2013年ソウル旅行記について

2013年お正月のソウル旅行記です。バリ島旅行のトランジットを利用した、行き8時間、帰り13時間の弾丸旅行です♪
海鮮鍋を食べたり、NANTAを観たり、スーパー銭湯に行ったり……トランジットでも楽しめました。
全部で14記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年ドバイ旅行記について

2013年5月2日~8日、GW4泊7日の旅。個人旅行です♪
利用したのはエティハド航空、ホテルは「アル・ムルージュ・ロタナ」のクラブルーム。
砂漠ツアーに参加したり、フェラーリ・ワールドに行ったり、タクシーのぼったくりに遭ったり…濃い旅でした。
全部で40記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

2013年バリ島旅行記について

2013年1月1日~5日、お正月3泊5日の旅。個人旅行です♪
利用したのは大韓航空、ホテルは「ヌサドゥアビーチホテル」のクラブルーム。特にラフティングが楽しかったです。
全部で18記事あります時系列順に確認する際には、このままお進みください。
興味のある記事のみチェックする際は、すぐ下のカテゴリ記事一覧をご利用くださいね。

「鈴廣かまぼこの里&うなぎ〈小田原〉 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

【万葉公園 ほたるの宴】夏の夜、ほたるを見に行こう〈湯河原〉

訪問日:2014年6月
満足度:ico_grade6_3.gif 3.0

DSC01337.jpg

6月14日土曜日、湯河原(ゆがわら)に日帰りで行ってきました。湯河原というのは、小田原と熱海の間にある温泉地です。でも今回は温泉がメインではありません。万葉公園で開催されていた「ほたるの宴」で、ほたる鑑賞をするためです。

自宅を18時過ぎに出て、湯河原までドライブ~。我が家には車がないので、必要なときだけ、タイムズのカーシェアリングサービスを利用して気軽に車を借りています。今回の旅のお供は、マツダのプレマシーでした。

DSC01328.jpg

途中休憩を挟みながら、湯河原に着いたのは19時半ごろ。お祭りが始まるのが19時半なのでちょうどいいと思っていたら、近隣の駐車場の空きが全然なくて、30分以上さまようことになりました…。

結局、会場に着いたのは20時10分ごろ。「ほたるの宴」は21時までやっているので、何とか間に合いました。


ほたるの宴

2014年の「ほたるの宴」開催期間は、6月3日(火)~16日(月)です。期間中は万葉公園内の花木園で、ゲンジボタルを見ることができます。

ほたるは自然発生したものなのか気になって調べてみたら、公式HPに「幼虫まで万葉公園内の“ほたる小屋”で飼育され、3月中旬に湯河原小学校1年生の手によって放流、その後自然発生するものを皆様にごらん頂いております」とありました。

では、公園内に入ってみます!

ここからは写真がありません。というのも、ほたるの活動を守るため、フラッシュ撮影が禁止だからです。園内は非常に暗いので、たとえフラッシュを焚かないとしても、スイッチをオンにして液晶画面が光るだけでご迷惑をおかけしそうでした。

ほたる鑑賞エリアには人がいっぱい。たまーに心ない人のフラッシュが光ることがあり、そのたびに「やめろ!」「何考えてるの」みたいな声があちこちから飛び交いました。そのたびに現地の雰囲気がとげとげしくなって、なんだか悲しくなりました。でも皆で注意し合うおかげで、フラッシュ撮影を続ける人はいませんでした。

ほたるというと、小さい頃に大分の田舎で見た、一面のほたるの光を思い出します。でも万葉公園の場合、見える範囲で同時に光っているのは2匹~5匹くらいで、少しさみしかったです

一度に全部のほたるが発光するわけではないので、実際にはもっとたくさんいるわけですが…。私が見たときとは時代も場所も違うので、思い出と比べてはいけないですね。

自分のすぐそばの葉っぱの上で、ほたるがじっとしていて発光しているのを見た時は感動しました。光は、蛍光黄緑みたいな色でした。黄色い光だと思いこんでいましたが、ちょっと色合いが違うんですね。テレビとかパソコンの主電源ランプの色に近いかな。どこか電子っぽいけど、天然100%の色です。

ほたるが飛びながら光るのもとても綺麗です。木から木へロープを渡すみたいに飛ぶ時は、すうっと光の線ができました。上昇していくときは、煙が空に立ち上るみたいに、ゆらゆら、ゆっくり光が動きます。

下降するときはスローでジグザグな動きをします。まるで、光の紙吹雪が空から舞い降りてくるようでした。


屋台で休憩

ほたるがいた花木園から、会場入り口まで戻ってきました。祭り開催中は屋台が出て、賑わっています。今日は車で来ていて飲めないため屋台は素通りする予定でしたが、ノンアルコールビールが会場で売られているのを夫が発見!

