2013年ソウル旅行記について

2013年お正月のソウル旅行記です。バリ島旅行のトランジットを利用した、行き8時間、帰り13時間の弾丸旅行です♪
海鮮鍋を食べたり、NANTAを観たり、スーパー銭湯に行ったり……トランジットでも楽しめました。
全部で14記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年ドバイ旅行記について

2013年5月2日~8日、GW4泊7日の旅。個人旅行です♪
利用したのはエティハド航空、ホテルは「アル・ムルージュ・ロタナ」のクラブルーム。
砂漠ツアーに参加したり、フェラーリ・ワールドに行ったり、タクシーのぼったくりに遭ったり…濃い旅でした。
全部で40記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年バリ島旅行記について

2013年1月1日~5日、お正月3泊5日の旅。個人旅行です♪
利用したのは大韓航空、ホテルは「ヌサドゥアビーチホテル」のクラブルーム。特にラフティングが楽しかったです。
全部で18記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

「水木しげるロード〈鳥取〉 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【水木しげるロード04】私が買ったおみやげ――目玉おやじの箸置き、鬼太郎ちゃんちゃんこ柄のうちわ、ねずみ男のパン〈鳥取〉

訪問日:2013年8月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC09202.jpg

水木しげるロード観光記事の最後に、私が買ったおみやげをご紹介したいと思います。
ここのおみやげはどれもかわいくて、一工夫されていて、(お財布的に)危険でした。

青春18きっぷ旅の途中で荷物量に制約がなければ、もっと買っていたような気がします。
以下は、物欲と戦いながら、悩みに悩んで買ったものたちです~。


鬼太郎ちゃんちゃんこ柄のうちわ(200円) @水木しげるロードの露店

DSC07624.jpg

実用的な自分用のおみやげです。夏の旅だったので、すぐに役立ちました。
うちわの柄は他にもありましたが、この柄が一番気に入りました。
(お店によって置いてあるうちわの柄・値段が違います。
これというものが欲しい方は、じっくり選ぶのもいいかも)


キャラクター箸置き(一個450円) @アーケード通りの露店

DSC09205.jpg

小さくてかさばらないので、これなら家に買ってもいいかなと購入。
夫はニヤッと笑ってくれました。


おでん缶(390円)、鬼太郎アソートキャンディ(420円) @妖怪楽園

DSC07707.jpg

左のおでん缶は洒落のわかる友人に。
ぬりかべと一反もめんの形をしたコンニャク入り。

右のアソートキャンディは、キティ好きのお子さんがいる友人に。
鬼太郎とコラボしたキティちゃんです。

キャラクター商品には好き嫌いがあると思うので、消え物を渡しました。
自分で食べていないので味の評価はできませんが、
渡したときはみんな「初めて見た!」と喜んでくれました。


おみやげ探しにおすすめ、妖怪楽園

おみやげを選ぶのにおすすめの場所が、ゲゲゲの妖怪楽園さんです。

DSC07560.jpg 

ここには広いおみやげ売り場があり、扱っている商品も豊富です。
お菓子もグッズも何でもあるので、おみやげ探しにはもってこいです。
私もここで、おでん缶と鬼太郎キャンディを購入しました。

買おうかどうしようか、最後まで迷った商品がこちら。
ぬりかべのお酒です~! 個性的なおみやげでしょ?
(リンク先は違うお店ですが、妖怪楽園さんにもありました)

360mlで小さめサイズではあるのですが、びんなのでちょっと重ためです。
買おうかどうしようか、たっぷり5分迷いましたが、
青春18きっぷ旅がこの先も続くので、荷物を増やせず断念しました。
いつもの旅だったら間違いなく買っていたと思いますっ


この妖怪楽園さんでは、軽食も食べられます。
DSC07562.jpg
(この画像はクリックで大きくなります)

私も休憩がてら、カフェラテ(ホットは350円、アイスは450円)を購入。
DSC07572.jpg

一人でふらっとやってきて、この絵柄のカフェラテを飲む女(笑)


