2013年ソウル旅行記について

2013年お正月のソウル旅行記です。バリ島旅行のトランジットを利用した、行き8時間、帰り13時間の弾丸旅行です♪
海鮮鍋を食べたり、NANTAを観たり、スーパー銭湯に行ったり……トランジットでも楽しめました。
全部で14記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年ドバイ旅行記について

2013年5月2日~8日、GW4泊7日の旅。個人旅行です♪
利用したのはエティハド航空、ホテルは「アル・ムルージュ・ロタナ」のクラブルーム。
砂漠ツアーに参加したり、フェラーリ・ワールドに行ったり、タクシーのぼったくりに遭ったり…濃い旅でした。
全部で40記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年バリ島旅行記について

2013年1月1日~5日、お正月3泊5日の旅。個人旅行です♪
利用したのは大韓航空、ホテルは「ヌサドゥアビーチホテル」のクラブルーム。特にラフティングが楽しかったです。
全部で18記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

「オプショナルツアー 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【2013年バリ島旅行記13】オプショナルツアーでラフティング!(1)

訪問日:2013年1月
満足度:ico_grade6_5.gif 5.0

DSC04062.jpg

バリ島最終日はアクティブに行動したい!ということで、
この日はオプショナルツアーに参加しました。

アユン川ラフティング(ランチ付き)+ウブド観光+
タナロット寺院の夕日鑑賞+シーフードBBQディナー

という盛りだくさんのツアーです。

ラフティングも楽しめて、ウブドにもタナロット寺院にも行けて、
ランチもディナーもついていて、一人7,200円!
やりたいことがすべて詰まっててお得だなあと思い、
バリチリさんを通じて日本から予約しました。


施設までの道のり

ホテルへのお迎えは7:45~8:10の間ということでした。
早起きして荷造りして、7:40からロビーで待っていましたが、車が来たのは8:15でした…。
もっと寝ていたかった~。
バリ島は交通渋滞がひどいので、お迎えの時間も読めないみたいです。

DSC04027.jpg
車に乗ってラフティング場所へ向かう間も、
上の写真のようなすごい通勤渋滞にはまってしまって、
着いたのは2時間後の10:15でした。

DSC04029.jpg
施設に到着です!
並んでいる道具類を見ると、テンションが上がります。

まずは一緒の車で到着した4人グループが準備をはじめ、オールを持って出発しました。
次は私たちの番だと思っていたら……いつまで経っても出発する気配がありません。
理由を聞いてみると、「ボートの定員が揃うまで待っていてください」とのことでした。
私と夫の2人だとボートの定員を満たさないので、
他の2人グループが来るまで待つ必要があるみたいです。
そんな~。
待っている時間が長く感じられました

20分後、ようやく別のグループが到着。
私たちはドイツ人カップルとチームを組むことになりました。


ラフティング出発地点へ

ラフティングでは、ライフジャケットとヘルメットを着用します。
靴は自前。かかとが脱げない靴が必要なので、ビーチサンダルは不可です。
そのためマリンシューズを日本から持って行きました。
DSC04038.jpg

オールを持って、ボートの出発地点まで向かいます。
DSC04034.jpg
夫がななめがけにしているバッグは、スタッフの方に渡された防水の貴重品入れです。
この中に財布などを入れて、自分で管理するようにと言われました。
ボートにも積み込みます。(貴重品以外のものは預かってくれます)

意気揚々と歩き始めたのですが、出発地点までの道のりが、辛かった…。
500段くらいある階段をひたすら降ります!
駅の階段みたいな整備されたものではなくて、石の階段です。
階段の広さや高さもまちまちなので気が抜けません。

階段を降りるって、思ったよりも足の筋肉を使います。
ひざがガクガク~。
300段くらい降りたときに、翌日の筋肉痛を確信しました

降り切ったときには、みんなぐったりしていました。
アメフト選手みたいな首まわりのドイツ人男性の顔にも、
ちびまる子ちゃんみたいな縦線が入っていました。

まず最初にドイツ人男性がした質問が
「…同じ道を帰るの?」
だったときは笑ってしまいました。
私も同じことをまず聞こうと思ってた(笑)

帰りは行きよりも短く、200段くらいの階段を上ることになりました。

* * *

交通渋滞に巻き込まれたり、ラフティング出発まで待たされたり、
階段で疲れたりといろいろあったけれど、
ラフティングが始まったら、そんなマイナス面はすべて消し飛びました!
ほんとに楽しかった~。

では、いよいよボートに乗り込みます! (続く)