DSC01332.jpg

さっそくおいしそうに飲んでました。まさか、屋台でノンアルコールビールが売られているとは~。土地柄、車で来ている人が多いからでしょうね。


ほたるを見終わった後は、温泉へ。ニューウェルシティ湯河原さんの「いずみの湯」でのんびり~。

DSC01341.jpg

ほたる祭りの会場から車で5分と近いです。ここがすごいのは、22時間営業(11:00~翌朝9:00)しているところ。そのため、ほたる鑑賞で夜遅くなっても温泉に入れます。入浴料金は、一人900円。スーパー銭湯みたいな大きめの施設ですが、天然温泉です。


海老名サービスエリアで夜食

帰り道、海老名サービスエリアによって、夜中にラーメンを食べてしまいました。私は「ザボン」さんの、ザボンラーメン

DSC01345.jpg
ザボンラーメン並(780円)

久しぶりに外でラーメンを食べました! 私の好きな味でした~。

夫は「らーめん たいざん」さんの、大麺。夜間限定で販売されている、スーパーこってりラーメンです。

DSC01348.jpg
夜間限定 大麺

ラーメンの上のほうに乗っている黄色い揚げ玉みたいなの、ぜんぶ、すりおろしにんにくです!付き合いたてのカップルにはおすすめしません(笑)

私も一口食べてみましたが、ものっすごいインパクト。にんにくが10万の軍勢で攻めてきたーって感じです。家に帰るまでのドライブエネルギーを注入したいときにはいいかも(?)

「らーめんたいざん」さんで、もっとあっさりしたものが食べたいときは、ゆず塩ラーメンがおすすめです。去年食べたので写真を載せておきます。

DSC08586_2015090722451192e.jpg
ゆず塩ラーメン

こちらは女性向けでさっぱり、あっさり。夜食にぴったりです。

* * *

自宅に帰りついたときは深夜12時を回っていました。ほたるに温泉にラーメンと、ちょっと早い夏休みを体験したような一日でした♪

万葉公園 ほたるの宴へのアクセス方法

(訪問当時の情報です)
入場料無料
開催期間例年6月上旬
2014年は6月3日(火)~16日(月)
19:30~21:00
交通アクセス湯河原駅より奥湯河原・不動滝行きバス
落合橋バス停下車(乗車時間約10分)
湯河原万葉公園にて開催
個人的満足度ico_grade6_3h.gif 3.0
(+)遊歩道が完備された公園内で、ほたる鑑賞を楽しめる
(-)たくさんのほたる、を想像して行かない方がいいかも
(-)フラッシュを焚いて撮影する人がいると、
落ち着いて鑑賞できない
近隣の駐車場はすごく混みますので、早めに出かけたほうが良さそうです。バス停にもたくさんの人が並んで待っていました。一番楽なのは、湯河原の温泉旅館に泊まり、旅館の送迎バスor徒歩で来ることでしょうか。万葉公園の入り口から、ほたるがいる「花木園」までは徒歩10分ほど。階段が多くバリアフリーではありません。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

【小田原城】天守閣からの眺めがちょっと残念〈小田原〉

訪問日:2012年9月
満足度:ico_grade6_2h.gif 2.5

小田原城

難攻不落とうたわれた小田原城です。
1561年には上杉謙信が、1569年には武田信玄が小田原城を攻めましたが、この城は落ちませんでした。
二人の名将に挑まれても持ちこたえたお城を陥落させたのは、豊臣秀吉です(1590年)

