2013年ソウル旅行記について

2013年お正月のソウル旅行記です。バリ島旅行のトランジットを利用した、行き8時間、帰り13時間の弾丸旅行です♪
海鮮鍋を食べたり、NANTAを観たり、スーパー銭湯に行ったり……トランジットでも楽しめました。
全部で14記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年ドバイ旅行記について

2013年5月2日~8日、GW4泊7日の旅。個人旅行です♪
利用したのはエティハド航空、ホテルは「アル・ムルージュ・ロタナ」のクラブルーム。
砂漠ツアーに参加したり、フェラーリ・ワールドに行ったり、タクシーのぼったくりに遭ったり…濃い旅でした。
全部で40記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年バリ島旅行記について

2013年1月1日~5日、お正月3泊5日の旅。個人旅行です♪
利用したのは大韓航空、ホテルは「ヌサドゥアビーチホテル」のクラブルーム。特にラフティングが楽しかったです。
全部で18記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

「兼六園・なぎさドライブ〈石川〉 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【千里浜なぎさドライブウェイ】車で砂浜を走れる!ドライブ好きにおすすめの場所〈石川〉

訪問日:2012年7月
満足度:ico_grade6_5.gif 5.0

DSC002912.jpg

金沢を旅行したついでに、ガイドブックで一目ぼれした場所、
千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイに行ってきました。

ここは、ふつうのドライブウェイとは一味違います。
なんと……砂浜なのに車で走れるんです


運転席から見える景色はこんな感じ。
nagsa02.jpg
サザンの「波乗りジョニー」をかけながら車を走らせました。楽しい!
運転していた夫も助手席の私も大興奮。
長さは8kmほどしかないので、はしゃいでいる間に終わる…という感じでした(笑)



特別な装備は不要で、普通車でもタイヤが沈むことなく走れます。
その秘密は砂にあります。砂浜の写真をご覧ください。
DSC00274.jpg 
不思議なことに、足あとが沈んでいません。
ここの砂はきめが細かく、海水を含んで引き締まっています。
実際に歩いてみましたが、砂というよりは水を含んで冷たい土の上を歩いているような感じでした。そのため、車でも問題なく走行できます。


ちなみに下の写真は、鎌倉・七里ガ浜の海岸。
歩くたびに、砂に足がざくっざくっと埋まります。千里浜とは全く違います。
DSC00965cf.jpg


運転中、対向車がきたところ。
このドライブウェイは一方通行ではありません。
北へ向かう車線のほうが、より砂浜に近いところを走れます。
nagisa03.jpg



空いていたので、邪魔にならない場所に車をとめて
海に入ってみました。
DSC00273.jpg 



水遊び。

DSC00282.jpg 




夕暮れの海に、たくさんのカモメ。

 
DSC00285.jpg 


日が沈んでいきます。


DSC00270.jpg 

昨日の今頃は自宅でテレビを見ていたのに、
今日は砂浜に車を止めて夕陽を見ている。

旅に出ると充実した一日を過ごせます。
思い出に少しの隙間もないくらい。

濡れてしまった足を拭きながら、
「自宅を出てもう3日くらい経った気がするね」と夫と話しました。


千里浜なぎさドライブウェイへのアクセス方法(最新の情報は必ずご自身でご確認ください)

通行料無料
営業時間24時間
交通
アクセス
能登有料道路 今浜IC下車、車で5分
詳細は石川県羽咋(はくい)市の公式サイト
ご確認ください。
波が高い場合には進入規制が行われます。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

【道の駅高松】日本海に沈む夕陽〈石川〉

訪問日:2012年7月
満足度:ico_grade6_3h.gif 3.5

DSC00261up.jpg

波の音、オレンジに染まる水面。
旅の心地よい疲れ。
旅先で見た、日本海に沈む夕陽です。

今日は、こんな景色が見られる場所をご紹介したいと思います。


* * *


金沢の観光を終えたあと、私たちは能登半島方面へ車を走らせました。
まっすぐにのびる道が気持ちいいです。
DSC00251.jpg
進行方向左側に広がる日本海をゆっくり眺めたかったので、
道の駅で車を止めて休憩することにしました。


ここは、能登有料道路上にある道の駅「高松」
高松と名がついていますが、香川県高松市ではなく石川県かほく市にあります。

DSC00265.jpg 


上の看板の地図部分のアップ。
DSC00265up.jpg 
案内図のとおり、目の前が海です。
あとで知ったのですが、ここは日本海が一望できる休憩スポットとしてドライバーに有名なのだそうです。


