2013年ソウル旅行記について

2013年お正月のソウル旅行記です。バリ島旅行のトランジットを利用した、行き8時間、帰り13時間の弾丸旅行です♪
海鮮鍋を食べたり、NANTAを観たり、スーパー銭湯に行ったり……トランジットでも楽しめました。
全部で14記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年ドバイ旅行記について

2013年5月2日~8日、GW4泊7日の旅。個人旅行です♪
利用したのはエティハド航空、ホテルは「アル・ムルージュ・ロタナ」のクラブルーム。
砂漠ツアーに参加したり、フェラーリ・ワールドに行ったり、タクシーのぼったくりに遭ったり…濃い旅でした。
全部で40記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年バリ島旅行記について

2013年1月1日~5日、お正月3泊5日の旅。個人旅行です♪
利用したのは大韓航空、ホテルは「ヌサドゥアビーチホテル」のクラブルーム。特にラフティングが楽しかったです。
全部で18記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

「飛行機・機内食 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【2013年ソウル旅行記01】空から見る初日の出

訪問日:2013年1月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC03700.jpg
1月1日。大韓航空720便から見た、初日の出。


私たちが乗ったのは、6:25羽田発・仁川国際空港行きの飛行機でした。
真っ暗だった空が、薄くのばした水色になってきた頃に搭乗しました。

東京都の日の出の時間は6:50頃だったので、
この分だと、飛行機から初日の出が綺麗に拝めるのではないかと期待していました。

飛行機は少しの間滑走路を走った後、離陸。
だんだん色を取り戻してくる世界にわくわくしながら、モニターを触ったりしていました。

しばらくたって、急に座席のモニターが、オレンジ色に輝き始めました
窓から太陽の光が入ってきているんだ!と気付いて、
飛行機後方を見てみたら、綺麗な初日の出!
羽田からソウルへと西に向かう飛行機だったので、太陽は後ろの方に見えました。

機内はお祝いムード
通路を挟んだ向こう側の席の方と、撮った写真を見せ合ったりしながら、
空の旅を楽しみました。

飛行機に乗るときはいつもちょっとだけ怖いのですが、
こんなめでたい飛行機なら、問題なく目的地に着けるだろうと思いました(笑)

次回の記事では機内食をご紹介します~。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

【2013年ソウル旅行記02】羽田発ソウル行き、大韓航空の機内食

訪問日:2013年1月
満足度:ico_grade6_2.gif 2.0

DSC03711.jpg

旅の楽しみの一つは機内食♪
友人から「大韓航空のビビンバがおいしかった」という話を聞いていたので、
この便にはビビンバあるのかな~? それとも別のメニューかな~? と楽しみにしていました。

羽田発・仁川空港行きのフライト時間は、2時間40分
しばらくたって配られた機内食は、FISHでした(一つしか種類がなく、選べませんでした)。


容器を開けてみたよ。

DSC03712.jpg

一緒についていたパンは、プチサイズのシナモンロールでした。
まあまあおいしかったです。

そしてメインのお魚へ。

私「……」
夫「……」

何一つ感想が出てこない。
フォークを持ったまま固まってしまうほど、おいしくないっ(笑)

ソースが足りなかったのかなと思って、たっぷりつけてもう一口。
……やっぱりまずいっ

何がいけないんだろう?
お魚、ほとんど味がしないんです。無味。
風邪をひいたときの食事のようです。
初日の出を見てお祝いムードだった私たちの席も、お通夜のような状態に…。


トレイを下げてもらったあと、機内食の感想を夫に聞いてみました。
「ヨーグルトが一番おいしかった」
ありがとう、ブルガリアヨーグルト!


非常口そばの座席に座ったら

今回私たちが座ったのは、非常口横の座席でした。
カウンターでチェックインするときに、こう言われたのです。

「本日非常に混み合っていまして、ばらばらのお席になってしまいます。
並び席でご用意できるのは非常口の横の席ですが、いかがいたしますか?」

この席に座ると、有事にお手伝いをする役割が生じることを了解した上で、
非常口の席で隣同士になる方を選びました。

この席は、やはり他の席とちょっと変わっていました。
DSC03703.jpg

飛行機が離陸する前に、CAさんが私たちのところにやってきて、
「お手伝いをお願いすることがあります」と説明を受けました。
そして、「座席のシートポケットに入っている案内をご一読ください」とも言われました。

いつもはちらっと見るだけだった案内も、今回はちゃんと読みましたよ~。
離陸前に流される機内安全に関するビデオも、いつもの3倍くらい真剣に見ました(笑)


真横は非常口です。
これが使われることがなくてよかった。
DSC03701.jpg


座席も、他の席とちょっと違います。
DSC037032.jpg

前の座席を見ると、モニターのすぐ下にリモコンが横向きに収まっていたのですが、
非常口の席だとリモコンの代わりに、案内シールが貼ってありました。

DSC04204.jpg参考までに、帰りの機内の写真を載せておきます。
行きはボーイング737、帰りはエアバスのA330だったので
機体は違いますが、リモコンの位置は一緒です。

非常口そばの座席だと、リモコンは肘掛けのところにありました。

嬉しかったのは、座席の間隔が広かったことです。
非常口の幅と同じだけのスペースが空いているので、いつもよりずっと広くて、
足がとっても楽でした。
機会があれば、非常口そばの席に座ってみるのもいいかもしれません


飛行機を降りると、そこは…

DSC03713.jpg

一面の雪景色。
飛行機を降りた瞬間から、感じる寒さが全然違います。


目的地であるバリ島行きの飛行機が出発するのは、8時間後
8時間も空港にじっとしているのはもったいない!
…ということで、いざ、ソウル市内まで出かけてみたいと思います~。


web拍手 by FC2

【2013年ソウル旅行記14】23:30羽田着の便だと、終電に間に合わない?!