ただしその時代の天守閣が今でも残っているわけではありません。
現在ここにあるのは昭和35年(1960年)に復興された天守閣です。

500年以上前に築城されたけれど、50年前に復興されたばかり。
今回は、歴史が長いようで短い小田原城をご案内したいと思います。


天守閣までの道

小田原駅から正面入り口まで、こんなふうにお堀端の景色を楽しみながら向かいます。
春は桜が咲くそうです
DSC02660.jpg 


こちらは銅門(あかがねもん)
DSC02662.jpg  DSC02665.jpg
この門、すごく大きかったです。ゾウも通れるんじゃ…?と思いました。
右の写真は、この門が設置されている建物。
夫と比べると、そのスケールの大きさが伝わるかなあ。


銅門をくぐってしばらく歩くと、天守閣が見えてきます。
広場のようなところに、観光客がいっぱいいました。

小田原城
石垣を見ると惚れ惚れします。
大きさも形も異なる石なのに、どうやったらこんなふうに綺麗に積み上がるんだろう。
まるでパズルのようです。


天守閣の入口は、下の写真の吹き出し部分。
階段を上がっていった先に入場券売り場があります。
DSC02671.jpg


天守閣内部の見学

残暑厳しい9月に行ったところ、天守閣の中は暑くて暑くて、大変でした。
エアコンは効いていなくて、羽のない扇風機がフロアに一つ二つあるだけ。
「暑い…蒸し上がる…このままではプリンになる…」と思いながら見学しました。
行かれるなら、季節を選んだほうがいいかもしれません。

中の展示物は写真撮影不可でした。
具足(鎧のようなもの)や刀など、いかにも戦国時代っぽいものも展示されていましたが、
私が一番心惹かれたのは、かんざしです。

金属製で見るからに重そうでしたが、細かい細工が施されていてかわいかったです。
どの時代の女性も、手に入る素材で精一杯のお洒落をしていたのだなあと思うと
微笑ましい気持ちになります。

今は、ヘアゴム一つとってもいろんな飾りがじゃらっとついていますよね。
似たようなヘアアクセサリーを持って、お店の鏡の前で悩んでいる女性を見かけると、
本当にかわいいなーって思います。

携帯の待受画面を変えている男性もかわいいと思います。
自分が使う携帯をちょっとでも見栄え良くしようと、画像を探して手に入れて、
ぽちぽちと設定を変更したんだなあと思うとニヤッとしてしまいます。
夫のことです(笑)

100年後は、頭につけた小型ホログラム投影機で
自らの背景画像を変えて楽しんでいるかもしれませんね。
まるでアバターの着せ替えをするみたいに、雪景色にしてみたり、NYの街にしてみたり。


天守閣からの眺め

天守閣の最上階は、展望スペースになっています。

標高約60メートルの最上階からは相模湾が一望でき、良く晴れた日には房総半島まで見ることができるとか。
古文書によると寛永11年(1634)に、三代将軍徳川家光が小田原城の天守閣に登り、
武具を見たり展望を楽しんだ
という記録が残っているそうです。(小田原市のHPより)



期待に胸を膨らませた私たちが見た景色が、こちら。



小田原城からの展望



金網が…目線の高さに…(涙)


ちょうどいいところに、目線のモザイクがかかったような感じでした。


DSC02672.jpg 

展望スペースは、人とすれ違うのがちょっと大変なくらい、狭いです。
ここは天守閣であって展望台ではないので、
狭かったり転落防止用の金網があったりというのは仕方ないことかもしれませんが、
三代将軍家光も楽しんだという相模湾の景色を、もっとちゃんと見たかったな。


小田原城へのアクセス方法  (最新の情報は必ずご自身でご確認ください)

入館料天守閣単独券:400円
歴史見聞館との共通券:600円
営業時間9:00~17:00(入館は30分前まで)
6~8月の土日・祝日は~18:00(入館は30分前まで)
交通アクセス小田原駅から北入口経由で天守閣まで徒歩10分
小田原駅から正面入口経由で天守閣まで徒歩20分
詳細は公式HP(小田原城)参照


小田原城址公園内の地図です。
odawara_castle.jpg 

小田原駅東口を出ると、「正面入口はこちら」というような道案内の看板が出ています。
正面入口から入ると写真に載せたようなお堀端の景色や銅門を楽しめますが、
天守閣までは遠回りになりますのでご注意ください。
天守閣に上るだけであれば、北入口から入ったほうが便利です。
※小田原駅から天守閣に辿りつくまでに、正面入口経由だと徒歩20分、北入口経由だと徒歩10分くらいです。