神奈川在住の私たちは、ふだん日本海を目にすることがありません。
日本を横断するようにして反対側に出てきたんだと思うと感慨深いです。 


大きな地図で見る

こちら側にあまり来たことがないので、日本海を見るだけで興奮します。
旅をしないと見られない、特別な海です。
北陸在住の方は逆に、太平洋を見るとテンションが上がったりするのかな。


ここから見る夕陽がとてもきれいでした。

DSC00259.jpg


砂浜に降りられるようになっていました。


DSC00254.jpg


道の駅「高松」へのアクセス方法  (最新の情報は必ずご自身でご確認ください)

営業時間売店・軽食コーナー:8:00~19:00
食堂:9:00~18:00
交通アクセス金沢駅から車で約40分
詳細は公式サイト アクセスマップ参照
能登有料道路沿いにありますが、一般道からも利用できるようです。
詳細は上記の公式サイトをご確認ください。




web拍手 by FC2

【金沢21世紀美術館】無料でモダンアートを楽しむ〈石川〉

訪問日:2012年7月
満足度:ico_grade6_3.gif 3.0

DSC00167.jpg

石川県金沢市にある金沢21世紀美術館。実際に体験できるタイプの展示物が多いので、肩肘張らずにモダンアートに触れられます。

チケットが必要な展覧会ゾーンと、無料で楽しめる交流ゾーンに分かれていますが、
無料ゾーンだけでも十分楽しめました。


カラー・アクティヴィティ・ハウス

この建物は、カラー・アクティヴィティ・ハウス。館内の外にあります。
三原色であるシアン(青)、マゼンタ(赤)、イエロー(黄)の3つのガラスの壁で構成されています。

DSC001862.jpg 
(写真では人が入っていませんが)このハウスの中には自由に出入りできます。
カラーガラスのフィルタを通してみる世界は、いつもとちょっと違って見えます。


3原色が使われているので、色ガラスを複数通すと色が変わります。 
DSC00186.jpg 
上の写真、奥に黄緑色のガラスの壁が見えますが、ほんとうは青なんですよね。
黄色のガラスを通して見ているから黄緑に見えるという。
その変化もたのしい。


壁どうしはこれくらい隙間があいています。人が二人通れるぐらいかな。
ハウスの中と外に分かれて、赤いガラス越しに夫と向かい合うと、お互いの顔がピンクになってたりしておかしいです(笑)
DSC00165.jpg 


影もきれいですよ。
ほんのり色に染まった影を見せるためか、
ハウスのまわりには芝がありません。
DSC00162.jpg


椅子のオブジェ

これも外にあった椅子。
DSC00160.jpg
会議しているみたいに見えます。

たくさんのひとが座ってきたからなのか、
足を置く部分の地面、地肌がむき出しになっています。
座り心地よかったですよ。
太陽の光をあびて、ほんのりあったかくて。

DSC00161.jpg


市民ギャラリー

DSC00174.jpg
加賀友禅にインスパイアされて制作された、花模様の壁と椅子。
マイケル・リン氏の作品です。


椅子がねー、かわいい
実際に座れます。ロッキングチェアになっていて、ゆらゆら揺れます。
DSC00172.jpg 

ちょっとずつ模様が違います
DSC00179.jpg


美術館のアートな椅子

この美術館には椅子がたくさん置いてあるので、
気がつくと長い時間、ぼーっと過ごしてしまいそうになります。
すべて、実際に座れます。この点もうれしい。

うさぎの椅子。家に欲しいな。
DSC00168.jpg 

これはクリアな椅子。座高たかめ。
DSC00182.jpg 

これは番外編。
美術館の向かい、しいのき迎賓館付近で見つけたベンチ。お洒落。
DSC00158.jpg

ここに紹介した以外の展示物もたくさんあります。
「雲を測る男」の像や、チューバのアトラクションも。


金沢21世紀美術館へのアクセス方法  (最新の情報は必ずご自身でご確認ください)

入館料1,000円
※交流ゾーンだけであれば無料です。
上記でご紹介したものはすべて無料で見られます。
開館時間10:00~18:00(金、土は~20:00)
入場は閉館30分前まで
毎週月曜日、年末年始休業