神戸ベーカリーさんで鬼太郎シリーズのパンを

水木しげるロード沿いにある神戸ベーカリーさんでは、鬼太郎キャラクターシリーズのパンが売っています。
イートインスペースがあるのでその場で食べてもいいし、おみやげにしても。

DSC07605.jpg

私はイートインスペースでいただきました。
ゆずジュース(300円)と、ねずみ男のパン(250円)です。

1633877.jpg

ふわふわしたパンの上に、
メロンパンみたいなさっくりとしたビスケット生地の顔が乗っています。

DSC07603.jpg

ひげはチョコレート。
中にはさつまいものあんが入っていて、甘くておいしいです。
ビスケット生地が上の部分のみなので、バランスがちょうどよく、最後までおいしく食べられます。
(私はメロンパン一個を一度に完食するのは苦しいタイプです)

ゆずジュースも、夏に歩き回って疲れた体が喜ぶような美味しさでした。

キャラクターパンは、他にもいろいろ種類があります。
ぬりかべ、一反もめん、ねこ娘、こなき爺、鬼太郎、砂かけ婆…
一番人気は、ねずみ男のパン。私が買ったのが最後の一個でした。

* * *

これで、水木しげるロード関連の記事は終わりです。
たった数時間の滞在が、全部で4回の記事になってしまうわけですから、
どれだけ魅力の多い町なんだろう、って思います。

時間の関係で行けなかった水木しげる記念館や、食べたいけどあきらめた鬼太郎ラーメンなど、
やり残したこともたくさんあるので、またいつか行けたらいいな。


ゲゲゲの妖怪楽園&神戸ベーカリーへのアクセス方法  (訪問当時の情報です)

【ゲゲゲの妖怪楽園】
営業時間9:30~17:00(年中無休、季節により変動あり)
交通アクセス境港駅から徒歩10分
詳細は公式HP(交通案内)参照
【神戸ベーカリー】
営業時間9:00~18:00(月曜定休)
交通アクセス境港駅から徒歩5分
詳細は食べログHP(神戸ベーカリー)参照
スポンサーサイト

web拍手 by FC2

【水木しげるロード03】自分で色塗りできる♪鬼太郎絵はがきを出そう〈鳥取〉

訪問日:2013年8月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC07582.jpg

水木しげるロードにある手づくり妖怪工房さんでは、
「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクター木製ハガキを販売しています。
なんとそれに自分で色を塗って世界に一つだけのハガキをつくれるんです。
そして妖怪の消印付きで配達してもらえます~。

色塗り、とっても楽しかった!
水木しげるロードを訪れた記念に、ぜひトライしてみてください~。


お絵かきしよう

まずは1階でハガキを選びます。15種類くらいあったと思います。
鬼太郎、ねこ娘、ねずみ男、一反もめん、目玉おやじ、ぬりかべ…。迷います。
鬼太郎ひとつとっても、何ポーズかありました。

迷った人には、一反もめんがおすすめのようです。
白一色で塗ればそれっぽくなるからです(笑)

ハガキを選んだら、カウンターでお会計。
はがき代380円+切手代120円=500円を支払います。
切手を貼ったら、2階のお絵かきスペースへ。

DSC07584.jpg 

ポスターカラーがたくさん置いてあります♪
見本の絵はがきもあるので、それを横に置いて色塗りできます。


私もお絵かき開始!
選んだのは、鬼太郎のちゃんちゃんこ柄です。

DSC07585.jpg 


まず、ちゃんちゃんこを塗ってみました。

DSC07587.jpg 

黒と黄色を塗り塗り…。


シャツを青く塗った後は、目玉おやじを可愛くしてみました。

DSC07588.jpg 

もう楽しくなっちゃって。

シャツのボタンまわりを塗ったら…
完成~ですっ!!

