2013年ソウル旅行記について

2013年お正月のソウル旅行記です。バリ島旅行のトランジットを利用した、行き8時間、帰り13時間の弾丸旅行です♪
海鮮鍋を食べたり、NANTAを観たり、スーパー銭湯に行ったり……トランジットでも楽しめました。
全部で14記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年ドバイ旅行記について

2013年5月2日~8日、GW4泊7日の旅。個人旅行です♪
利用したのはエティハド航空、ホテルは「アル・ムルージュ・ロタナ」のクラブルーム。
砂漠ツアーに参加したり、フェラーリ・ワールドに行ったり、タクシーのぼったくりに遭ったり…濃い旅でした。
全部で40記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年バリ島旅行記について

2013年1月1日~5日、お正月3泊5日の旅。個人旅行です♪
利用したのは大韓航空、ホテルは「ヌサドゥアビーチホテル」のクラブルーム。特にラフティングが楽しかったです。
全部で18記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

「湯布院日帰り温泉〈大分〉 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【金鱗湖】湖をお散歩して、天井桟敷でお茶して、金賞コロッケを食べる〈湯布院〉

訪問日:2012年8月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.0
金鱗湖.jpg

湯布院のランドマーク、金鱗湖にやってきましたー。

金鱗湖って美しい名前ですよね。金のうろこ。
由布市公式HPによると、金鱗湖と名付けたのは明治初期の儒学者・毛利空桑だそう。湖で泳ぐ魚の鱗が、夕日で金色に輝くのを見て名付けたのだそうです。

ガイドブックにはよく、朝もやに包まれた幻想的な金鱗湖の写真が載っています。湖底の一部から温泉と水が湧きだしているためにそういう現象が起きるそうです。

湖のまわりに白いもやが漂う、神秘的な風景を見たかったのですが、夏のお昼12時ごろだときっぱり・くっきりと湖が見えました。冬の早朝でないと、あの美しい風景は見られないようです。

あと、湖は思ったより小さいです。
「写真で見た、あの夢のような湖を見るのだ!」と、駅から25分ぐらいかけて歩いてこられた方は、がっかりされるかもしれません。。。

湖を泳ぐ水鳥。3羽いました。
金鱗湖


天井桟敷で絶品スイーツを

金鱗湖の散策を終えた後は、母と二人で亀の井別荘内にあるカフェ・天井桟敷へ。

亀の井別荘は、「由布院 玉の湯」「山荘 無量塔(むらた)」とならぶ湯布院御三家のお宿です。宿泊客でなくても、カフェを利用することができます。金鱗湖のすぐ近くにあるので、湖の散策後の休憩におすすめです。

カフェの入り口。
天井桟敷 

眺めのよい1階が人気ですが、私と母が行ったときは1階で雑誌かなにかの撮影をしていました。少し待って1階の席にするか、すぐ入れる2階席にするか聞かれました。私たちは2階へ。

2階はロフトのような感じです。
店内にはグレゴリオ聖歌が流れていますが、堅苦しい感じはなくて、ゆっくりできるカフェです。
2階の椅子が座り心地がよくて、落ち着く~。
天井桟敷

この2階席だと、オーダーした料理は手動のエレベーターに乗って運ばれてきます。
天井桟敷
ばーん。
来た来た~!

スイーツも飲み物も伝票も、すべて一つのトレイに入っているので、そのトレイを引き出すだけで済みます。たのしい。エレベーターはテーブルのすぐ横にあるので、移動の手間もかかりません。

私たちは、ゆずティー、アイスコーヒー、そして白いスイーツ「モン・ユフ」をオーダーしました。

モン・ユフ

モン・ユフとは「由布岳」のこと。湯布院のランドマーク、由布岳をモチーフにしたスイーツです。
写真だとバニラアイスが溶けているみたいに見えますが、これはクリームチーズです。クリームチーズの上に、粉砂糖とレーズンがちりばめられています。濃厚なチーズケーキを想像していただくといいかもしれません。

スプーンを入れた感触は、レアチーズケーキとベイクドチーズケーキの間くらい。リッチな味わいで、レーズンの酸味とよく合って、幸せな気持ちになります。近所にあったら通い詰めたい。


獲物を狙うゴイサギ

カフェ天井桟敷を出て戻る途中で、川辺で獲物を狙うゴイサギを見つけました。

ゴイサギ 

写真だとわかりづらいですが、10時の方向にいる白い鳥がそうです。
この鳥はここで気配を殺して、獲物をとらえるチャンスをうかがっています。まったく動かないので、時がとまっているように見えます。美しいハンターです。


湯布院 金賞コロッケ

駐車場に戻る前に、コロッケ屋さんを見つけました。
金賞コロッケ

何だかとてもおいしそうだったので、母と私で「金賞コロッケ」と「チーズコロッケ」を一つずつ買って食べてみました。
金賞コロッケ 

!!!

おいしいよー!!