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

【2013年バリ島旅行記14】オプショナルツアーでラフティング!(2)

訪問日:2013年1月
満足度:ico_grade6_5.gif 5.0

DSC04047_20130301173227.jpg

ジャングルみたいなアユン川。
この川を、小さいゴムボートに乗って、オールで漕ぎながら下っていきます!
私たちのチームは、ドイツ人カップルと私たち夫婦、そしてガイドさん1名。計5人です。 

楽しいラフティングのスタートです♪


ボートに乗る前に

まずはじめに、ガイドさんから漕ぎ方などの説明(英語と日本語)があります。

DSC04045.jpg 

ガイドさんから「前漕ぎ!」と言われたらふつうに漕いで、
「後漕ぎ!」と言われたら後ろに進むように漕ぎます。

やってはいけないと言われたのは、
「ボートが岸にぶつかりそうになったときに、オールで岸を突いて進行方向を変えようとすること」です。
(転覆につながるからだと思います。そういうときはガイドさんが上手にボートを操ってくれます)

もしボートが転覆してしまったときは、
「がむしゃらに泳ごうとせず、仰向けになってふわーっと浮くようにすること」と言われました。
ライフジャケットがあるので沈みません。


乗船

ひととおりの説明を聞いて、いざボートに乗り込みます。

DSC04058.jpg

ドイツ人カップルが最前列、私たちが2列目、ガイドさんが最後列でした。
ガイドさんの掛け声に合わせて、みんなで協力してオールを漕ぎます。
数分漕いで、しばらく休むというような形なので、疲れません。


DSC04050.jpg
アユン川は穏やかな川なのですが、たまにこういった岩場があります。
こういう場所は水の流れが速くて、ゴムボートのバランスも崩れやすくなります。

水しぶきを上げながらごつごつした岩場を下っていくボート。
みんなキャーキャー言いながら、顔を見合わせて笑います!
ボートの揺れに身を任せ、たまに頭から水をかぶりながら(笑)進んでいきますー。


ラフティングは群馬県みなかみ町でもやったことがあります。
スリル度で言うと、みなかみで体験した方が上かな。
でもバリでのラフティングは、ボートから見える景色がすばらしい

DSC040712.jpg

ゴムボートに乗り、こんな世界を探検できます
ラフティング初めてという人も、日本でもやったことあるよっていう人も楽しめると思います♪


プチ・アトラクション

DSC04051.jpgコースの途中に、ちょっとした滝があります。
浅瀬にあるので、ボートから降りて見学。

ガイドさんが「滝に打たれると面白いよ。行きたい人は行ってみて」と言いました。
面白いかもしれないけど、あんなところに行く人は誰もいないよ…と思っていたら、
夫が一番に滝のほうに駆けだしていきました

夫「うはははは~


DSC04053.jpg楽しいからおいでよ、と言われたので、
30秒くらい迷った結果……
私も滝に飛び込みました!


私「ひぃ~」

私たちの様子を見て興味を惹かれたのか、
その後ドイツ人カップルも仲良く滝に打たれていました(笑)


ラフティングのもうひとつの楽しみといえば、他ボートとの水の掛け合いです。
ボートを追い抜くとき、オールで相手方に水をかけるんです。
バシャッと相手ボートにかかる水。
そうすると向こうも、「やったな~」って感じで、戦闘がはじまります。
遠くから見たら、二つのボートが水の煙幕の中にいるみたいに見えると思います。

そうやって水をバシャバシャと掛け合って遊んでいたら、
今までとは違う勢いの水を大量に浴びて驚きました。
「この量の水をオールでかけるなんて、おぬし、やるな…」と思いながらそっちを見ると――
そこには、ヘルメットで水を汲んでこっちにかけている人がいました!

夫「反則だろ~(笑)」
ヘルメット男はリアルジャイアンみたいでした。

オールじゃなくてヘルメットを使うという発想がおかしくて、
相手チームも味方チームも笑いっぱなしでした。(ただし、真似すると危険です)
ヘルメット攻撃でくらう水の量は桁違いで、わあわあ言いながら撤退しました(笑)