DSC07590.jpg

自分で色塗りしただけなんですが、愛着がわいてきました♪
ちゃんちゃんこに日付を入れて、記念に。
所要時間は20分くらいでした。


最後に、ハガキの表面に、住所とメッセージを書いて終わりです。
私は夫にあてて書きました。

DSC07592.jpg

出来あがった手作りハガキを持って、お絵かきスペースを出ます。


ポストに入れよう

完成した絵はがきは、店舗の外にある妖怪ポストに入れます。

DSC07595.jpg

ポストは全部で6種類。
どのポストに入れるかによって、消印が変わります。


DSC07594.jpg

目玉おやじのポストにしました。
届くまで、だいたい1週間ほどかかるそうです。

* * *
 
自宅のポストで、この鬼太郎ちゃんちゃんこハガキを見つけたとき嬉しかったです!
旅してきたのね~なんてしみじみ。

届いたはがきを見直してみたら、ハイテンションでメッセージが書かれてて笑ってしまいました。
そのときの楽しさを冷凍保存して送った、みたいな感じです。
ちょっと恥ずかしさを感じながら、帰宅した夫に渡しました!


手づくり妖怪工房へのアクセス方法  (訪問当時の情報です)

ハガキ代500円(ハガキ代380円+切手120円)
営業時間9:00~18:00
交通アクセスJR境港駅から徒歩7分
詳細は公式HP(交通案内)参照

web拍手 by FC2

【水木しげるロード02】個人的に気に入った妖怪ブロンズ像20選〈鳥取〉

訪問日:2013年8月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC07543.jpg

鳥取県境港市にある水木しげるロードには、153体の妖怪ブロンズ像がいます。
有名どころからマイナーな妖怪まで、いろいろです。
それぞれディテールが凝っているので、わくわくしながら見学しました。
妖怪が好きな方はもちろんですが、カメラ好きも楽しめる街だと思います。
以下、ブロンズ像の中で、特に気に入った20体をご紹介していきたいと思いますっ


※写真は、境港駅の観光案内所で購入できる
「妖怪ガイドブック」(100円)のマップ記載の番号順に並んでいます。
水木しげるロードを反時計回りで往復する際に、登場する順番になっています。

※妖怪広場の河童の泉にあるブロンズ像(No.123~No.131)、
水木しげる記念館(中庭)にあるブロンズ像(No.84~86)については見落としてしまいましたので、
それ以外のブロンズ像で気に入ったものを20体挙げてあります。


(1) 鬼太郎ポスト(No.8 & No.9)

DSC07494.jpg

米子駅前にあるポストです。上に鬼太郎と目玉おやじが。


DSC074952.jpg

鬼太郎がまたがっているの、一反もめんじゃなくて郵便はがきです!


(2) たにぐく(No.18)

DSC07497.jpg

土偶っぽい顔をしていて、なんとも言えない可愛さがあったので。
がにまた気味の足にも、心をくすぐられました。
妖怪ガイドブックによると「古事記に登場するヒキガエルの神様」だそうです。


(3) 青女房(No.23)

DSC07513.jpg

青女房が持っているのは鏡です。
こんなふうに、ブロンズ像に細工がしてあるのが面白かったので掲載。


(4) ねこ娘(No.37)

DSC07520.jpg

平和な町に似つかわしくない表情(笑)

DSC07525.jpg

シャー!


(5) ぬりかべ(No.38)

DSC07527.jpg

ぬりかべほど、ブロンズ素材が合う妖怪はいないのでは?
強固な壁です。


(6) 鬼太郎と目玉おやじ(No.42 & No.43)

DSC07528.jpg

この鬼太郎は川沿いにいます。
手のひらにちょこんと乗った目玉おやじがかわいい。


(7) のっぺらぼう(No.53)

DSC07539.jpg 

つかまっているのは、ねずみ男です。
のっぺらぼうって、目・鼻・口がない妖怪だと思っていましたが、
実際は「顔に目鼻がなく、口しかない妖怪」なのだそうです。


(8) 木の葉天狗(No.54)

DSC07540.jpg

サーフィンをしているみたいな天狗さん。


(9) 鬼太郎のゲタ(No.57)

DSC07549-tile.jpg

このゲタは実物大です。
子供たちが、靴を脱いでこのゲタに両足を乗せて、楽しそうに記念撮影していました。


(10) 目玉おやじ(No.58)