揚げたてなので外側はカリッとしていて、中はジューシー。お肉の感じが強くて、味がしっかりついています。ソースやケチャップをつけなくてもおいしいので、食べ歩きにもぴったり。今まで食べたコロッケの中で一番おいしかったです。これはたしかに金賞だわ…と思うくらい感動しました。

二人でチーズコロッケと金賞コロッケを食べ比べましたが、母も私も金賞コロッケのほうが気に入りました。 あまりに気に入ったので、またそのお店に行って家族の分のコロッケをおみやげに買いました~。


今回のお散歩ルート  (最新の情報は必ずご自身でご確認ください)

由布院温泉観光協会 MAP【散策編】
をご確認ください。

私たちは、上記のMAPのD-2(由布院オルゴールの森の斜め向かい、朝霧坂沿い)の駐車場に車をとめて散策を開始しました。湯の坪街道(MAP C-3からD-2に続く道)は道が狭く、人通りも多いので、車で通るのはおすすめしません。

金賞コロッケのお店は、MAP D-2の交差点を少し下がったところにあります。散策MAPに名前は出ていませんが、食べログに地図があったので載せておきます。
湯布院 金賞コロッケ 本店
たしか、湯の坪街道沿いにも支店がありました。

ゴイサギを見つけたのは、MAPのD-3からE-3(金鱗湖に注いでいる川沿い)です。
モン・ユフを食べた天井桟敷は、MAPのE-3に名前が出ています。
金鱗湖はE-2にあります。由布院駅から徒歩で向かうと25分くらいかかります。

今回のお散歩ルートには湯の坪街道は含まれていません。湯の坪街道は湯布院の観光の中心地で、通りの両側に並ぶお店の一軒一軒がかわいいです。雑貨、服、おみやげのお店も充実していますし、ソフトクリームなどの食べ歩き系もあります。いつも人でにぎわっています。


スポンサーサイト

web拍手 by FC2

【庄屋の館】全国唯一、コバルトブルーのお風呂〈湯布院〉

訪問日:2012年8月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.0

庄屋の館

湯布院温泉で日帰り入浴するなら、一番のおすすめは夢想園こちらの記事)ですが、二湯目としてぜひ体験していただきたいのが「庄屋の館」のコバルトブルーのお風呂です。

ここも広大な敷地に離れの客室が点在する形の老舗旅館ですが、日帰りでも温泉を利用することができます。お風呂の様子は公式HPをご覧ください。
ゆふいん 庄屋の館

メタケイ酸が非常に多く含まれているため、こんなふうに美しい色になるそうです。
「コバルトブルーのお風呂」という謡い文句なので、もう少し青みが強い色を想像していたのですが、思っていたより少し薄くて、透明度の高い海の色です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 
↑(お風呂の浅瀬というと分かりやすいかな)それほど深さがない場所だとこんな色。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
↑お風呂の真ん中あたりで、深さがある場所だとこんな色。

海に入っているような気になりますが、温泉なんですよね。あったかいし、お湯がやわらかいし。美肌効果もあります。

お風呂の入り口には「コバルトブルーが濃すぎてお湯を入れ替えました、色は日ごとに濃くなります」という看板があったので、日によって色合いが異なるようです。私はこんなふうに薄くて儚げなブルーのほうが好きなので、ちょうどよかったです。

お風呂に行くまでの壁に、「しゃべくり7 SP」で取材されたときの様子が貼ってありました。くりぃむしちゅーの有田さん、ローラさん、菜々緒さんが、実際にこの温泉を楽しんだそうです。


飲泉も可能だけれど…?

浴場がある建物内には足湯もあります。母と私はお風呂に入ってほかほかだったので足湯は利用しませんでしたが、足湯の奥のほうに、飲泉場があるのを見つけました。
そこに書いてあった注意書きがこちら。

「飲めます 胃腸によいです あついです」

その注意書きをじーっと見つめていた母が「飲んでみようかな」と言いだしたので、止めました。
私「わざわざ『あついです』って書いてるんやから、やめときなよー」
母「どれくらい熱いんか、気になるやん。」
しばらく迷っていたようですが、どうしても好奇心に勝てなかった母は、結局飲泉にチャレンジしてました。

母「あちち!」
私「大丈夫?!」

母は口元を拭きながら「あ~やっぱり熱かったわあ~」とニコニコしながら言っていました。人間の好奇心っておそろしい(笑)
あっついお湯にチャレンジしてみたい方はぜひ~。

庄屋の館


庄屋の館へのアクセス方法  (最新の情報は必ずご自身でご確認ください)

