2013年ソウル旅行記について

2013年お正月のソウル旅行記です。バリ島旅行のトランジットを利用した、行き8時間、帰り13時間の弾丸旅行です♪
海鮮鍋を食べたり、NANTAを観たり、スーパー銭湯に行ったり……トランジットでも楽しめました。
全部で14記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年ドバイ旅行記について

2013年5月2日~8日、GW4泊7日の旅。個人旅行です♪
利用したのはエティハド航空、ホテルは「アル・ムルージュ・ロタナ」のクラブルーム。
砂漠ツアーに参加したり、フェラーリ・ワールドに行ったり、タクシーのぼったくりに遭ったり…濃い旅でした。
全部で40記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年バリ島旅行記について

2013年1月1日~5日、お正月3泊5日の旅。個人旅行です♪
利用したのは大韓航空、ホテルは「ヌサドゥアビーチホテル」のクラブルーム。特にラフティングが楽しかったです。
全部で18記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

「白糸の滝とタリアセン〈軽井沢〉 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【白糸の滝】涼しげな滝の音を聞きながらのんびり(長野)

訪問日:2012年9月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.0

DSC02542sm.jpg

「白糸の滝」と名のつくものは日本各地にあるようですが、
今回訪れたのは軽井沢の白糸の滝です。

たまたま見ていたモヤモヤさまぁ~ず2(テレビ東京系)が軽井沢特集だったんです。
その中で、さまぁ~ずさんと大江アナが白糸の滝を訪れていました。
そして三村さんが滝に顔を寄せて濡れてました(笑)
そんな様子をテレビで見ていて興味がわいたので、軽井沢を旅行したときに寄ってきました。

9月上旬でしたが、長袖がないと寒いぐらい。
ざぁぁ…という水音に包まれながら見る滝。
細い糸状に幾重にも降り注ぐ水が美しくて、クリスタルビーズの暖簾みたいでした。


滝の上流を見ても、川は流れていません。 山です。
DSC02544.jpg
この美しい滝を形作っているのは、岩肌から湧き出した地下水


DSC02546.jpg 
土の中から水が突然出現しているように見えます。
不思議。


DSC02547.jpg 

滝の下は、流れ落ちた水がつくる池のようになっていて、近づけません。
でも滝に向かって左のエリアの一部が地続きになっているので、
ここに来れば実際に水に触れます
夫もこの水で手を洗って「冷たかったよ」と嬉しそうに言っていました。

あたりを見回してみると、みんな携帯やカメラ片手に楽しく記念撮影。
夏の夜はライトアップされるようです。


白糸の滝に続く道

DSC02549.jpg
白糸の滝に行くには、駐車場に車をとめて、写真のような散策路を5分ほど歩きます。
この散策がまた、気持ちいい。

DSC02550.jpg
道の脇に、ミニ白糸の滝があります。 

一日楽しく遊べる場所というわけではありませんが、
一度見ておいて損はないと思います。
メディアでもよく取り上げられているので、その後テレビや雑誌で軽井沢特集があると、
思い出がよみがえってきて楽しいです。


白糸の滝へのアクセス  (最新の情報は必ずご自身でご確認ください)

入場料:無料(駐車場も無料)
交通アクセス:碓氷軽井沢インターより約40分
 詳細は白糸ハイランドウェイ公式サイト アクセス参照

白糸の滝の滞在時間はそれほど長くならないと思います。
(滝しかないため、写真を撮って終わりとなる)
滝の駐車場には食事どころがいくつかあります。


スポンサーサイト

web拍手 by FC2

【軽井沢タリアセン】緑いっぱいの園内でボートを楽しむ(長野)

訪問日:2012年9月
満足度:ico_grade6_4h.gif 3.0

バラ
晩夏の軽井沢を、夫の両親とともに訪れました。

朝早く家を出て高速を走り、碓氷軽井沢インターを降りると、もうそこは軽井沢。
並木道のドライブは心地よくて、軽井沢に来たな~って感じがします。
さっきまでかなりの雨が降っていたようで、緑がよりいっそう鮮やかに見えました。

車の窓を開けてみると、ひんやりとした風が車内に流れてきて気持ちいいです。
「涼しい」という単語を久しぶりに使いました。


軽井沢タリアセンには、朝9時に到着。
軽井沢タリアセン入口
ここはレストランや美術館があるリゾート施設です。
手漕ぎボートやファミリーゴルフ、ゴーカートなども楽しめます。
入園料は、一人800円
(ペイネ美術館とのセット券は900円)