ゴール

ラフティングが終わったあとは、みんなでご飯です。
バイキング形式になっていて、川を見ながら食べます。

DSC04073.jpg

味はふつうでしたが、ラフティングの心地よい疲れと興奮があるので
いつもよりもおいしく感じられました。


ふつうの川下りよりも充実感・一体感があって楽しかったです!
ドイツ人カップルとも握手して別れました


web拍手 by FC2

【2013年バリ島旅行記15】オプショナルツアーでウブドを回る

訪問日:2013年1月
満足度:ico_grade6_2h.gif 2.5

DSC04077.jpg 

ラフティングが終わったあとは、ガイドさんに連れられてウブドへ向かいました。

以前オフシーズンに友人とウブドに来たときは、
ライステラスを眺めながら優雅にカフェでお茶を飲みました。
静かでゆったりとした時間が流れていて、
ノラ・ジョーンズの歌を聴いているときのような心地よさを感じていました。

今回はお正月のハイシーズン(1月4日)に、ウブド中心部に来てみました
のどかな癒しの町だという印象を持っていたウブドですが、
そのイメージが変わりました。

中心部は、人・人・人でした。
DSC04092.jpg


DSC04086.jpg目抜き通りには、路上駐車の車がいっぱい。

歩道はエスカレーターよりも狭いです。
すれ違うのも気を使います。

王宮に近づくにつれ人がもっと多くなり、
立ち止まって地図を見るのも困難になります。
自分が立ち止まると、人の流れを止めてしまうからです。


ちょっと人ごみに疲れて、アイスクリーム店へ避難。

DSC04081.jpg

ウブドの王宮を見た後は1時間15分の自由行動だったのですが…
人の流れを気にしながら、狭い歩道を行進するような感じに疲れてしまい、
40分くらいでそそくさと待ち合わせ場所に戻りました。
このアイスクリームが唯一の思い出です

ツアー客は私たち夫婦しかいなかったので、早めに次の目的地へ向かうことにしました。
今度はオフシーズンにゆっくり回りたいなあ~。

* * *

下の写真は、バリ島でよく目にするお供え物です。
お店の前(=歩道)に置いてあるので、結構な確率で、踏まれてかわいそうなことになっています…。

DSC04083.jpg


ゴア・ガジャ遺跡

ツアーの次の目的地は、ゴア・ガジャ遺跡です。

注意書きが4か国語で書いてありました。
DSC04104.jpg

日本語部分を拡大。

DSC041042.jpg

文字が、のだめカンタービレの「みそ字」みたい!
これはどんな人が書いたのかな?


ハーフパンツを履いていた夫は、
「適した服装を」ということで、 大判スカーフを渡されました(入口で無料で貸してくれます)。
これを巻いて遺跡の中に入ります。
私は買ったばかりのワイドパンツを履いていたので大丈夫でした。

DSC04095.jpg 

ゴア・ガジャ遺跡はオプショナルツアーで組み込まれていた場所で、私たちは下調べを怠っていましたが、
上記のような注意事項があるようです。
ちなみに遺跡の中は、1/3くらいがスカーフを巻いた人でした。

遺跡にある洞窟です。

IMG_1543.jpg

こわい顔をした入口の中から入ります。
実際に見学をしましたが、洞窟の中はすごく狭くて、数分あれば回れそうな感じでした。
遺跡などにすごく興味がある方でなければ、
ゴア・ガジャ遺跡の観光には時間を割かなくてもいいかな? と思います~。

最後の目的地は、夕日がきれいに見えることで有名なタナロット寺院です♪


web拍手 by FC2

【2013年バリ島旅行記16】海辺に建つタナロット寺院

訪問日:2013年1月
満足度:ico_grade6_4.gif 4.0

DSC04112.jpg

オプショナルツアーの最後にやってきたのは、タナロット寺院。
ここはバリ島六大寺院の一つで、海に沈む夕日がきれいに見えることで有名です。
やはり人気があるようで、駐車場には大型バスがたくさん止まっていました。

ツアーは、「寺院のまわりを自由散策したあと、サンセットディナーを楽しむ」という流れでした。
ここに着いたのは16時頃だったので、まだ夕日というよりは元気な西日という感じです(笑)

DSC04151.jpg


満潮時の寺院へ向かう

駐車場から寺院まで、崖沿いの道を10~15分くらいかけて歩いていきます。

DSC04145.jpg
途中で見つけたフランジパニの花
花はいろんなアレンジに使われており、滞在中よく目にしていたのですが、
葉っぱは初めてみました
何枚か集めたら、扇ができそうな形です。