訪問日:2013年1月
満足度:ico_grade6_3h.gif 3.5

DSC04277.jpg

私が韓国から帰ってくるときに利用したのは、23:30羽田着の大韓航空でした。

この便を選ぶと、夜までたっぷり(仁川21:30発)ソウルにいられるのはいいのですが…
羽田に到着したあとが大変です。
23:30羽田着だと、終電ぎりぎりなんです。
ぎりぎりセーフじゃなくて、ぎりぎりアウトなんです


この便に乗ったとき、入国審査をして荷物を引き取って空港を出るまでに
いったいどのくらいの時間がかかったか、レポートしたいと思います


大韓航空の機内食

羽田へ向かう機内では、夜食が出ました。
foodpic3106139.jpg
行きの便では機内食がめちゃめちゃまずかった(すみません)ので、
おそるおそる口にしたのですが、今回は普通に食べられました。
韓国海苔がうれしい~。


DSC04274.jpg
ビールも頼めました(無料)
アサヒスーパードライが出てきて、夫はすごく喜んでました。
夫が一番好きな銘柄です

韓国までは、行きは2時間40分かかりますが、帰りはたったの2時間です。
機内食を食べてモニターをいじっていたら、もう東京の空が見えてきました。
帰ってきたぞ~。


電車の終電

私が利用した1月5日(土)の羽田空港国際線ターミナル駅発の終電は、
京急線だと12:02、モノレールだと12:10でした。(京急線の平日の終電はもう少し遅くなります)

ただしこれに乗れたとしても、(都内ならまだしも)
神奈川県の自宅へはたどり着けないことがあらかじめわかっていました。
ということで考えた選択肢は4つ。

(1)羽田空港内の24時間営業のお店で始発を待つ。
 ※最も安上がりだが体力の消耗が激しい

(2)羽田空港内のキャビンホテルに泊まる。
 ※カプセルホテルの豪華版みたいなもの。空港内で便利だが、壁の仕切りがなくていびきがうるさいとのクチコミあり

(3)終電に乗って行けるところまで行き、そこからタクシーで自宅へ帰る。
 ※移動に体力とお金を使うが、家のベッドでゆっくり寝られる

(4)羽田空港周辺のホテルに泊まる。
 ※最も高くつくが、体力的に一番楽

今回選んだのは(4)です。前日が機内泊だったので、さすがに体力が持たないだろうと。
そこで、「アートホテルズ大森」を予約しました。
このホテルのいいところは、羽田空港国際線ターミナルから無料の送迎バスが出ていることです。

最終の送迎バスの時刻を調べたら、24:10発。
23:30に羽田に着くから、出発まで40分の余裕がある。これなら大丈夫そう!
24:10発のこのバスに乗るのが、今回の目標です。


いざ、飛行機を降りる

飛行機は定時に羽田に到着しました。
あと40分でバスが出発するということで、はやる気持ちを押さえながら機体の外に出たのですが…
ここでショックな出来事が!
空港ターミナルとつながっていなくて、リムジンバスでターミナルまで移動する形だったんです。

夫「バスじゃん…」
私「バスだね…」

これではかなり移動に時間がかかってしまいます。

間に合うか不安になってきて、リムジンバスに乗って移動している間も、うつむきがちな私。
ターミナルに到着し、そこから入国審査を抜けて、バゲッジクレームに着いたときは
すでに23:55になっていました。

ホテルの送迎バスの出発(24:10)まで、あと15分しかありません。
あとはスーツケースをピックアップして税関を抜けるだけなのですが、
荷物がなかなか出てこない! 

ベルトコンベヤーは静止した状態のまま。
その周りで待っている人もお疲れモード。
人間同様、荷物も飛行機からバスで運んでいるために、時間がかかっているようです。

24:00になりましたが、スーツケースは一つも出てきません。
バス出発まであと10分。

夫「これはもう、無理だね…」
この時点で、送迎バスに乗ることはあきらめました(涙)

結局、私たちがスーツケースをピックアップできたのは、24:12でした。
まだ半分くらいの人が、ベルトコンベヤー付近で待っていました。

24:10発のバスに乗るという目標達成はなりませんでした
がっかりしてしまって、なんだか体も一気に重くなってしまいました。
でもこうなったら、ホテルまでタクシーで行くしかありません。

DSC04278.jpg 
24時間営業のお店の案内が出ていました。


タクシー乗り場に着いたのは、24:20頃。
たくさんタクシーがいるなあと思ったら、「迎車」のランプがぴかぴか光っていました。
旅慣れた方たちは、すでに帰りのタクシーを手配してあったようです(!)

私たちは手配なんてしていなかったので、タクシーの順番待ちの列に並びました。
でも待ったのは5分くらいだったかな。 

ホテルまでのタクシー代は3600円くらい。
痛いっ! 痛すぎる出費です
あと…10分はやければ…。


アートホテルズ大森

送迎バスには乗れなかったものの、ホテルには無事到着。
タクシー20分くらいで着きました。

kouhaku.jpg

左の外観写真は翌朝撮ったものです。このホテル、快適でした。
チェックアウトが11時だったので、のんびり朝食を食べました。
朝食バイキングは無料で品数も多かったです。ひさしぶりの白ごはんはおいしかった!

* * *

これで全14回のソウルのトランジット旅行記はおわりです♪
たった8時間+13時間の慌ただしい滞在だったけれど、楽しかった~!
読んでいただいてありがとうございました。

次はバリ島の旅行記を書きたいと思いますが、
その前に、1月の3連休にお台場で遊んだ記録を残しておきたいと思います。
ガンダムの写真をたくさん撮ったよ


web拍手 by FC2


プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。