を見ようと甲板に出たのですが、雲が厚くて見られず。
カモメが伴走…というか伴翔?してました。
船旅、楽しかったな。

DSC05263.jpg 

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

【フェリーさんふらわあ乗船記】ツーリストの部屋に泊まって、船旅を楽しむ

訪問日:2013年4月
満足度:ico_grade6_4h.gif 3.5

DSC05082.jpg 

大分に帰省する際、ちょっと気分を変えてフェリーに乗ってみました。

関東から大分までの航路はありませんが、
神戸ー大分間だと、フェリーさんふらわあが毎日運航しています。
神戸港を19:00に出て、船の中で一泊。
翌朝6:20に大分港に到着するというスケジュールです。
(金・土は神戸港19:50発、大分港には翌朝07:20着です)

船旅は、なかなか快適でした
船の上から明石大橋を眺めたり、展望風呂に入ったり。
珍しい経験ができて楽しかったです~。


ツーリストの部屋

今回はツーリストという一番リーズナブルなクラスで旅しました。
いわゆる雑魚寝の部屋です。
ツーリスト・レディースという女性限定の部屋があるので、そこにしました。

DSC05101-tile.jpg
右の写真のように、ベッドには番号がついています。
乗船手続きをしたときに、部屋番号とベッド番号の指定を受けます。


部屋の様子。
DSC05092.jpg 

ベッド番号がついているものの、部屋にあるのはベッドではなくお布団です。
14人用の部屋ですが、今回は私を含めて5人しかいなくて、広々使えました。
洗面台やバス・トイレは部屋にありません。
コンセントは部屋に二つ見つけました。(靴箱のあたりと、奥側の壁)
充電器を持っていれば携帯の充電もできますが、人数が多い場合は使えないかも。


DSC05091.jpg基本的に、この部屋で自由に使えるのは
自分の指定されたベッド(というかマット)のスペースだけです。
切ない…。
ただ今回は部屋に5人しかいなかったので、
みんな左右のスペースも使っていました。

上の棚に2泊3日分くらいのバッグが置けます。
スーツケースやカートは入らないので、床に置くしかなさそうです。

船内には暖房が効いているので、
薄手の掛け布団で問題ありませんでした。

ただ、枕が…。
固めの枕で、私には合わなくて辛かった~。
頭を載せてもあんまりへこまない感じです。
これで枕投げしたら、相当なダメージがあるんじゃないかなあ



今回乗船手続きを行った際に、「アップグレードチケット」なるものをもらえました。
このチケットがあると、次回以降、もし部屋があいていたらアップグレードしてくれるそうです。
これのおかげで、帰りはスタンダード(個室)に宿泊することができました。
スタンダードはやっぱりツーリストと全然違いました! その様子は次回~。


出航

部屋を確認して、船内を探検していたら、出航の時間に。
出航するころにはすっかり日も落ちて、暗くなっていました。

DSC05088.jpg 

甲板の展望スペースには自由に行くことができますが、
思いっきり海風を受けるので、かなり寒かったです。
風で髪が踊るのを抑えつつ、夜景鑑賞。 
 

DSC05083.jpg船内にはお風呂もあります。
船の上でお風呂に入れるなんて贅沢♪

ツーリストにタオルはないので、持参するか売店で買う必要があります。
ロッカーは100円が必要です。使用後に戻ってきます。

脱衣所はかなり狭いです。ドライヤーも2つのみ。
シャンプー・リンスはありました。


お風呂の窓から見える景色を楽しみにしていたのですが、
明かりのすくないところを通っているとほぼ真っ暗です
出航直後に入ると、きれいな夜景が見えるかも。

あと、お風呂のお湯が船の揺れでずーっと波打ってます(笑)
海に入っているような感じ? 
これはこれで、おもしろい体験です~。

この展望風呂の他には、トイレにシャワールームがあります。


明石大橋

本州と淡路島をつなぐ明石大橋を通過する時は、船内アナウンスがありました。
展望スペースに出ると、船が橋の下を通過していく様子をきれいに見ることができました♪
通過は20時ごろでした。

DSC05096.jpg 

手持ち夜景モードで撮ると、バシャバシャバシャッと何枚もシャッターが切れます。
でも船はシャッターを切る間も ものすごい速度で前に進んでいるので、
光がぶれて映ってます~。

DSC05098.jpg 

大分発・神戸行きのフェリーの場合、明石大橋を通過するのは早朝になるので
こんなふうにライトアップされた姿を見ることができません。
明石大橋を見るなら、大分行きのフェリーがチャンスです~。


21:30になると、レストランも営業を終了します。
営業終了後しばらくすると、レストランのスペースが自由に使えるようになります。

DSC05105.jpg

ツーリストの部屋だとほかの方が就寝中だったりするので、
私はここで中国語の勉強をしたり、携帯をいじったりしていました。

部屋の中だと、携帯の電波は入りません。
出航後しばらくすると、「圏外」です。

ロビーやレストランなどの共用部分だと電波が入りやすくなりますが、
それでも、通じるときと通じないときがあります。
海を渡っているんですもんね。 

そうこうしているうちに眠くなってきたので、ツーリストの部屋に戻って寝ることに。
寝転がっていると、船の揺れをけっこう感じます。
大きな揺れと、小刻みな揺れが同時にやってくる感じです。
電車の心地よい揺れとは違います。酔いやすい方は注意かも。
眠れるか心配になりましたが、私はいつの間にか寝てました…。



明朝、大分港に到着! 残念ながら雨模様でした。

DSC05108.jpg 

お風呂に入ったり寝たり、自由に過ごしている間に、
かなりの距離を移動できるのが船旅のいいところ。
飛行機や新幹線とはまた違った旅ができて楽しかったです。
翌朝6:20に到着するので、一日をめいっぱい使いたい方にもいいかも。

今回紹介したのは神戸ー大分間のフェリーですが、大阪ー別府という航路もあります。
フェリーさんふらわあの情報については、こちらの公式サイトをどうぞ~。


web拍手 by FC2


プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。