シルクハットみたいな雲!
DSC04110.jpg 


海辺に出ました。
日射しを手で遮りながら、波と戯れて遊びます(お約束)
DSC04118.jpg  DSC04136.jpg 


緑色の矢印をつけた岩礁の上に、寺院があります。
岩礁のまわりは海で囲まれています。
DSC041232.jpg 

DSC04140.jpg干潮時は岩礁まで地続きになるそうですが、
私が行ったときは潮が満ちていました。

膝くらいの高さの水なので、向こう岸に渡るのは大変です…。
それでも多くの方が、寺院の方へ向かっていました。
写真で白い服と帽子を身につけている人は、
渡し守みたいな役割をしていました。


るるぶ情報によると、異教徒は寺院の中に入れないそうなので
眺めるだけに留めました。




* * *

散策も終わったので、レストランへ向かいます。

DSC041432.jpg 

インドネシア人の若者グループ10人くらいが、海辺で何やら楽しそうに写真を撮っていました。
大学時代のサークル旅行を思い出し、彼らの様子が眩しく見えました。

30代ともなると、仲間もみんな家庭を持っています。
家族がメインになるため、もうこんなふうに集まって旅行するようなことはありません。

少しずつ疎遠になっていく関係を思うと寂しいような気もしますが、
今は、大勢と一緒にいるより、夫と二人で過ごすほうが落ち着きます。
ライフステージによって、人生の楽しみ方も変わっていくのかなと思います。


web拍手 by FC2

【2013年バリ島旅行記17】夕日に照らされる海を見ながら、シーフードディナー

訪問日:2013年1月
満足度:ico_grade6_4.gif 4.0

DSC04156.jpg 

タナロット寺院を見たあとは、海が見えるレストランでディナーです。


DSC04187.jpg 

お店はこんな感じで、すぐ目の前が海です。
ロケーションは最高です~
ただ、ひさしがないので、直射日光を浴びながら食事することになります(笑)
夫の方を見ると、顔が夕日に照らされてオレンジになってました。


ディナーの内容

ジュース類はオプショナルツアーに含まれておらず、別料金でした。

DSC04160.jpg 

私はパイナップルジュース、夫はライムジュース
このライムジュースがおいしくて、おかわりしました。


シーフードのバーベキューディナーと言っても、
自分たちが焼くのではなく、焼いたものをもってきてくれます。
コースみたいに次々と出てきました。

DSC04157-tile.jpg 

味はね、そんなに期待しない方がいいかもしれません~。
でも、青菜の炒め物はおいしかった!


バリ島の屋外で食事をするといつも、ハエがぶんぶんやってきます。
このお店も例にもれず、たくさんのハエと戦いながら食事しました。
さすがに最終日ともなると、「ハエを払いながら食事をする」ということにすっかり慣れていた私たち。
ごはんを食べ、ハエを撃退し、ごはんを食べ、ハエを撃退し…

日本のオープンカフェで食事をしても、ハエが寄ってこないのはなぜなの~?!

* * *

食事をしているうちに、日がだいぶ傾いてきました。
今まで体にたまっていた熱が、うそのように引いていきます。

DSC04181.jpg 


これがバリ島最後の食事なので、夫とのんびり、今回の旅を振り返ります。
ただ、思い出話をしている間も、
ハエを払うため定期的に手を動かさなければならず、しみじみできない(笑)

DSC04173.jpg


少しずつ空が染まってきましたが、18時半ごろにお店を後にしました。
もうちょっと後の時間のほうが、夕日が美しく見えるはずです。

DSC04182.jpg


タナロット寺院 周辺道路の混雑

ガイドさんに聞いたのですが、早め(遅くとも19時まで)にタナロット寺院を出ないと、
大渋滞に巻き込まれてしまうそうです


タナロット寺院に続く道は一本しかありません。
片側一車線しかない細い道で、しかも曲がりくねっています。

タナロット寺院は大人気なので、ハイシーズンともなると一日30台くらいの大型バスがきます。
これらのバスは曲がりくねった道でスピードを出すことができません。
道が細いため、後に続く車は追い越しもしづらいそうです。それで、大渋滞が発生することになるとか。
大型バスの団体客が帰り始めるまでに寺院を出られるかどうかが、勝負のカギです。

帰りの飛行機に乗り遅れたら大変だということで、
私たちは夕日の一番綺麗な時間をあきらめて18時半に出ました。
ツアー客は私たちしかいなかったので、時間の融通が効きました。

おかげで、タナロット周辺の道路では渋滞を経験しなくてすみましたが、
クタ周辺の渋滞に巻き込まれ、ヌサドゥアビーチホテルまでは1時間半くらいかかりました。

フロントに預けていたスーツケースをピックアップして、空港に向かいます。
次回がバリ島旅行記最後の記事です♪


web拍手 by FC2


プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。