小田原駅から正面入り口または北入口への行き方は、下のMAPを拡大してご確認ください。

大きな地図で見る


web拍手 by FC2

【鈴廣かまぼこの里】鈴なり市場で見つけた、珍しいかまぼこ(小田原)

訪問日:2012年9月
満足度:ico_grade6_4h.gif 3.5

海山のおーどぶる

鈴廣かまぼこの里(小田原市)の鈴なり市場では、
広い店内でさまざまな種類のかまぼこが販売されています。

一口サイズのプチかまぼこ、豆乳入りのかまぼこ、練りワサビつきの板わさセット……
ちょっと変わったかまぼこがたくさん! 
観光バスのお土産購入スポットになっているのか、団体客もたくさんいて活気があります。
みんな買い物かごを片手に、目についたものをポンポン入れていきます。

試食もどんどん勧めてくださるので、いろんな味のかまぼこを食べ比べできます。
朝市みたいに賑やかです。

ひととおり店内を回って、私が気になったのはこの「海山のおーどぶる」シリーズ。

これ、すごくかわいい!
商品名のとおりオードブルとしても使えそうな、見た目の美しさ・楽しさ。
それぞれ一つずつから買えます。700円です。

どれにしようかさんざん迷ったあげく、一つに決められなくて「チーズ&ナッツ」と「とりたまご」をお買い上げ 
保冷剤も無料で入れてくれました。


チーズ&ナッツ

チーズ&ナッツ
公式サイトの商品説明:
かぼちゃ・グリンピースを混ぜ合わせたすり身でナチュラルチーズを包みました。
カシューナッツとピスタチオの香ばしい組合せと食感が絶妙な一品です。


外側はいわゆるかまぼこのような食感ですが、
かぼちゃ感、グリンピース感はあまり感じられませんでした。
中のチーズは濃厚で、チーズに入っているカシューナッツ・ピスタチオのカリッとした食感も楽しいです。
贅沢なチーズ入りかまぼこのような感じ。

海山のおーどぶるシリーズには、かまぼこ板がついていません。
大きさはふつうのかまぼこより一回り小さめ。


とりたまご

とりたまご
公式サイトの商品説明:
若鶏を丁寧に炊き上げ、卵とほうれん草で彩りよくまとめました。その食感、お味は蒲鉾とは思えないほど。

このとりたまご、特におすすめ!
甘辛いそぼろがおいしいです。
濃いめの味付けで、ごはんのおかずにもなります。
お弁当に入れてもよさそう。彩りがきれいだし、温めなくてもおいしいし。


海山のおーどぶる
かまぼこ一つで日々の食卓にちょっとした華が出て、嬉しかったです。


アクセス方法  (最新の情報は必ずご自身でご確認ください)

営業時間9:00~18:00(土日祝は~19:00)
交通
アクセス
東名高速道路 厚木I.C経由 「小田原厚木道路口」出てすぐ
東海道新幹線・小田急線小田原駅よりタクシー約10分
東海道新幹線・小田急線小田原駅より箱根登山鉄道 風祭駅下車すぐ
詳細は鈴廣かまぼこの里公式HP 交通案内参照


正面から見た鈴なり市場。楽しいお買い物ができます
鈴なり市場


web拍手 by FC2

【鈴廣かまぼこの里】3種類を食べ比べ。かまぼこバーに行ってみよう(小田原)

訪問日:2012年9月
満足度:ico_grade6_4h.gif 3.5

かまぼこバー
神奈川県小田原にある、鈴廣(すずひろ)かまぼこの里
ここに、職人の手作りかまぼこ3種類を食べ比べできるかまぼこバーがあります。
どんなところか興味があって行ってきました。

鈴廣さんは小田原の老舗かまぼこ会社ですが、
関東中心に卸しているそうなので西の方はあまり馴染みがないかもしれません。
小田原にあるかまぼこの里には、鈴廣本店かまぼこ博物館
珍しいかまぼこがいっぱい並ぶ鈴なり市場があります。