※交流ゾーンのみであれば9:00~22:00、
月曜も利用可です。年末年始休業
詳細は公式サイト(開館時間・休館日)参照
交通
アクセス
JR金沢駅東口タクシー乗り場から約10分。
JR金沢駅よりバス10分、徒歩約5分。 
詳細は公式サイト(アクセス案内)参照
兼六園のすぐ近くにあります。真弓坂門から徒歩2分くらい。館内はエアコンが効いていて椅子がたくさんあるので、休憩がてら立ち寄ってもいいかもしれません。

兼六園・金沢21世紀美術館付近のわかりやすい地図が、
以下のページに載っています。
しいのき迎賓館公式サイト 周辺施設

DSC00159.jpg



web拍手 by FC2

【金沢・兼六園】モデルポーズの白鷺〈石川〉

訪問日:2012年7月
満足度:ico_grade6_3.gif 3.0

兼六園

白川郷をあとにした私たちは、そのまま車を走らせて金沢にやってきました。

金沢といえば兼六園
夫とふたりで、手入れの行きとどいた純和風庭園を
のんびり散歩したいなと思って訪れました。

たしかにお庭はすばらしく、背筋が伸びるような気持ちでしたが
私の心を一番つかんだのは、立派な松でも有名な灯籠でもなく、
雁行橋にいた美しい白鷺でした。



名庭園におじゃまします

兼六園は、江戸時代の代表的な回遊式大庭園の特徴をそのまま今に残した
和の庭園です。
日本三名園の一つでもあります。
ちなみに残りの二つは、岡山の後楽園、水戸の偕楽園。
私はどちらも行ったことがないので、今回の兼六園が初・日本三名園です。


真弓坂門から入園しました。
真弓坂門 



この噴水は、なんと自然の水圧
通常3.5メートルの高さまで噴き上がっているそうです。
噴水
余計な装飾を排した噴水。
この潔い感じが好きです。



兼六園のイメージ写真としてガイドブックによく登場している
ことじ灯籠です。
ことじ灯籠
みんなここで写真を撮っていました~。外国人観光客の姿も多かったです。
紅葉の時期だともっと綺麗だろうな。


兼六園のチケットにも、この灯籠が描かれているんですよ。
kenrokuen.jpg
高光一也氏の筆によるものです。タイトルは「ことじ灯籠と琴橋」。
橋を入れる構図にして写真を撮ればよかった~。



松の力強さ。

兼六園の松 



コケのじゅうたん。
コケ 

アップで見ると、緑色の星がキラキラしているみたい。
コケ



下の写真の中央の木
池の水面すれすれまで枝を伸ばしています。
DSC00203up.jpg
この木、ナルシストだと思う


雁行橋

雁行橋(がんこうばし)に到着。
この橋への立ち入りはできないようになっています。

雁行橋 


十一枚の赤戸室石を使い、
雁が列をなして飛んでいる姿につくられているそうです。
雁行橋 


この橋のあたりで、白鷺を発見。
灯籠のすぐそばです。
白鷺





そこには、女王の風格。



白鷺

流し目が美しすぎる。




モデルの菜々緒さんのようなスタイルの良さ。

白鷺 

たくさんの人が写真をとっていましたが、
カメラにまったく動じない大物感がありました。

じっとしてまったく動かないので、
「もしかして、つくりもの?」とみんな半信半疑。
たま~にちょっとだけ足が動くと、「動いた動いた」と声が上がりました。


白鷺 


しばらく見ていると、こんなふうに水を飲みました。
その姿も美しくて惚れ惚れ。 
DSC002252.jpg


また熟年夫婦になったころ来たい

もし10代のころ兼六園を訪れたとしたら、楽しめなかったように思います。
30代になり、いろいろな経験を積んできたからこそ分かる侘び寂び。

華美ではないけれど、細部まで丁寧に整えられ、凛としたうつくしさ。
こんなふうに夫とふたり、
丁寧に年を重ねていきたいなあと思えるような場所でした。

兼六園


兼六園へのアクセス方法  (最新の情報は必ずご自身でご確認ください)

入園料300円
営業時間7:00~18:00(3月1日~10月15日)
8:00~17:00(10月16日~2月末日)
交通アクセス北陸自動車道 金沢西I.C.または東I.C.から約30分
金沢駅よりタクシー10分
詳細は公式HP(アクセス情報)参照


web拍手 by FC2


プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。