2013年ソウル旅行記について

2013年お正月のソウル旅行記です。バリ島旅行のトランジットを利用した、行き8時間、帰り13時間の弾丸旅行です♪
海鮮鍋を食べたり、NANTAを観たり、スーパー銭湯に行ったり……トランジットでも楽しめました。
全部で14記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年ドバイ旅行記について

2013年5月2日~8日、GW4泊7日の旅。個人旅行です♪
利用したのはエティハド航空、ホテルは「アル・ムルージュ・ロタナ」のクラブルーム。
砂漠ツアーに参加したり、フェラーリ・ワールドに行ったり、タクシーのぼったくりに遭ったり…濃い旅でした。
全部で40記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年バリ島旅行記について

2013年1月1日~5日、お正月3泊5日の旅。個人旅行です♪
利用したのは大韓航空、ホテルは「ヌサドゥアビーチホテル」のクラブルーム。特にラフティングが楽しかったです。
全部で18記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

「ソウル市内観光 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【2013年ソウル旅行記09】一瞬で終わってしまった、景福宮の衛兵交代式

訪問日:2013年1月
満足度:ico_grade6_3.gif 3.0

DSC04233.jpg

韓国で観光というと、まず選択肢に上がるのが景福宮(キョンボックン)じゃないかなと思います。
景福宮は1395年に創建された朝鮮王朝の王宮。かなり広いです。

14世紀後半というと、その頃日本は室町時代ですね。
だいたい同じ時期(1397年)に、足利義満が金閣寺を作っています。

日本の神社仏閣とはまた違った色使いの、美しい建物を見学してきました~。


DSC04214.jpgここはソウル中心地からアクセスしやすいのもメリットです。
(明洞地区の乙支路三街からは地下鉄で一回乗り換え、16分)

景福宮の本格的な復元作業が始まったのは1990年~なので、
建物としては新しいと言えるかもしれません。

1月上旬に行ったところ、かなりの雪が残っていて
スキー場にいるみたいな眩しさでした!


屋根部分に注目

DSC042332.jpg  DSC04218.jpg
私が好きなのは、屋根部分の装飾です。
オレンジ色の矢印の部分、下から見上げると素敵なんですよ~。
一本一本に、美しい絵が描かれています。


DSC04219.jpg
こうやって均等に並んでいるのを見ると、鉛筆セットみたいできれい。


写真を撮るなら

一番の写真スポットは、勤政殿をぐるっと取り囲む回廊部分なのではないかと思います。

DSC042353.jpg


DSC04237.jpgえんじ色の柱が、はるか先まで続いています。

柱の色は、日本の鳥居よりも暗め。
緑色とマッチしていて、とても美しかったです。



池に映り込む慶会楼

宮殿はものすごく広く、全部丁寧に回れば午前中いっぱいかかると思います。
敷地内にあるたくさんある建物の中でも「ここは外せないな」と考えていたのが、慶会楼
この建物は大きな池に囲まれています
池の中に立つ、美しい建物です。

現地でもらったパンフレットによると――
王が臣下たちと規模の大きい宴会を慶会楼で開いていたそうです。
池で舟遊びを楽しんで楼に上がり、仁王山と宮廷の景観を鑑賞したとか。

水をたたえた池に慶会楼が映り込み、その姿がゆらゆらと揺れる様子を見るのを
楽しみにしていましたが…。



ばーん。



DSC04239.jpg

池が、カッチカチ~


冬はこんなふうになるんですね。
写真だと雪に覆われた地面にも見えるかもしれませんが、これは凍ってしまった池です。
「慶会楼」で画像検索すると、いつもの姿がたくさん出てくると思います。

思い描いていたのとは違った風景が目の前に広がっていましたが、
これはこれで珍しくていいかも。


一瞬で終わってしまった交代式

景福宮に来た大きな理由の一つに、「守門将交代式」を見たいというのがありました。
これは無料のイベントで、10時~15時の毎時ちょうどに行われています。
バッキンガム宮殿の衛兵交代式のようなものです。

