2013年ソウル旅行記について

2013年お正月のソウル旅行記です。バリ島旅行のトランジットを利用した、行き8時間、帰り13時間の弾丸旅行です♪
海鮮鍋を食べたり、NANTAを観たり、スーパー銭湯に行ったり……トランジットでも楽しめました。
全部で14記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年ドバイ旅行記について

2013年5月2日~8日、GW4泊7日の旅。個人旅行です♪
利用したのはエティハド航空、ホテルは「アル・ムルージュ・ロタナ」のクラブルーム。
砂漠ツアーに参加したり、フェラーリ・ワールドに行ったり、タクシーのぼったくりに遭ったり…濃い旅でした。
全部で40記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年バリ島旅行記について

2013年1月1日~5日、お正月3泊5日の旅。個人旅行です♪
利用したのは大韓航空、ホテルは「ヌサドゥアビーチホテル」のクラブルーム。特にラフティングが楽しかったです。
全部で18記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

「ソウル乗り継ぎ8時間プラン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【2013年ソウル旅行記03】ソウルでのトランジット8時間を満喫するモデルプラン

訪問日:2013年1月
満足度:ico_grade6_4.gif 4.0

DSC03736.jpg

今回のバリ島旅行では、行きに8時間・帰りに13時間、ソウル仁川空港でのトランジットがありました。
どちらもソウル市内まで出かけて行って、買い物や食事を楽しんできました。

「ソウルで乗り継ぎ8時間あるけど、どうしよう?」と考えている方の参考になるよう、
私たちが実際に過ごしたプランをご紹介したいと思います

乗り継ぎ8時間の場合、実際にソウル市内で過ごせるのは3時間ほど
そのため、明洞エリアに限ってお出かけすることにしました。
金額については、両替をした際のレート(1ウォン=0.086円)で計算しています。


羽田空港にて

羽田空港で搭乗手続きをした際、2枚の航空券をもらいました。
一枚目はソウル行き、二枚目はバリ島行き(本来の目的地)です。
スーツケースも仁川空港でピックアップする必要はなく、バリ島で受け取りました。


トランジットで市内へ出る方法

09:05  仁川空港着 

定刻通り空港に到着。
荷物を受け取る必要はないので、そのまま入国審査へ向かいます。


09:30(出発7時間35分前)  入国審査通過 

機内で入国カードと税関申告書をもらうのを忘れてしまったため、カウンターで記入しました。
入国カードを持って入国審査へ。

入国カードの「滞在先」のところには通常ホテル名を書きますが、私たちはソウルに泊まる予定がありません。
何て書こうかと迷ったあげく、(Transit) と書いて次のバリ島行きのチケットを見せると、
何の問題もなく通れました。

帰国したあといろいろ検索してみたら、transit to ○○(最終目的地)と書くのがいいと
回答しているものがありましたので、ご参考まで。
Yahoo! 知恵袋


09:40(出発7時間25分前)  税関通過、両替&T-money購入 

カウンターで税関申告書に記入して、税関を通過。
両替をし、空港にあったコンビニでT-money(SuicaとかPASMOみたいな地下鉄ICカード)を購入しました。

DSC04304.jpg
左がT-money。右は大きさ比較のためのSuica(裏面)です。同じサイズです。

T-moneyはカード代2,500ウォン(215円)がかかりますが、次回ソウルに来た時にも使えます。
購入時に10,000ウォン(860円)チャージしてもらったので、
カード購入時に払った金額は、一人12,500ウォン(1,075円)

空港のコンビニ店員さんたちは英語が通じます。
T-moneyプリーズというと、いくら分チャージするかと英語で聞かれました。

でも今後ソウルに来る予定がなければ、一回券を購入したほうがいいかもしれません。
以下のサイトの情報が参考になると思います。
韓国旅行コネスト T-moneyカード


09:50頃(出発7時間15分前)  A'REX(各停)出発 

ソウル市内へはリムジンバスでも行けますが、今回は電車(A'REX)を使って行ってみることにしました。
A'REXには直通列車(座席指定の特急)と一般列車(各駅停車)があります。
詳細はこのサイトに詳しく載っていました。
韓国観光公社 空港鉄道A'REX

行きは、T-moneyを使って一般列車で市内へ向かいました。
「弘大入口」というところで2号線に乗り換え、乙支路三街で下車。駅を降りると、そこが明洞です。

空港から乙支路三街まで各駅で向かうと、大体4,000ウォン(344円)ぐらい。驚異の安さ。
成田エクスプレスに乗って成田空港から新宿まで出ると、3,110円ですよ~。
この金額で市内まで行けるなら、短い時間でも出かけてみようかなっていう気になりますよね


市内での過ごし方

11:05頃(出発6時間前)  到着 

明洞到着!
時間はちょっとしかないけれど、ソウルに来られてうれしい!