DSC07542.jpg

よく見ると、首にタオルがかかっています。
お椀で入浴中~。


(11) すっぽんの幽霊(No.59)

DSC07547.jpg

中国雑技団もびっくりの、アクロバティックなポーズです。
すっぽんの幽霊って何だろう?と思ってガイドブックを確認。

……「すっぽんを食べ過ぎると、すっぽんが幽霊になって出てくる」とありました。
この幽霊のお世話になることはなさそうです。


(12) 一反木綿(No.63)

DSC07551.jpg

ブロンズ像なのに、一反木綿のうねうねっとした部分が表現されていてすごい。


(13) ねずみ男(No.65)

DSC07553.jpg
 
このねずみ男は実物大です。
右手をこちらに差し出してくれているのがお分かりでしょうか。
ねずみ男と握手しながら写真が撮れる、人気スポットです。


(14) 鬼太郎(赤ん坊)とお父さん(No.89 & No.90)

DSC07577.jpg

胸がぎゅーっとなったブロンズ像です。
ハイハイをする赤ちゃんの鬼太郎を、優しく先導する目玉おやじ。
二人にも、こんな時代があったんですね。


(15) 雪女(No.91)

DSC07578.jpg

一番美人さんのブロンズ像です。
彼女を取り巻く冷たい吹雪が見えるようです。


(16) ねずみ男(寝そべり)(No.108)

DSC07604.jpg

ねずみ男は、こうやって寝そべっている姿がしっくりきます。
ちなみに後ろに見えている「神戸ベーカリー」さんでは、鬼太郎ファミリーのパンが買えます。


(17) こなき爺(No.109)

DSC07606.jpg

頭のかたちが、絶妙です。
撫でたくなります。


(18) 砂かけ婆(No.115)

DSC07609.jpg

きりっとした表情で、あたりを警戒しています。
強くて頼れるおばばです。


(19) ゲゲゲの鬼太郎の塔(No.139&140)

DSC07613.jpg

鬼太郎の像はたくさんあるのですが、
妙にハイテンションなこの像が一番好きです。


(20) 貧乏神(No.145)

DSC07508.jpg

貧乏神といえば、ゲーム「桃太郎電鉄」
ご存じの方も多いかと思いますが、サイコロを振ってお金を殖やしながらゴールを目指すゲームです。

実は「貧乏神」のブロンズ像の寄贈者は、さくまあきら氏(桃鉄の製作者)なんです。
 妖怪ガイドブックに、貧乏神の出現地が「全国」とあって笑ってしまいました。
憑かれたくない妖怪No.1です。

* * *

以上、駆け足で20体をご紹介しました。
150体以上もいるので、一体20秒ずつ見学としても50分はかかります。
写真を撮っていたらもっと時間がかかるので、最初のほうの銅像にあまり時間をかけ過ぎない方がいいかも?
あとで時間がなくなりますっ


おまけ――着ぐるみ、悲喜こもごも

水木しげる記念館の前庭に着ぐるみがいて、ファンサービスをしてくれていました。
黄色い衣装を着ているのは、ねずみ男です。

DSC07575.jpg

子供たちがねずみ男に寄っていって、遊んでもらっています。
その一方で、肩を落とした着ぐるみが一体…。

DSC07576.jpg

サラリーマン山田です。

DSC075762.jpg

ただよう哀愁…。
缶コーヒーを差し入れたくなります!