ガイドブックでこの交代式のことを知り、興味を持ったため、
ちょうど式が見られる時間帯に宮にいられるように予定を組みました。

DSC04225.jpg 

冬のソウルの寒さは容赦なくて、
顔にあたる風の冷たさに震えながら、時間になるのを待っていました。

先を急ぎたがる夫を、
「いまから面白いものが見られるから待ってて」と伝えて引きとめ、
かじかむ手でカメラを構えていました。

そして、ついに12時になりました。

「いよいよ式が始まるー!」っと思ったのもつかの間…
交代式は一瞬で終わりました。
前のシフトの人たちが一列になって退場。
次のシフトの人たちが位置につく。
これだけでした。

「え…?」

DSC04231.jpg
写真を一応撮ったのですが、一瞬の出来事だったため、
こんな微妙なシーンしかありません(笑)

式が終わった後――
「これが、見たいって言ってたやつ?」と不思議そうな目をした夫に聞かれましたが、
「そうなんだけど…うーん」としか答えられませんでした。
寒い中付き合わせてごめんね。


本来の交代式は10~15分ほど続く華やかなもののようです。
1月5日(土)の12時に、交代式がなかったのはなぜなのかな。

正月休み中で、衛兵の数が少なかったから? 
広場が雪で覆われていて、交代式に適さなかったから?

うーん 
次回こそは完全な形で見学したいです。

* * *

景福宮の光化門の前は、こんな景色が広がっています。
DSC04230.jpg
広い車道に、コンクリートのビル群。
さっきまで広い王宮の中にいたのに、一歩外に出ると、こんなに近代的な風景。

光化門の前にいる衛兵さんたちは寒い中顔色一つ変えず、
伝統的な衣装を身にまとって警備を続けていました。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

【2013年ソウル旅行記10】NANTAを見て、大満足で劇場をあとにする

訪問日:2013年1月
満足度:ico_grade6_5.gif 5.0

DSC04245.jpg

トリップアドバイザーという旅行のクチコミサイトに、ソウルの観光名所ランキングが掲載されています。
景福宮やソウルタワーを押さえてランキング一位に輝いているのは、「明洞ナンタ劇場」。
ここでは、NANTAというエンターテイメントショーが上演されています。
「韓国語が分からなくても楽しめる」と知り、日本からチケットを予約して行ってきました!


DSC04250.jpgビルの3Fに明洞劇場があります。
私はソウルナビでチケットを予約しました。
ソウルナビ NANTA紹介ページ

プリントアウトした予約フォームを劇場のカウンターのスタッフに見せると
チケットと引き換えてくれます。


劇場ロビーのドア。
DSC04248.jpg
いろ~んなキッチン用品が飾られていますよね。
NANTAでは、これら「台所にあるもの」を楽器として使って
楽しいショーを見せてくれるんです♪

たとえばある場面では、4人が一列に並び、両手にそれぞれ包丁を持って、
木のまな板を包丁で叩きながら演奏します。
つまり、まな板がちょっと変わった太鼓になります。

DSC04246.jpg 
(写真は、劇場ロビーにあるフォトスポットです

木のまな板に刃物が当たるときの、
カカカカッという小気味良い音が劇場中に響き渡ります。

包丁でまな板を叩くスピードはかなり速いです。
もし私がトライしたとしたら、1分やっただけでも翌日腱鞘炎になるくらいの速さです!

速水もこみちさんのMOCO'sキッチンのオープニングで、
もこみちさんがキャベツを切る音が好きな方なら絶対楽しいと思います。
私のことです(笑)


もちろん、上演中に作りだされる音は「まな板+包丁」だけではありません。
パンチングザルを泡立て器でこすったり、スプーンの背でテーブルをたたいたり
他にもいろいろ。
意外な楽器の奏でる音を楽しむことができます。

出演者の流れるような体の動きに惚れ惚れするし、
聞こえてくるリズムが気持ちよくて爽快な気分になります。


音楽がすばらしいのはもちろんですが、NANTAではお腹を抱えて笑うような場面もたくさんありました。
演奏に感動したり笑ったり、観客は忙しいです。

あまり劇場に足を運ばない夫も、「楽しかった」と言ってニコニコしていました。
おすすめです~


web拍手 by FC2

【2013年ソウル旅行記12】寒い冬は銭湯であったまろ♪ Sparex体験記

訪問日:2013年1月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC04258.jpg 

今日は、この時期にソウルに行かれる方にはとくにぴったりの、
韓国版スーパー銭湯「スパレックス」をご紹介したいと思います♪

冬のソウルはとにかく寒かった!