ここでは主にショッピングを楽しみました~。

seoul_shop.jpg 

スーパーマーケットで韓国のりやラーメンを、ETUDE HOUSEでおみやげを買いました。
あとはセール中のお店を覗いて、洋服を見たり。
次回の記事で、買ってよかったおすすめのおみやげをご紹介したいと思います

Arrow2_small.jpg 【2013年ソウル旅行記04】おすすめのおみやげ(食品編)
Arrow2_small.jpg 【2013年ソウル旅行記05】おすすめの韓国みやげ(女性向け商品)


12:45頃(出発4時間20分前)  レストラン到着 

買い物をしたあとはランチ!ということで、市庁駅方面に歩いて行きました。
このエリアのレストランは、元日ということでほとんどが閉まっていましたが
お目当てのお店は営業中でした。よかった~。

釜山カルメギというお店で、 白子たっぷりのメウンタンという鍋を食べました。
店のおばちゃんたちのキャラクターが強烈で、なかなかおもしろい体験ができました。

foodpic306079122.jpg

Arrow2_small.jpg 【2013年ソウル旅行記06】おばちゃんパワーにあてられながら、海鮮鍋を食べる


食事をした後は、徒歩でソウル駅に向かいます。途中にあった南大門

DSC037332.jpg

2008年に放火に遭い、現在も復元工事中です。

南大門を通りすぎて、ソウル駅に向かったはず…なんですが、
なんかどんどん変な道に入っていきます。
あれ? あれ?


14:00頃(出発約3時間前)  ホテル到着 

そして気がついたら、謎の大型ホテルに着いていました…。
ここで体勢を立て直そうとガイドブックを開いたのですが、ホテルが地図に載っておらず、
今どこにいるのかさっぱり分かりません。

もうこれは歩くのをあきらめようということで、
エントランスでタクシーをつかまえてソウル駅まで行きました

5分ほど走って、ソウル駅に到着。
でも降ろされた場所から空港鉄道 A'REXのホームまでが遠い!
ソウル駅広すぎ!
ひ~

14:30発のA'REXの直通列車に乗らないと間に合わないということで、
早歩きで乗り場まで向かいました。


14:25(出発2時間半前)  チケット購入 

エスカレーターでA'REXの乗り場まで下りていくと、その先に丸いインフォメーションのカウンターがあります。
ここでチケットを買えます。
チケットを入手したのは、出発5分前でした…。危なかった…!

直通列車は毎時0分、30分にソウル駅を出発します。これに乗れば43分で仁川空港に着きます
直通列車も手続きをすればT-moneyで乗ることはできますが、
割引してもらいたかったので、私たちはカウンターで直接購入しました。

大韓航空のチケットを持っていれば、割引が効きますよ♪
航空券を見せるだけでOK。片道13,800ウォンのところ、半額の6,900ウォン(593円)になりました~。


いざ、空港へ戻ります

14:30(出発2時間25分前)  A'REX発車 

DSC037372.jpg 

電車が発車したとき、心の底から安心しました。
もう…もう時間を気にしなくていいんだ…と気持ちがゆるんだとたん、
旅の疲れが一気に押し寄せて、二人とも気付いたら爆睡。

指定席なのでゆったりしているし、仁川空港までノンストップです。

DSC03738.jpg

直通列車のチケットはカード式になっていて、行きは改札でタッチします。
でも帰りはタッチするのではなく、切符のように吸い込ませる形です(手元に戻ってきません)。


15:13(出発1時間48分前)  仁川空港駅着 

無事、仁川空港駅に到着しました。
電車だと混雑で遅れるということがないのでおすすめです♪

国際線だと2時間前には空港についておきたいところですが…
今回は羽田で搭乗手続きが済んでいるため、この時間で十分間に合いました。
カウンターに立ち寄る必要はないので、そのまま出国ゲートへ向かいます。

※注意しないといけないのは、ソウルで液体物のおみやげ(キムチなど)を買った場合です。
液体は少量でないと機内に持ち込めないので、預け入れの手荷物にしなければなりません。
そのため、航空会社のカウンターに立ち寄る必要が出てきます。
(私は手荷物で持ち込める範囲しか買わなかったので、この場合追加料金が発生するかは分かりません)

なお、どうしても液体物を購入したいという場合は、出国後エリアにあるおみやげ店で買うという手もあります。
そうすれば機内持ち込み可能です。


手荷物検査を通ったら、今度は出国審査です。
何の問題もなくクリア!

航空券には搭乗ゲートが書いてありますが、これは羽田で8時間前に発券したときのもの。
急遽、ゲートが変更になっている可能性もあります。ボードで確認しておくと安心です。


16:00(出発約1時間前)  のんびりお茶 

搭乗時間までかなりの余裕があったので、
空港内のチャーリーブラウンカフェでケーキをテイクアウトして食べました。

foodpic30607942.jpg

Arrow2_small.jpg 【2013年ソウル旅行記07】仁川空港のチャーリーブラウンカフェ&キティカフェ


17:05  バリ島行き飛行機発 

ソウルでの滞在を満喫したあと、バリ島へ向けて出発しました。
すごく長い一日だったように思います。

トランジットの8時間を有意義に使えて嬉しかったです。
空港に閉じこもっているよりは、ずっとエキサイティングな体験ができたと思います
でも最後は道に迷って焦ったので、もう少し大きな地図を用意しておけばよかったと思いました~。


ソウルのトランジット13時間編はこちら。
 Arrow2_small.jpg 【2013年ソウル旅行記08】ソウルでのトランジット13時間を満喫するモデルプラン

スポンサーサイト

web拍手 by FC2


プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。