入湯料700円
営業時間10:00~15:30
交通アクセス由布院駅から車で4分
詳細は公式HP(アクセス)参照

細い坂道を車で上がっていきます。駐車場は無料でした。
入浴券を購入するとタグのようなものをもらえます。それを持って道を進み、浴場がある建物に着いたら、建物内の廊下にあるカゴの中にタグを入れればOKです。お風呂の洗い場は小さめです。

web拍手 by FC2

【夢想園】大分在住の母が一番好きな立ち寄り湯〈湯布院〉

訪問日:2012年8月
満足度:ico_grade6_4h.gif 5.0

DSC01773up.jpg

私は大分が地元で、実家に帰るとよく母と温泉に行きます。

大分出身だと言うと、「別府とか湯布院とか、有名な温泉地があっていいね」と言われます。たしかに温泉には恵まれていると思います。大分県のHPによると、「平成22年3月末における源泉総数は4,790孔、ゆう出量は298,227リットル/分でともに全国第1位」なのだそうです。

大分市内から湯布院までは車で一時間半程度。
そのため、宿泊しなくても利用が可能な立ち寄り湯を利用することが多いです。
湯布院にあるさまざまな立ち寄り湯のなかで、母と叔母が一番好きなのが「山のホテル 夢想園」です。


夢想園の邸内

「山のホテル 夢想園」は老舗旅館ですが、日帰りでも一部の温泉を利用することができます。この夢想園の魅力の一つは、「和」の雰囲気が漂う広大な邸内。約5000坪もあります。
DSC01775.jpg  
こんなふうに石畳の道を通って「空海の湯」へ向かいます。ちょっとした散策気分。
お風呂へ続く道がこんなに美しいので、期待が高まります。


展望露店風呂 空海の湯

DSC01783.jpg
ここが展望露天風呂「空海の湯」の入り口。
広めできれいな脱衣所があります。ロッカーに荷物を入れて、ロッカーキー(よくあるタイプ)を手首に巻いてお風呂に持っていきます。

お風呂は、すばらしいのひとこと!
夢想園公式HP
上記のトップページにお風呂の様子が載っています。
(でも、この写真よりも実物のほうがすてきです)

この露天風呂は、HPの写真を見ていただけると分かりますが、ひさしがあるところ以外は屋根がありません。上を見上げると、ほんものの空。いろんな束縛からゆっくりと解放されていく感じがします。

しかも、お湯の中を奥まで進むと、またすばらしい眺めが広がっています。すこしだけ首をのばすと、街が見下ろせるんです。高台にあるので、眺めは抜群です。緑色に広がるのどかな風景を見ていると、心がどんどんリラックスしていくのがわかります。

さらにさらに。お風呂からは由布岳が見えます。
DSC01788.jpg
(お風呂で写真は撮れないので、私が別の場所から撮った由布岳を参考までに)

ひさしの下に入って石の階段に座ると、ちょうど正面に由布岳が見えます。私が行ったときは、ひさしの下からでないと角度的に由布岳は見えませんでした。頂上がふたつに盛り上がっているのが特徴です。

洗い場も充実していて、シャンプー・リンス・ボディーシャンプーがありました。お風呂の大部分が空の下にあるので、天候のいい日に行くのがおすすめです。


お風呂上がりにプリンを

夢想園には展望喫茶BanBanという名のカフェもあります。
ここは一日限定40個のプリンが有名。湯布院のガイドブックには必ずと言っていいほど、ここのプリンが紹介されています。ひとつ420円です。叔母はここのプリンが大好きで、いつも湯あがりに食べて帰るそうです。

メニューの一部。
DSC01760.jpg

私は今回が初プリンです。
DSC01768.jpg

プリンはずっしりと重たくて、手作り感がいっぱいでおいしかったです。
(私が食べた日だけかもしれないけれど)カラメルがちょっと苦かったかな。カラメルの苦みをコーヒーにたとえると微糖です。

プリンのやさしい甘さを、カラメルがひきしめている感じ。大人のプリンです。そのため、男性でもおいしく食べられると思います。

***

夢想園はおすすめです。「和」の雰囲気が漂う邸内で、絶景露天風呂とスイーツを楽しめます。日帰りでもゆっくり過ごせます。湯布院にいらしたらぜひ行ってみてください~。


山のホテル 夢想園へのアクセス方法  (最新の情報は必ずご自身でご確認ください)

入浴料700円
タオル持参をおすすめします。
バスタオル販売 1,000円 フェイスタオル販売 200円
営業時間10:00~15:00(入浴は15:30まで)
立ち寄り湯に関する情報は公式HP(日帰りのご案内)
交通
アクセス
湯布院駅より車で5分
詳細は公式HP(交通アクセス)参照
※上の地図だとちょっと分かりづらいので、
湯布院温泉観光協会公式サイトのMAPの方がいいかも。
「宿泊編」MAPのB5にあります。
湯布院観光協会サイトの「散策編」MAPを見ていただくと分かると思いますが、夢想園は湯布院のメジャーな観光スポットからはちょっと離れた場所にあります。タクシーか車の利用が必須です。駐車場は無料でした。

駐車場に車をとめて邸内に向かうと、途中に入浴券売り場があります。
ここで入浴チケットを買って、お風呂に向かいます。お風呂の場所なども丁寧に教えてくれますよ。
DSC01772.jpg



web拍手 by FC2


プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。