ソウルナビの韓国の気温と服装のページによると、
1月のソウルの平均気温は-2.6度だそうです。
東京の平均気温は5.8度なので、一気に8.4度も冷え込むことになります~

私は寒さにはとっても弱いです。
ニット帽をかぶり、ダウンの重ね着(ダウンベスト+ダウンジャケット)をし、
背中にはカイロを貼り、靴にまでカイロを入れるという完全装備で挑みましたが、
それでも顔が寒いというか痛かったです。

写真は1月1日のソウル。
DSC03718-horz.jpg
この日は雪が降っていて、気をつけて歩かないと滑りました。
除雪している場所(右の写真)でも、足元は茶色に汚れた雪でぐちゃぐちゃになっていたので、
かわいい靴を履いていたら悲しい気分になったかもしれません。
※1月5日に行ったときには雪はほとんど残っておらず、1日ほどひどくはありませんでした。
 天気予報が雪の時は、靴選びに気をつけたほうがいいかも。


極寒のソウルに行くということで、あったかい場所を求めて事前にリサーチしておきました。
韓国ではチムジルバンというスーパー銭湯がいろんな場所にあるようです。
中でも、Sparex(スパレックス)という施設の評判が良かったので、そこに行くことにしました。

ワウソウルというサイトに、このスパレックスの情報が写真入りで詳しく掲載されています。
こちらをご覧いただくのがいいと思います。
ワウソウル スパレックス紹介ページ


アクセス

スパレックスは、東大門歴史文化公園駅の目の前にある
「グッドモーニングシティ」というビルのB3にあります。
明洞エリアの乙支路入口駅から東大門歴史文化公園駅までは、
乗り換えなしで3駅、5分ほどです。アクセス良し!

着いたらカウンターで受付。一人7,000ウォン(602円)と安いです。
館内着とタオル2枚(バスタオル、フェイスタオル)、バンドキーを受け取ります。

私には館内着とタオルが渡されましたが、夫には館内着のみしか渡されませんでした。
夫によると、男性側の脱衣所にはタオルが積まれていて、
自由に取って使ってよかったそうです。
(女性側の脱衣所に、自由に使えるタオルはなかったです)


つたないですけど、簡単な館内図を書いてみました。
sparex.jpg

靴を脱いで上がり、靴をロッカーに入れます。このときのカギは自分で保管だったような。
そこから、浴室(&脱衣所)へ向かいます。
「→Women's Sauna」「→Men's Sauna」と床に矢印が書いてあるので、道に迷うことはないと思います。

脱衣所のロッカーは、受付でもらったバンドキーを使って開閉します。
脱衣所から浴室へは直で行けます。

B4(一階下)にあるチムジルバンは、男女ともに利用できるスペースです。ここは館内着着用。
ということで、夫婦やカップルで行った場合は、それぞれ脱衣所で館内着に着替えたあと、
靴ロッカーの前の椅子で待ち合わせをし、一緒にB4のチムジルバンへ向かう
のがいいと思います。
海外だと携帯も使えないし、待ち合わせ場所を決めるときはちょっと不安になりますよね~。

椅子がある場所だと目立つのでいやだなという方は、チムジルバンで待ち合わせしても。
階段を下りて進むと、大きく開けた場所があって、テレビを中心に人の輪ができています。
そこで待ち合わせをしてもいいかもしれません。


お風呂に入ってみる

私たちは一時間後に椅子の前で待ち合わせとし、冷えた体を温めるためにお風呂へ。
日本同様、みんなフェイスタオルを持ち込んで浴室に行っていました。

まずはシャワーブースで体を洗おうとしましたが、固形石鹸があっただけで、
シャンプー・リンスは…なし。
しまった~!!
手ぶらで来てしまった…

あとで知ったのですが、脱衣所にある売店で使い切りのシャンプーなどが買えるようです。
私はもうお湯で髪を洗うことしかできませんでした(笑)
常連さんたちは、マイシャンプー・リンスなどをカゴに入れて持ってきているようでした。
ここに行くつもりであれば、
使い切りのボディソープ・シャンプー・リンス・メイク落としなどを日本から用意しておくと安心です。