水木しげるロードへのアクセス方法  (訪問当時の情報です)

入場料見学無料
営業時間見学自由
交通アクセスJR境港駅からすぐ
(片道800メートルの道路両側を中心にブロンズ像あり)
詳細は境港公式HP参照

境港の駅に観光案内所があるので、
私はそこで「妖怪ガイドブック」(1冊100円)を購入してから回りました。
ガイドブックにはマップとともに、それぞれの銅像の説明が載っていました。

るるぶなどの旅行ガイドブックにも、水木しげるロードのブロンズ像マップが載っていますが
ここは妖怪ガイドブックを購入するのがおすすめです。

ブロンズ像が153体もあると、「ひょうとく」や「蟹坊主」など、
初めて知る妖怪もたくさん出てきます。でも、銅像に説明は書いていないんですよね。
「これ何の妖怪?」「ん~、知らなーい」という親子や友人同士の会話をたくさん耳にしたので、
ガイドブックがあった方が、ブロンズ像巡りがより楽しくなると思います~。

DSC07502.jpg
傘化け(No.151)

web拍手 by FC2

【水木しげるロード01】ねこ娘列車に乗ってみよう〈鳥取〉

訪問日:2013年8月
満足度:ico_grade6_4h.gif 4.5

DSC07616.jpg

電車に大きく描かれているのは、ねこ娘
ゲゲゲの鬼太郎でおなじみ、ねこ娘をモチーフにした列車です。
ピンクの車体がかわいい~。

この列車が走っているのは、鳥取県にあるJR境線です。

DSC07461.jpg
(米子駅にあった看板です)
境線は、米子と境港を結ぶ路線です。
終着駅の境港駅には、水木しげるロードと呼ばれるスポットがあります。
「ゲゲゲの鬼太郎」作者の水木しげる先生が境港市出身だそうで、
それにちなみ、境港市は妖怪タウンになっているんです。

水木しげるロード関連の記事は、全4回を予定しています。
【水木しげるロード01】ねこ娘列車に乗ってみよう〈鳥取〉 ←本記事
【水木しげるロード02】個人的に気に入った妖怪ブロンズ像20選〈鳥取〉
【水木しげるロード03】自分で色塗りできる♪鬼太郎絵はがきを出そう〈鳥取〉
【水木しげるロード04】私が買ったおみやげ――目玉おやじの箸置き、鬼太郎ちゃんちゃんこ柄のうちわ、ねずみ男のパン〈鳥取〉

いざ、出発~!


JR境線で、境港へGO!

境線を走る鬼太郎列車には、4種類あります。

DSC07491.jpg

目玉おやじ列車、ねこ娘列車、ねずみ男列車、そして鬼太郎列車。
でも、境線を走る列車すべてがキャラクター列車ではありません。
普通の電車も走っています~。

DSC07484.jpg


ねこ娘トレイン♪

DSC07617.jpg

私が乗る機会があったのは、ねこ娘トレインでした。

猫娘、ネコ娘、ねこ娘。
どれが正しいのかな―と思いましたが、妖怪ガイドブックに書いてあった表記が「ねこ娘」だったので
それに揃えることにしますっ

車内はこんな感じ。

DSC07619.jpg

ピンク一色! 男性は落ち着かないかも?


DSC07620.jpg

天井にもねこ娘。


DSC07622.jpg

シャー!


妖怪の愛称

JR境線では、ふつうの駅名のほかに、妖怪の愛称がついています。
たとえば中浜駅のホームには、「中浜駅」と書かれた看板に加え、下のような看板もあります。

DSC07486.jpg

牛鬼駅。おどろおどろしい名前です~。
こんな感じで、境線の16駅分、妖怪名がついています。

米子駅から境港駅へ向かう場合は、進行方向右側に乗ったほうが、
この看板がたくさん見れると思います。 帰りは逆側に乗ればコンプリートできそう。

有名どころの看板としては…
米子駅=ねずみ男駅、大篠津町駅=砂かけばばあ駅、余子駅=こなきじじい駅、境港駅=鬼太郎駅 です。
お見逃しなく~。

DSC07489.jpg
境港駅ホームにあったベンチ。 鬼太郎が寝そべっています。


境港市へのアクセス方法  (訪問当時の情報です)

交通
アクセス
JR米子駅から境線に乗って45分、境港駅下車
東海道新幹線を使う場合は、岡山乗り換え
例)大阪→岡山→(伯備線)→米子→(境線)
 →境港(約3時間半)
詳細は境港市公式HP(アクセス)参照

DSC07500.jpg

web拍手 by FC2


プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。