2013年ソウル旅行記について

2013年お正月のソウル旅行記です。バリ島旅行のトランジットを利用した、行き8時間、帰り13時間の弾丸旅行です♪
海鮮鍋を食べたり、NANTAを観たり、スーパー銭湯に行ったり……トランジットでも楽しめました。
全部で14記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年ドバイ旅行記について

2013年5月2日~8日、GW4泊7日の旅。個人旅行です♪
利用したのはエティハド航空、ホテルは「アル・ムルージュ・ロタナ」のクラブルーム。
砂漠ツアーに参加したり、フェラーリ・ワールドに行ったり、タクシーのぼったくりに遭ったり…濃い旅でした。
全部で40記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年バリ島旅行記について

2013年1月1日~5日、お正月3泊5日の旅。個人旅行です♪
利用したのは大韓航空、ホテルは「ヌサドゥアビーチホテル」のクラブルーム。特にラフティングが楽しかったです。
全部で18記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

「観潮船に乗って渦潮観察〈徳島〉 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【鳴門の渦潮】観潮船わんだーなるとに乗って渦潮観察2(徳島)

訪問日:2012年8月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.0

鳴門の渦潮


これが、観潮船わんだーなるとから見る、鳴門の渦潮です。
大鳴門橋の機能美と、渦潮の自然美の競演。

観潮船のエンジン音と、目の前で絶え間なく波が踊る音と、観客があげる歓声と、カメラのシャッター音がします。

この日は残念ながら中潮の日だったので、ガイドブックで見るような完璧な渦巻きではありませんでした。中心に向かって渦を巻くというよりは、波と波がいろんな場所で休みなくぶつかっているという感じです。海が荒っぽいやり方ではしゃいでいるみたいで、迫力がありました。

観察していて興味深かったのは、渦を巻いている部分とそうでない部分の差が、かなりはっきりしていることです。下の写真をご覧ください。
鳴門の渦潮
なんだか不思議です。まるで魔法にかかったように、一部の海面だけが波打っています。砂浜に寄せる波はいつも一定方向ですが、この海域ではいろいろな方向に波が動いています。


波同士が絶えずぶつかってユラユラしているので、その様子をじーっとみていると、まるで大きなゼリーみたいに見えてきて楽しくなります。
海面


しばらくこのエリアに留まって渦潮をたっぷり観察したあと、船は乗り場に戻っていきます。全体の所要時間は約30分でした。刺激的な体験ができたので、今度は大潮のときを狙ってもう一度行ってみたいと考えています。


アクセス方法  (最新の情報は必ずご自身でご確認ください)

乗船料:1530円
乗船時間:公式HP(出航時間)参照
交通アクセス:公式HP(交通のご案内)参照

青春18きっぷの旅行中だったので、私は公共交通機関を使って行きました。徳島駅から路線バスに乗って鳴門エリアを観光したあと、高速バスで三宮へ抜けました。

《実際にとったルート》
徳島駅から路線バス(乗り場①)に乗り、鳴門公園下車(渦の道、千畳敷展望台観光)
⇒路線バスに乗り、鳴門観光港下車(観潮船わんだーなると乗船)
⇒路線バスに乗り、子鳴門橋下車。徒歩15分くらいで高速鳴門バス停へ到着。高速バスに乗って三宮へ

鳴門公園と鳴門観光港の間はかなり離れています。歩くのではなく、路線バスを使ったほうがいいと思います(乗車時間約5分、110円)。バスの時刻表などは、上記の公式HPに詳しく出ています。


スポンサーサイト

web拍手 by FC2

【鳴門の渦潮】観潮船わんだーなるとに乗って渦潮観察1(徳島)

訪問日:2012年8月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.0

観潮船わんだーなると

観潮船わんだーなるとに乗って、船のデッキから鳴門の渦潮を間近に観察してきました! 壮大な大鳴門橋の下で渦を巻いて跳ねる波の様子に引き込まれました。今回の記事では、観潮船の乗り方や船から見える大鳴門橋の様子をご紹介したいと思います。


まずは船のチケットを購入

ここが観潮船乗り場です。
観潮船乗り場 

観潮船には2種類あります。
わんだーなると(大型観潮船)乗船料1530円事前予約不要
アクアエディ(水中観潮船)乗船料2200円全便予約制

私が乗ったのはわんだーなるとです。予約は不要なので、当日乗り場に行ってチケットを購入します。私は夏休み中の土曜日に乗りましたが、定員415名と船がかなり大きいため、希望の船に乗れないかもしれないという心配は不要でした。船も適度に空いていました。(GWやお盆、お正月などの最混雑時期の状況は分かりません)


渦潮の見頃

潮の満ち引きが渦潮に大きく影響しているため、迫力のある渦潮を見たいなら観潮に最適な時間を狙って行くといいと思います。下の写真は、乗り場に掲示してあった当日の渦潮の状態です。

渦潮の見ごろ

私は12:00のピークに間に合うように、11:40発のわんだーなるとに乗りました。わんだーなるとの乗船時間は約30分です。観測に最適なのは大潮ですが、私が行った日は残念ながら中潮でした。

下記のページで渦潮の見頃を調べられます。
うずしお観潮船 潮見表


船の内部の様子

時間になると乗船が始まります。
船内の様子

渦潮をよく見たいなら、デッキをキープするのがいいと思います。ただし立ちっぱなしです。船室はエアコンが効いていて涼しく、そして椅子もあります。私は帰りは船室の椅子に座りました。


大鳴門橋の下をくぐる

わんだーなるとは、鳴門の渦潮の観測地点に向かって時間通りに出航しました。船は、波しぶきをあげながらぐんぐん進んでいきます。デッキにいるとかなり風を感じました。海風をうけてはためくTシャツの袖。気分が華やぎます!