ゲートをくぐって、中に入ります。
軽井沢タリアセン入口


軽井沢タリアセン

さきほどの雨でしっとり濡れた木々の下を歩いていると、たまに大量の水滴が上から降ってきます。また雨が降り出したのかと勘違いするくらい。
葉っぱの上をすべるようにして、たくさんの露が一度に落ちてきただけでした。
ふだんの生活ではなかなか味わえない体験。


塩沢湖

軽井沢タリアセンは塩沢湖を囲むようにつくられています。散策路が設けられているので、湖のまわりをゆっくりお散歩できます。
湖では、水鳥がゆうゆうと泳いでいます。
DSC0250004.jpg 


湖畔を散策していると、カモの親子に出会いました♪
DSC02496.jpg 

かわいい…


DSC02497.jpg 


ボート乗り場へ行ったものの

子ガモに癒されつつ、てくてく歩いて塩沢湖のボート乗り場へ。
でも、スタッフの方が忙しそうにボートをお掃除していまして、「15分後にまた来て」とのことでした。雨があがったばかりなので、ボートの中が水びたしになっていたようです。それを大きい掃除機のようなもので乾燥させていました。

待ち時間の間、イングリッシュローズガーデンをお散歩。
パンフレットによると、開花時期は6月~9月下旬です。

DSC02515.jpg 

雨上がりのバラはきれいでした。


ボート乗船

お掃除も済んだようだったので、夫と一緒に手漕ぎボートに乗船。
父と母はその間、湖畔を散策するとのこと。

【料金表】
手漕ぎボート30分700円
ペダル(2人乗り)30分1200円
ペダル(3人乗り)30分1500円
ペダル(4人乗り)30分2000円

DSC02518.jpg

塩沢湖はかなり広いので、ボートの漕ぎがいがあります。
カモと一緒に、湖をすいすい。

ボートからの眺め。
DSC02522.jpg

ボートに乗っている人は私たちだけだったので、塩沢湖をひとりじめ。
風を切って静かに進むボート。オールが立てる水音が、耳に涼しいです。
遠くに父と母が見えたので、大きく手を振ってみたら、気付いたようで振り返してくれました。

でも、あれ、なんだか雲行きが怪しくなってきて。
何だか冷たいものが頭にあたったぞ……と不安になってあたりを見渡すと、湖面に波紋が一つ、二つ。。。やがて数えきれないくらいの波紋が現れては消え。
雨が降ってきた~!

さっきまでお天気はもっていてくれたのに、
私たちがボートに乗って10分とたたないうちに、激しい雨。

夫「やばい! 濡れるー!」
私「早く! 早く!」


二人でわあわあ言いながら、猛スピードでボート乗り場へ向かいました。
さっきまではのんびり漕いでいたのに、今はボート競技に参加している気分です。

私たちが乗り場へ戻った時点で、雨のためボート営業はストップしたようでした。
せっかくお掃除したのに、この雨でまたボートが水びたしに…。

* * *

雨が降ってきたこともあり、一時間ちょっとで軽井沢タリアセンを後にしました。確かに景色は綺麗なのですが、一人800円のお散歩と考えると、ちょっと高く感じるかも。ペイネ美術館に行きたい、ボートやゴーカートに乗りたいなど、散策以外の目的もあったほうがいいかなと思いました。ただし、ボートやゴーカートは入園料と別に料金がかかります。

DSC02489.jpg


軽井沢タリアセンへのアクセス  (最新の情報は必ずご自身でご確認ください)

入園料:800円(ペイネ美術館とのセット券は900円)
営業時間:9:00~17:00 ※年末年始、冬季は不規則営業のためHP要確認
交通アクセス:碓氷軽井沢ICより車で約10分
 軽井沢駅よりタクシー約8分
 詳細は軽井沢タリアセン公式HP(交通アクセス)参照

私たちは車で行きました。
軽井沢のインター出口から10分と近く、朝9時から開いているので、一つめの目的地として行く手もあると思います。雨だと楽しみ方が限られてしまうので、晴天の日がいいかもしれません。



web拍手 by FC2


プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。