かまぼこの里公式サイト

かまぼこバーは、鈴なり市場の一角に設けられています。
カウンターのみで、7~8人分くらいの席しかありません。
カウンターの中に職人さんがいて、各かまぼこの説明もしてくれます。


かまぼこバーのメニュー

メニューは以下の3つのみ。
DSC02645.jpg

二人とも真ん中の「お試しセット」をオーダーしました。
飲み物も選べます。夫はビール、私はあったかい足柄茶を。
ビールは、思ったより小さいグラスに入っていました。足柄茶は、湯のみ茶碗でした。


これがお試しセット。高級かまぼこ3種類が、一切れずつ。
かまぼこバー
右から…
謹上蒲鉾
 (オンラインショップ価格:1本1,100円)
特上蒲鉾
 (オンラインショップ価格:1本1,650円)
超特選蒲鉾 古今(ここん)
 (オンラインショップ価格:1本3,500円)

公式サイトによると、この中では一番ランクの低い謹上かまぼこは
一年の中でもっとも弾力が強い時期の魚肉」を使っていて、
真ん中の特上かまぼこは「浜揚げされた生のお魚」を使っているそうです。

そして超特選蒲鉾古今は、なんと平成24年度の全国蒲鉾品評会で農林水産大臣賞を受賞した一品なのだとか。
バーカウンターでお話を伺ったところによると「10人の職人が頑張って、一日300本しか作れない」のだそうです。


実食!

まずは一番右の謹上蒲鉾を食べてみます。
「…おいしい」
身がつまっていて、ふつうにおいしいです。

次に、特上蒲鉾を。
「これもおいしい」
いつものかまぼこより歯ごたえがあって、ぷりっとしてます。

ただ、正直に言うと、謹上蒲鉾と特上蒲鉾の味の違いは分かりませんでした
残念な私の舌。


最後に、超特選蒲鉾 古今に挑戦です。
「…ん? あ、これはちょっと分かるかも」

表現が難しいのですが、玉ねぎを煮詰めたときに出るようなかすかな甘さがあります。
味が繊細で、前の二つのかまぼことは違うと感じました。

* * *

かまぼこバーからの帰り道、夫に「どうだった?」と聞いてみました。
夫「うーん。3つとも、いつものかまぼこよりおいしいということ以外、よくわからなかった」 
正直すぎる感想に笑ってしまいました。
グルメ番組だったら、そのコメントはカットだね


我こそはという方は、かまぼこバーで利きかまぼこに挑戦してみてはいかがでしょうか。


かまぼこバーへのアクセス方法  (最新の情報は必ずご自身でご確認ください)

入場料鈴なり市場への入場は無料、かまぼこバー利用は実費(500円)
営業時間9:00~18:00(土日祝は~19:00)
交通
アクセス
東名高速道路 厚木I.C経由 「小田原厚木道路口」出てすぐ
東海道新幹線・小田急線小田原駅よりタクシー約10分
東海道新幹線・小田急線小田原駅より箱根登山鉄道 風祭駅下車すぐ
詳細は鈴廣かまぼこの里公式HP 交通案内参照

私は最後の青春18きっぷを使おうと電車で行きました。
JR小田原駅から箱根登山線に乗り換えて、風祭駅下車(乗車時間7分、180円 )。
風祭駅

駅の目の前が、鈴廣かまぼこの里・鈴なり市場なので、迷うことはないと思います。
この市場の1階にかまぼこバーがあります。 



web拍手 by FC2


プロフィール

lily
1978年生まれ。
大分県出身、神奈川県在住。
旅行好き。旅先で出合った景色を写真に撮っています。
2014年9月に男児を出産。
その後は子育て中心の生活です。

メールフォームはこちら

マイカメラ♪
SONY ミラーレス一眼 NEX-5R
(2013年2月~)


所持レンズ
SEL16F28
VCL-ECU1
SEL30M35
SEL55210
SEL18200

現在の主な使用レンズ
(2016年3月~)
小物撮影:SEL30M35(マクロ)
風景・人物撮影:SEL18200
Link
ふたりで回るパリ。(姉妹サイト)
FLOP DESIGN / CraftMAP (素材サイト)
最新記事
Archives
06  05  04  03  12  11  06  04  02  12  09  08  07  06  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
人気記事(2015年5月)
息子のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。