船は、途中で徳島県と淡路島を結ぶ美しい橋、大鳴門橋の下をくぐります。この橋は1985年(昭和60年)にできたもので、全長は1,629m。

大鳴門橋


真下から見た橋。海上からでしか見られない光景です。
大鳴門橋


出航してだいたい12分くらいで、渦潮の観測地点に到着します。
長くなったので、次回の記事で渦潮の様子をアップします



web拍手 by FC2

【鳴門の渦潮】大鳴門橋の「渦の道」から渦潮を見下ろす(徳島)

訪問日:2012年8月
満足度:ico_grade6_4h.gif 3.0

渦の道
ここは、渦潮で有名な徳島県鳴門市の、大鳴門橋(おおなるときょう)に設けられた渦の道
渦上45メートルの高さにあるガラス床の上に立って、渦潮を観察することができます。
渦潮の上に立つという不思議な感覚を味わえます。


いざ、渦の道へ

ここが渦の道入口です。 大鳴門橋のたもとにあります。ここから入ります。
渦の道入口
チケットを買うときに、他の施設とのセット券にするかどうか聞かれます。渦の道に行くだけであれば500円です。


内部の様子。大鳴門橋に設けられた遊歩道を歩いて進みます。
渦の道 
窓には、ガラスのかわりに網のようなものがはまっています。なので風がよく通ります。この日はすごく暑かったのですが、渦の道に入ったとたん体感温度がぐっと下がったような気がしました。窓を抜けていく海風がとても気持ちいいです
窓から見える景色は海。太陽の光を受けてキラキラしていました。


片道450メートルの海上散歩を楽しむと、展望室に出ます。ここは床にガラスがはまっていて、渦潮を上から眺めることができます。
渦の道 展望室 
渦上45メートルの高さにあるので、ガラス床の上に立って下を覗きこむと、高所から下の景色を見下ろしたとき特有の、あのひやっとする感覚が。

ただしガラス床は思ったより小さいので、渦潮の全体像を眺めるには向いていません。荒れた日の海を、四角い枠で切り取って見ているようなイメージです。ダイナミックな渦の動きなどを楽しみたい場合は、観潮船に乗って海から渦潮に近づくほうがいいと思います。


潮見表をチェックしてから出かけよう

事前に潮見表をチェックしておいて観潮に最適な時間を目指していくと、より迫力のある渦潮が見られます。

公式HP 潮見表
上記のサイトに大潮・中潮・小潮の時間が書いてあります。

観潮は「この時刻を中心に、大潮は前後2時間、中潮は前後1時間半、小潮は前後1時間までが最適」なのだそうです。ちなみに私が渦の道に行ったのは、中潮の一時間半前でした。


千畳敷展望台へ寄り道

渦の道を訪れたあとは、千畳敷展望台に寄り道するのがおすすめです。渦の道入口前の広い道路をひたすら下っていくと、徒歩7分くらいで千畳敷展望台に出ます。いかにも鳴門らしい写真が撮れますので、お時間があればぜひ。
千畳敷展望台

ここからは大鳴門橋もきれいに見えます。美しい橋です。今回ご紹介した渦の道は、この大鳴門橋上にあります。
大鳴門橋


渦の道へのアクセス  (最新の情報は必ずご自身でご確認ください)

入場料:500円
営業時間:9:00~18:00(10月~2月は9:00~17:00、GW・夏休みは8:00~19:00) 
     ※入場は閉館の30分前まで
アクセス:公式HP参照

車があれば楽ですが、公共交通機関を使って行こうとするとアクセスしづらい場所にあります。
私は青春18きっぷの旅行中に立ち寄ったので、徳島駅から路線バスに乗って行きました。徳島駅前のバスターミナルから鳴門公園行きのバス(乗り場①)に乗って鳴門公園で下車、徒歩10分ほどです。バスの乗車時間は70分、片道690円です。ふつうの路線バスなので多くのバス停に停まりますし、トイレはありません。バス停を降りたら目の前に階段がありますので、それを上っていくと広い道に出ます。そこから大鳴門橋の方向を目指して行けば分かりやすいのではないかと思います。

路線バスの時刻表は、(渦の道とは違う場所にありますが)うずしお観潮船のサイトが一番わかりやすかったです。
公式HP(うずしお観潮船のサイト)参照
上記のページはうずしお観潮船のサイトなので、観潮船乗り場に一番近い鳴門観光港が赤字になっていますが、渦の道に行く場合は鳴門公園で下車してください。

私は渦の道&千畳敷展望台に行った後でバスに乗って鳴門観光港へ移動し、うずしお観潮船わんだーなるとに乗りました。鳴門公園ー鳴門観光港間の路線バス料金は110円でした。



web拍手 by FC2


プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。