* * *

いざ、お風呂に入ってみます。
タオルをお風呂につけない・長い髪はまとめる、というルールは日本と同じっぽいです。

お風呂、気持ちいい~
外が寒かったのでなおさら。
壁にはテレビがあって、みんなテレビを見ながら入っているようでした。
浴槽もいくつかあったし、サウナもありました。
これで600円って、ほんとにお得だと思います。
旅の疲れが一気に去っていく感じがしました。

異国の銭湯ということで、聞こえてくる会話はさっぱり分からないのですが
お風呂の心地よさは一緒でした~。


ですが、お風呂を上がったあとにまた一つ試練が。

髪を乾かそうと洗面台に行ってドライヤーを探したのですが…
そのドライヤーがコイン式だったんです
3分、200ウォン(17.2円)!

たった200ウォンと思われるでしょうが、私はこのとき韓国ウォンをひとつも持っていませんでした
ウォンを管理している夫はいま、男性用のお風呂にいます。
ということで、私は今一文無し。

――ピンチです。
濡れた髪をきちんと乾かさないと、風邪をひいてしまいそう。

お金がなくてドライヤーが使えない私がどうしたかというと…
扇風機の前で髪をかわかしました(笑)

もちろん冷風です。寒いよ~。

* * *

あったまったんだか冷えたんだか、よく分からないまま、
夫との待ち合わせ場所へ。

夫も同じくシャンプー・リンスがなくて髪を洗えなかったようです。
でも男性用の脱衣所にあるドライヤーはコイン式ではなく、自由に使えたとのこと。
もしかしたら女性用も、コイン式じゃないドライヤーがあったのかな。探せなかっただけ?
念のため200ウォンをコインで用意しておくことをおすすめします~。

チムジルバンは広くて、床があったかくて、くつろげる場所です。
まくらも積んであるのでゴロンと横になれます。
上で紹介したワウソウル スパレックス紹介ページに詳細が載っているので、どうぞ。

シャンプーを持ってこなかった、ドライヤーが使えなかったという自分のミスがありましたが
ここは清潔だしとってもいい場所だったので、次回はもっと上手に楽しめたらいいなと思います。
韓国の銭湯、とってもよかったです


web拍手 by FC2

【2013年ソウル旅行記13】ソウルで興味をひかれたもの、いろいろ

訪問日:2013年1月

DSC03714.jpg

今回は、ソウルを旅していて興味をひかれたものをご紹介していきたいと思います~。


韓国のポスト

DSC03731.jpg 

雪をかぶってかわいかったのでパチリ。
ポストが赤いのは韓国も同じなんですね。

差し出し口が2つあります。速達と普通郵便かな? 読めない~。
POSTの文字の下にあるマーク、伝書鳩をイメージしているんでしょうね。




ロッテ百貨店のエントランスのドア

DSC04244.jpg

いいなと思ったのは、ドアの持ち手にかかっていた
金色のベルベットのカバーです。おしゃれだなー。

ソウルの冬は氷点下にまで冷え込むので、
こんなふうに持ち手にカバーがかかっているのかなと思いました。
寒いときに、キンキンに冷えた金属を持つと危ないですからね。




仁川空港にあった消火用ホース。

DSC04266.jpg

これ、ホースを表わすマークが面白くて、写真を撮りました。
ガラスドアの中央部分にご注目。
渦巻き、かわいすぎっ




仁川空港にあったトイレ。(トイレの写真ですみません)

DSC04205.jpg 

これ、便座のところに赤い丸ボタンがあるのがわかるでしょうか。
Push before use」とあったので押してみました。

すると、便座にかけられていたビニールのカバーが、自動的にぐいーんと回り始めました
半時計周りだったと思いますが、うろ覚えです。
最初に見えていた部分がヘッド部分に吸い込まれ、
すべてが新しいカバーになった時点で回転は止まりました。
心の中で、「あ、ありがと…」とトイレにお礼を言いました。

この方法だと、清潔にトイレを使えますね。
仁川空港のトイレの一部がこの形になっていました。
興味をもたれた方はぜひ探して試してみてください♪


web拍手 by FC2


プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。